CD

The Priests

The Priests (Classical) (プリースツ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BVCP21652
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ザ・プリースツ(The Priests)
史上初!ローマ・カトリック神父のCDデビュー!
空前絶後! ローマ・カトリック教会の現役神父3人によるコーラス・グループ!
ホンモノの歌声に心癒される、奇跡の才能がワールド・デビュー!

この3人の歌声、さすがに神に仕えるだけあって素晴らしいことこの上ありません。一人一人が甘い声を持っているため、3人の声が溶け合うと、まるでネクタール(神の飲み物)のように芳醇な味わいを醸し出します。「アヴェ・マリア」での輝きに満ちたハーモニー。おなじみの「天使の糧」での神々しい歌い口。通常ソプラノやボーイ・ソプラノで歌われるウエッバーの「ピエ・イエズス」での新しい味わい。全てが清々しく新鮮な響きに満ちています。
 超イケメンから超ケイケンへ・・・。 今年のクリスマスはこれで決まりです。

Sony BMGが100万ポンドで契約した話題の現役神父3人によるコーラス・グループ “ザ・プリースツ” 注目のデビュー・アルバム!
 2008年4月、ロンドンのウェストミンスター大聖堂でサインした契約書には、「メンバー自身の教区内で冠婚葬祭があった場合にはそれを優先する」「宗教的な信条に反する公演や宣伝活動は行なわない」「CDの売り上げの一部を、彼らが選択するチャリティへ寄付すること」など、ユニークな内容が盛り込まれていることも話題になっています。
 注目のこのデビュー作には、サラ・ブライトマンでもお馴染みの「アヴェ・マリア 」「ピエ・イエス」、イル・ディーヴォやポール・ポッツも歌っている「天使の糧」など、日本でも大人気の流行のクラシカル・クロスオーヴァー系の人気アーティストたちもこぞって取り上げている名曲が満載! クリスマス・シーズンにぴったりのクラシックの名曲の数々を、荘厳なオーケストラの演奏をバックに歌われており、とても感動的なアルバムに仕上がっています。
 去る8/11付「TIME」マガジンヨーロッパ版、ラテン・アメリカ版、中東版、アフリカ版では、彼らの紹介記事が大々的に掲載され、すでにセンセーションも巻き起こしています。今後、ニューヨーク聖パトリック教会でのコンサート生中継なども予定されており、彼らの話題は英国〜ヨーロッパだけではなく、全世界的に拡がりつつあります。
 ここ日本でもマスコミが、現役神父とレコーディング・アーティストという二束のわらじを履く、この異色の大型新人グループに大注目! テレビ、新聞を中心とした主要メディアで素顔や背景、活動をドラマティックに大きく紹介される予定です。(BMG)

アイルランドのローマ・カトリックの現役神父であるユージンとマーティンのオヘーガン兄弟、そしてデイヴィッド・デラルギーの3人が司祭を目指すために通っていた大学で出会いグループを結成。共に司祭職を目指す決意を固めていたため、仲間たちからは「Holy Holy Holy」という愛称で呼ばれていました。卒業後は、それぞれの教区で活動を行なっていましたが、その素晴らしい圧倒的な歌唱力で、過去にはしばしば法王の元に招待され、歌を披露。アイルランドで司祭職に戻った後も、観客の要望と喜びのために歌い続け、その歌唱力がSony BMG UKに認められ、鳴り物入りのデビューを飾ることになりました。
・ユージン・オヘーガン神父、48歳。バリクレア、およびバリゴーワン教区の聖心教会、神聖家族教会に属する。
・マーティン・オヘーガン神父、45歳。クシェンダン教区の聖パトリック教会(クライガ)、聖マリー教会、海星教会(カルラニー)所属。ダウン、コナー教区出身。
・デイヴィッド・デラルギー神父、44歳。ハンナスタウン教区の聖ジョセフ教会、聖ピーター教会、ザ・ロック教会所属。ダウン、コナー教区出身。

収録曲
1. Ave Maria
2. Mit Wurd und Hoheit Angetan (From Die Shopfung)
3. Panis Angelicus
4. Irish Blessing
5. Benedictus
6. Plegaria
7. Pie Jesu
8. Hacia Belen
9. Abide With Me
10. Ag Criost An Siol
11. Domine Fili Unigente
12. Oh Holy Night
13. Ecce Sacerdos
14. Be Still My Soul

内容詳細

グループ名(ザ・プリースツ=聖職者たち)そのままに、現職の神父三人によるコーラス・グループのデビュー作。破格の契約金でデビューなどの話題が先行するが、さすがに“神に仕えるもの”たち、40代半ばの小父さん版“天使の歌声”には思わず引き込まれる魅力十分だ。(篁)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
確かに美しい声の神父さんたちだと思います...

投稿日:2009/05/24 (日)

確かに美しい声の神父さんたちだと思いますが、ヨーロッパで話題になるほど日本でもてはやされるのかどうかはかなり疑問です。選ばれている曲も有名すぎる曲ばかりですし、3人の神父さんたちが、コーラスをバックに突き抜けるような声というわけでもありません。Il Divoと同じ路線の開拓なのでしょうか。少し残念です。

paxdomini さん | 京都府 | 不明

0

声楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品