CD 輸入盤

Monk's Music

Thelonious Monk (セロニアス・モンク)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1860842
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1957
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Abide With Me
  • 02. Well, You Needn't
  • 03. Ruby, My Dear (05:28)
  • 04. Off Minor - (take 5) (05:11)
  • 05. Off Minor - (take 4)
  • 06. Epistrophy (04:40)
  • 07. Crepuscule With Nellie - (take 6) (05:15)
  • 08. Crepuscule With Nellie / Crepuscule With Nellie - (take 4&5) (04:44)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
海外盤のハイブリッドは既に廃盤で巷では1...

投稿日:2012/06/29 (金)

海外盤のハイブリッドは既に廃盤で巷では1万以上の値が付いており、待ちに待ってのSACD-SHMであったが、レイ・フォウラーが収録したステレオバージョンではなく、ジャック・ヒギンズが収録したモノラルバージョンでがっかり。しかし気を取り直してOJCの24bitリマスター(ステレオ)と比較してみると、キレは味鋭いサウンドとシャープな音像はステレオを上回り、ブレスノイズも豊かでSACDの有する情報量の違いを実感した。さすがにリスニングルームがそっくり録音会場と置き換わるようなナチュラルな臨場感は得られないが、これはこれで十二分に聴きごたえがある。しかしモノで聴いてもステレオで聴いても良いものは良い。さすがモンクだ!

meji さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
モダン・テナーの父、ホーキンスとテナー・...

投稿日:2009/05/28 (木)

モダン・テナーの父、ホーキンスとテナー・キング、コルトレーンの共演がミソのモンクの名盤。1曲目の聖歌以外、全てモンクの作曲した曲となっている。モンクのソロピアノの数作で演奏していた「ルビー・マイ・ディア」。ソロピアノでも、素晴らしかったが、このアルバムでの、ホーキンス一管テナーによるテーマ演奏も絶品。気だるく艶っぽい音色に痺れます。

セバスちゃん さん | 香川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
親しみやすい旋律と不協和音の同居、無茶な...

投稿日:2009/05/02 (土)

親しみやすい旋律と不協和音の同居、無茶なタイミングでの拍子変更とアクセント挿入、その反面、全体的には手堅い推進力を持つリズム、というモンクの特質が、最もリラックスしたかたちで現れたアルバムだと思います。

斗々 さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Thelonious Monk

 Thelonious Sphere Monkことセロニアス・モンクは、1917年10月10日に生まれ、ニューヨークに移住した後、このジャズのメッカで育ち、5歳にはピアノを始めていたという。 モンクにおける最大の素晴らしさは、演奏だけでなく、ライヴ映像が物語る、他の追随を許さない“カリスマ性”を持った姿、「ジャズのプリースト−高僧」と呼ばれる孤高の姿。そして、現代に至るまでジャズというジャ

プロフィール詳細へ

Thelonious Monkに関連する商品情報

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト

  • 作成者:まゆげ犬83号さん
  • 作成者:schutzengelさん