CD 輸入盤

Beautiful World

Take 6 (テイクシックス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9362.48003
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1994
フォーマット
:
CD

商品説明

ゴスペル・ア・カペラの先駆者でもあり、今や男性ヴォーカル・グループの最高峰にも君臨するTake 6がマーカス・ミラーをプロデュースに迎えた3年半振りとなる待望のオリジナル・アルバム「Beatiful World」。今回は、ダニー・ハザウェイ(娘レイラ・ハザウェイをフィーチャー)、ドゥービー・ブラザーズ、スティング等の名曲をTake 6ならではのアレンジとハーモニーで、現代に甦らせており、タイトル曲ではドナルド・フェイゲンの「I.G.Y.」をベースに、その変幻自在のヴォーカル・ワークには思わず息を呑んでしまう。デヴィッド・サンボーン、カーク・ウェイラム他、豪華バック陣が参加。

収録曲   

  • 01. Takin' It To The Streets
  • 02. People Get Ready
  • 03. Grandma's Hands
  • 04. Love's In Need Of Love Today
  • 05. Beautiful World
  • 06. Don't Give Up
  • 07. Wade In The Water
  • 08. Someday We'll All Be Free - (Featuring Lalah Hathaway)
  • 09. Everlasting
  • 10. Fragile
  • 11. Peace In The Valley
  • 12. Street Jam
  • 13. Lovely Day

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
何度も聞いてると良さがにじみ出てきますね...

投稿日:2002/12/07 (土)

何度も聞いてると良さがにじみ出てきますね。当初MARCUS MILLERとの絡みはイマイチと思っていましたが、彼独特のグルーヴ感がTAKE 6に程よい味付けをしていると思いますね。しかし、MARCUS MILLERの音が前面に出すぎて、TAKE 6がもつ清涼感がやや消えてしまっているとも言えるかな。まあ、プロデューサーだから仕方ないか。

よっちー さん | 不明

0
★
★
★
★
☆
感動。取り上げたカヴァー曲のカテゴリーが...

投稿日:2002/05/16 (木)

感動。取り上げたカヴァー曲のカテゴリーが多岐に渡りながらも、やっぱり、Take 6になっている。娘起用の Hathawayカヴァーはオマージュが感じられるし、P.Gabriel の曲は6/8を4/4に変えて、新解釈。 M.Miller らしいリズムアレンジが各所に。でも Take 6 のグルーヴとは、やや、拮抗の感が…。

ルンmasa さん | 地球外 | 不明

0
★
★
★
★
★
TAKE6初心者ですが大変おいしかったデス。...

投稿日:2002/05/10 (金)

TAKE6初心者ですが大変おいしかったデス。やはり本物は違います!マーカス・ミラー ファンはさらに楽しめます。私的にはレイラがフィーチュアされてる『いつか自由に』がおススメ。参加ミュージシャンもサンボーンにカーク・ウェイラム、フラジャイルのギターはマーク・アントワン 聞き込んでブルーノート公演にGO!

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Take 6

テイク6 (Take 6) は6人組の男性コーラス・グループ。1980年にアメリカアラバマ州のクリスチャン学校、オウクウッド・カレッジに在学していたクロード・マックナイトを中心に結成された4人組の「ジェントルメンズ・エステート・カルテット」というグループが元となる。ジャズにゴスペル、R&Bの要素を持つ音楽性である・・・

プロフィール詳細へ

Take 6に関連する商品情報

ソウル/ファンク に関連する商品情報

おすすめの商品