この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

Pieces Of The People We Love

The Rapture (ラプチャー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
743802
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Canada
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Gabriel Andruzzi(Keyboards),  Gabriel Andruzzi(Percussion),  Gabriel Andruzzi(Saxophone),  Luke Jenner(Guitar),  Luke Jenner(Vocals),  Vito Roccoforte(Drums),  Vito Roccoforte(Percussion),  Cee Lo Green(Vocals (Background)),  D. McNany(Engineer),  Danger Mouse(Producer),  Ewan Pearson(Producer),  Paul Epworth(Producer),  TJ Doherty(Engineer),  Bram Tobey(Mixing Assistant),  Danger Mouse(Mixing),  Ethan Donaldson(Assistant Engineer),  Gabriel Andruzzi(Group Member),  George Marino(Mastering),  Jason Agel(Mixing Assistant),  Luke Jenner(Group Member),  Rapture(Composer),  The Rapture(Composer),  Tony Maserati(Mixing),  Vito Roccoforte(Group Member),  Vito Roccoforte(Programming),  Danger Mouse(Audio Production),  Ewan Pearson(Audio Production),  Michael Lavine(Picture),  Paul Epworth(Audio Production)

商品説明

ジャネット・ジャクソンから直にオファーを受けるほど注目されるプロデュース・チームに成り上がったDFAとのがっぷりよつのタッグで作り上げたキラー・チューン“ハウス・オブ・ジェラス・ラヴァーズ”含むメジャー第1弾『エコーズ』以来、約3年ぶりとなる待望のニュー・アルバム。DFAとは袂を分かち制作された本作は、ゴリラズの大ヒット作『ディーモン・デイズ』を手掛けたデンジャー・マウスや、ブロック・パーティー、フューチャーヘッズなどを手掛けるポール・エプワース、ヨーロッパ・クラブ・シーンのキー・パーソン、ユアン・ピアソンら複数のプロデューサーを招いています。リード・シングルの“ゲット・マイ・イントゥ・イット”は、いやらしいグルーヴとねちっこいヴォーカルが妙に後を引くダンス・ナンバー。腰をグイグイいわせながらガンガン踊りたい!!

収録曲   

  • 01. Don Gon Do It
  • 02. Pieces of the People We Love
  • 03. Get Myself into It
  • 04. First Gear
  • 05. Devil
  • 06. Whoo! Alright, Yeah...Uh Huh
  • 07. Calling Me
  • 08. Down for So Long
  • 09. Sound
  • 10. Live in Sunshine

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
前作より絶対こっち。 前作の方が良いとか...

投稿日:2007/08/25 (土)

前作より絶対こっち。 前作の方が良いとか言っちゃう人は悪いけど全然わかってないね。 このねちっこいグルーブがたまらん。

江原さん さん | | 不明

0
★
★
★
★
★
<<<これのどこがダンスチューンなんだろ...

投稿日:2007/08/03 (金)

<<<これのどこがダンスチューンなんだろう>>>とちょっと頭の回らない方々に助言。これ聴きながら散歩でもしてみなさい。自転車もバイクも車もダメ。とにかく歩きながら聴いてみなさい。ただ歩くことがこんなに楽しいのかって気づけるかもよ。とにかく、音楽でも何でも絶頂ばっか求めてて楽しいかぃ?

wolf like pig さん | 埼玉 | 不明

2
★
★
★
☆
☆
正直・・・だ。。自分たちのフォロワーの後...

投稿日:2007/02/03 (土)

正直・・・だ。。自分たちのフォロワーの後ろを追っかけちゃった感じ。サマソニ03で受けた衝撃がなくなってしまった・・・ 前作のM1みたいな感じがほしかった 次に期待

百足衆 さん | 東京 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

The Rapture

The Raptureは1998年初頭にドラマーのヴィト・ロッコフォルトとギター・ボーカルのルーク・ジェナーにより結成された。 1999年のデビューアルバム”Mirror for Gravity”をレコーディングする前もバンドは既に突発的ではあるがやや大きめのツアーを行っており、またアルバムをリリースした後もSunny Day Real EstateやNuzzleといったバンドとツアーに

プロフィール詳細へ

UK/インディ に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品