CD 輸入盤

Misterioso

Thelonious Monk (セロニアス・モンク)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1862062
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
オリジナル盤発売年
:
1958
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

 1958年8月NYC「Five Spot Cafe」でのライヴ録音作品。『Thelonious In Action』と同日録音。姉妹盤。
 ジョニー・グリフィン(ts)が、モンク・トリオ[w/Ahmad Addul Malik(b)Roy Haynes(ds)]と共演したライヴ演奏。
 ジョン・コルトレーンとの歴史的な邂逅前後にあたるこの時期、実はモンクこそが「時代」のイノヴェイターだった。“ジャスト・ア・ジゴロ”はソロ・ピアノ。
 2曲がLP[Riverside RLP12-279]発売に追加収録されている。

収録曲   

  • 01. Nutty (05:21)
  • 02. Blues Five Spot (08:10)
  • 03. Let's Cool One (09:11)
  • 04. In Walked Bud
  • 05. Just A Gigolo (02:07)
  • 06. Misterioso
  • 07. Round Midnight - (bonus track) (06:16)
  • 08. Evidence - (bonus track)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
Jazzの扉を開けた一枚。ある日突然、無性に...

投稿日:2014/11/09 (日)

Jazzの扉を開けた一枚。ある日突然、無性にJazzというものが聴きたくなったのだけれど、なにをどう選んだら良いかさっぱりわからず、アーティスト名(玉川カルテットと同じ四人組み)、タイトル(イタリア語?)そしてなんとも不思議なジャケットが最大の決め手となって本作を手にした。家に帰って聴いてみると曲間に拍手が入っておりLive盤であることが判明。どうやらpの人がリーダーらしいのだが、時々調子が外れているように素人には聴こえた。 最初はpのみの小曲#5以外はまったく受け付けなかったのだが、何度も繰り返し聴いているうちに#1がタイトル通りいかれていることがわかるようになり、気づいた時にはあまりにユニークなpの虜になっていた。正直なところ、自分が思い描いていたJazzというものとは若干違うような気がしないでもないのだけれど、まったくの偶然に本作に出逢えたことは、ものすごくラッキーだったに違いない。

build2destroy さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
(ナカーラさんのレビューはリバーサイド盤...

投稿日:2003/10/07 (火)

(ナカーラさんのレビューはリバーサイド盤の「ミステリオーソ」の説明ではありません。)この前衛的な絵がドンと写されている本作は58年の、先進的なジャズミュージシャン達が出演することで知られるクラブ、ファイブスポットでのライブ録音です。コルトレーン独立後、ジョニーグリフィンが参加した演奏で、モンクはおなじみの大胆でメロディアスなプレイ、グリフィンはややぎこちなさも目立つが、「レッツ・クール・ワン」の無伴奏ソロは楽しい。

三上工務店 さん | 佐賀 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Thelonious Monk

 Thelonious Sphere Monkことセロニアス・モンクは、1917年10月10日に生まれ、ニューヨークに移住した後、このジャズのメッカで育ち、5歳にはピアノを始めていたという。 モンクにおける最大の素晴らしさは、演奏だけでなく、ライヴ映像が物語る、他の追随を許さない“カリスマ性”を持った姿、「ジャズのプリースト−高僧」と呼ばれる孤高の姿。そして、現代に至るまでジャズというジャ

プロフィール詳細へ

Thelonious Monkに関連する商品情報

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト