CD 輸入盤

Rhyme & Reason

Ted Nash (テッド・ナッシュ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AJ0146
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1999
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Ben Allison(Bass),  Erik Charleston(Percussion),  Frank Kimbrough(Piano),  Joyce Hammann(Violin),  Miri Ben-ari(Violin),  Ted Nash(Clarinet),  Ted Nash(Sax (Tenor)),  Tim Horner(Drums),  Wynton Marsalis(Trumpet),  Erik Charleston(Vibraphone),  Ron Lawrence(Viola),  Ted Nash(Flute (Alto)),  Tomas Ulrich(Cello),  Jon Rosenberg(Engineer),  Ted Nash(Arranger),  Ted Nash(Producer),  Ben Allison(Artwork),  Ben Allison(Design),  Doug Schwartz(Editing),  Doug Schwartz(Mastering),  Joel Chriss(Art Direction),  Lourdes Delgado(Photography),  Ted Nash(Liner Notes),  Daniel Chriss(Production Director),  Jodi Howard(Post Production Director),  Joel Chriss(Repertoire)

商品説明

フランク・キンバロー(p)ベン・アリソン(b)ティム・ホーナー(ds)のトリオをバックに、弦楽四重奏団とエリック・チャールストン(vib,perc)を加えたテッド・ナッシュ(ts)の新作。なんとゲストにはウイントン・マルサリス(tp)を迎える用意周到さで制作され、新世代の中では注目のナッシュの演奏が聴かれる。多分大時代主義的な傾向もあるがスケールの大きさはウイントンを追っている。

収録曲   

  • 01. Apollo 9 (08:31)
  • 02. Rhyme (06:47)
  • 03. Spirit Dance (08:49)
  • 04. Longing (11:35)
  • 05. Free Choice (05:28)
  • 06. Sisters (11:24)
  • 07. Prana (04:40)
  • 08. Ishtar Gate (07:40)
  • 09. Trails (08:53)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Ted Nash

A swing-oriented reedman and studio player who was active from the 1940s to the 1980s, Ted Nash is best known for his association with Les Brown and should not be confused with his nephew Ted Nash (who was named after his uncle and was born in L.A. in 1959). Both play the tenor saxophone, but while the younger Nash has embraced hard bop and post bop and experimented with avant-garde jazz, the olde

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品