Hi Quality CD

Second Annual Report

Throbbing Gristle (スロッビング・グリッスル)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TRCP218
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Hi Quality CD
その他
:
紙ジャケ
追加情報
:
紙ジャケ+HQCD(高音質CD:日本盤のみ)+解説付き

商品説明

インダストリアル・ミュージックのオリジネーターであり、今なお現在の音楽シーンのみならず、カルチャー/アート・シーンにまで絶大な影響を与え続けているスロッビング・グリッスル。
彼らのデビュー・アルバム『ザ・セカンド・アニュアル・レポート』の発売40周年を記念して、MUTEより全カタログがリリース!そのリイシュー・シリーズ第一弾として、新たなる音楽の可能性を切り開いた衝撃のデビュー・アルバム『ザ・セカンド・アニュアル・レポート』、彼らの代表作としてだけでなくピッチフォークで10点満点を獲得するなど歴史的名盤『20ジャズ・ファンク・グレーツ』、そしてベスト盤『ザ・テイスト・オヴ・TG』の計3タイトルがリリースされる。
なお日本盤のみHQCD(高音質CD)仕様でのリリースとなる。
また、彼らの代表曲「United」が公開された。この曲は1978年に7インチシングルとしてリリースされ、今回リイシューされる『ザ・セカンド・アニュアル・レポート』と『ザ・テイスト・オヴ・TG』に収録される。

「産業社会に生きる人々の為の産業音楽」という風刺を効かせたキャッチコピーと共に、インダストリアル・ミュージックというジャンルを作り出し、新たなる音楽の可能性を切り開いた衝撃のデビュー・アルバム。1977年11月発売。アルバム発売40周年。CD-1は、スタジオ&ライヴ音源、そして前身のパフォーマンス・アート集団クーム・トランスミッション時代の映像作品のサウンドトラックの全9曲を収録。CD-2は、当時のライヴ音源6曲、シングル「United」とそのカップリング曲の全曲を収録。

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Industrial Introduction
  • 02. Slug Bait (Live at the I.C.A. London)
  • 03. Slug Bait (Live at Southampton)
  • 04. Slug Bait (Live at Brighton)
  • 05. Maggot Death (Studio Recording)
  • 06. Maggot Death (Live at Rat Club)
  • 07. Maggot Death (Live at Southampton)
  • 08. Maggot Death (Live at Brighton)
  • 09. After Cease To Exist Soundtrack (The Original Soundtrack)

ディスク   2

  • 01. No Two Ways (Hat Fair Winchester 1976)
  • 02. Last Exit (Brighton Poly 1977)
  • 03. Forced Entry (Nuffield 1977)
  • 04. Tesco Disco (Rat Club, London 1977)
  • 05. Feeling Critical (Winchester 1977)
  • 06. National Affront (Nuffield 1977)
  • 07. Urge To Kill (Rat Club, London 1977)
  • 08. Zyklon B Zombie (7" B-Side)
  • 09. United (7" A-Side))

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これ聞きながら寝るとよく眠れます。悪のノ...

投稿日:2006/01/18 (水)

これ聞きながら寝るとよく眠れます。悪のノイズなのにとても心地いいし、落ち着く。なぜだかたまに聞きたくなる。あと、ヘッドホンで聞くと頭の中記号だらけになったみたいで外の世界と断絶できます。それも正しい(?)楽しみかた。

口笛吹き さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ノイズ系のバンドはパフォーマンス重視でアルバムはつま...

投稿日:2005/10/27 (木)

ノイズ系のバンドはパフォーマンス重視でアルバムはつまらないパターンが多いけどジェネPは違う。舞台では血をダラダラ流してコージーとファックするらしいけど音楽的にもTG、PTV、シーマジェスティー、ソロと全て完成度が高い。ノイズを作る天才、クリスアンドコージーとジェネP(悪魔)のインダストリアル77年の名盤。ZYKLONBZOMBIE収録

Rz さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
久しぶりに夜中ヘッドホンで聴いてみたらやっぱ...

投稿日:2005/09/05 (月)

久しぶりに夜中ヘッドホンで聴いてみたらやっぱり良かった。逃避ってこういうことだな。僕自身高校時代によくTGに入り込んでた。クローサーやラヴレスとはまた違う鬱々した悪の逃避。自傷的な。落ち着く

エルネスティナ さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Throbbing Gristle

Abrasive, aggressive, and antagonistic, Britain's Throbbing Gristle pioneered industrial music; exploring death, mutilation, fascism, and degradation amid a thunderous cacophony of mechanical noise, tape loops, extremist anti-melodies, and bludgeoning beats, the group's cultural terrorism -- the wreckers of civilization, one tabloid called them -- raised the stakes of artistic confrontation to new

プロフィール詳細へ

Throbbing Gristleに関連する商品・チケット情報

オルタナティヴ/パンク に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品