CD 輸入盤

20 Jazz Funk Greats

Throbbing Gristle (スロッビング・グリッスル)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1095
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Chris Carter(Keyboards),  Chris Carter(Synthesizer),  Chris Carter(Vocals),  Cosey Fanni Tutti(Guitar),  Cosey Fanni Tutti(Synthesizer),  Cosey Fanni Tutti(Vocals),  Genesis P-orridge(Bass),  Genesis P-orridge(Clarinet),  Genesis P-orridge(Guitar),  Genesis P-orridge(Synthesizer),  Genesis P-orridge(Violin),  Genesis P-orridge(Vocals),  Peter Christopherson(Vocals),  Cosey Fanni Tutti(Cornet),  Peter Christopherson(Cornet),  Chris Carter(Rhythm),  Chris Carter(Sequencing),  Peter Christopherson(Special Effects),  Peter Christopherson(Tape),  Brooks(Producer),  Sinclair(Producer),  Jon Savage(Liner Notes),  Genesis P-orridge(Vibe Master),  Peter Christopherson(Vibe Master)

商品説明

クラウト・ロックやサイケデリック・サウンドからの影響が色濃く打ち出された79年発表の3rdアルバム。以前のノイジーさは若干控えめになったが、催眠的なエレクトロニクスを前面に打ち出したことで完全に個性を確立した。さすがに時代的な古臭さは否めないものの、この独走的なサウンドはテクノやエレクトロニカを通過した2000年以降の耳にも新鮮に響く。メルヘンチックなお花畑に佇むメンバーのジャケがなんとも牧歌的な雰囲気を醸しているが、実は自殺の名所。裏ジャケには裸の遺体が・・・。

収録曲   

  • 01. 20 Jazz Funk Greats (02:51)
  • 02. Beachy Head (03:42)
  • 03. Still Walking (04:56)
  • 04. Tanith (02:20)
  • 05. Convincing People (04:54)
  • 06. Exotica (02:53)
  • 07. Hot on the Heels of Love (04:24)
  • 08. Persuasion (06:36)
  • 09. Walkabout (03:04)
  • 10. What a Day (04:38)
  • 11. Six Six Sixties (02:07)
  • 12. Discipline (Berlin)
  • 13. Discipline (Manchester) (08:06)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
'79年発表。YMO時代の坂本 B2-UNIT 龍一教授...

投稿日:2006/12/03 (日)

'79年発表。YMO時代の坂本 B2-UNIT 龍一教授が、お気に入りのアルバムとして挙げ、一躍有名になって「しまった」TGの代表的アルバム。音の方は、自殺の名所で、実に楽しそうに笑うメンバーのジャケが象徴している。ちなみに、ジャズもファンクのカケラも微塵も入っておりません…。

CYBERPOP さん | LDK | 不明

1
★
★
★
★
★
これ音の芸術だよ。

投稿日:2006/09/09 (土)

これ音の芸術だよ。

P-EON さん | Tokyo | 不明

0
★
★
★
★
★
インダストリアルミュージックにおける金字...

投稿日:2003/08/20 (水)

インダストリアルミュージックにおける金字塔的アルバム。この当時からしても10年先は行ってたと思う。

そうた さん | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Throbbing Gristle

Abrasive, aggressive, and antagonistic, Britain's Throbbing Gristle pioneered industrial music; exploring death, mutilation, fascism, and degradation amid a thunderous cacophony of mechanical noise, tape loops, extremist anti-melodies, and bludgeoning beats, the group's cultural terrorism -- the wreckers of civilization, one tabloid called them -- raised the stakes of artistic confrontation to new

プロフィール詳細へ

Throbbing Gristleに関連する商品・チケット情報

オルタナティヴ/パンク に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品