CD 輸入盤

Beautiful World

Take 6 (テイクシックス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9362.48003
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1994
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Alvin Chea(Vocals),  Cedric Dent(Piano),  Claude V. McKnight III(Vocals),  David Sanborn(Sax (Alto)),  David Thomas(Vocals),  Joey Kibble(Vocals),  Kevin Ricard(Percussion),  Khaliq Glover(Percussion),  Kirk Whalum(Sax (Tenor)),  Lalah Hathaway(Vocals),  Marc Antoine(Guitar (Acoustic)),  Marcus Miller(Guitar),  Marcus Miller(Guitar (Bass)),  Marcus Miller(Keyboards),  Marcus Miller(Organ),  Marcus Miller(Piano),  Mark Kibble(Vocals),  Michael Stewart(Trumpet),  Vinnie Colaiuta(Drums),  Karima Kibble(Choir, Chorus),  Kevin Ricard(Conga),  Marcus Miller(Clarinet (Bass)),  Marcus Miller(Fender Rhodes),  Shandra Penix(Choir, Chorus),  Sherrie Kibble(Choir, Chorus),  Take 6(Choir, Chorus),  Tiffany Palmer(Choir, Chorus),  Marcus Miller(Mini Moog),  Marcus Miller(Synthesizer Bass),  Marcus Miller(Synthesizer Strings),  Marcus Miller(Stomping),  Cedric Dent(Arranger),  David Thomas(Engineer),  Joey Kibble(Engineer),  Marcus Miller(Arranger),  Marcus Miller(Producer),  Mark Kibble(Engineer),  Randy Poole(Engineer),  Take 6(Producer),  Bibi Green(Production Coordination),  Cedric Dent(Drum Programming),  Cedric Dent(Vocal Arrangement),  Dennis Keeley(Photography),  Eddie Howard, Jr.(Composer),  Eddy Schreyer(Mastering),  Jean Krikorian(Art Direction),  Jon Gass(Mixing),  Khaliq Glover(Drum Programming),  Kyle Bess(Assistant Engineer),  Marcus Miller(Drum Programming),  Marcus Miller(Horn Arrangements),  Mark Kibble(Vocal Arrangement),  Peter Gabriel(Composer),  Sting(Composer),  Takamasa Honda(Assistant Engineer),  Take 6(Vocal Arrangement),  Traditional(Composer),  Willis Wilson(Composer),  Cedric Dent(Percussion Programming),  Helen Jeffers(Make-Up),  Marcus Miller(Percussion Programming),  Roni Burks(Wardrobe)

商品説明

ゴスペル・ア・カペラの先駆者でもあり、今や男性ヴォーカル・グループの最高峰にも君臨するTake 6がマーカス・ミラーをプロデュースに迎えた3年半振りとなる待望のオリジナル・アルバム「Beatiful World」。今回は、ダニー・ハザウェイ(娘レイラ・ハザウェイをフィーチャー)、ドゥービー・ブラザーズ、スティング等の名曲をTake 6ならではのアレンジとハーモニーで、現代に甦らせており、タイトル曲ではドナルド・フェイゲンの「I.G.Y.」をベースに、その変幻自在のヴォーカル・ワークには思わず息を呑んでしまう。デヴィッド・サンボーン、カーク・ウェイラム他、豪華バック陣が参加。

収録曲   

  • 01. Takin' It To The Streets
  • 02. People Get Ready
  • 03. Grandma's Hands
  • 04. Love's In Need Of Love Today
  • 05. Beautiful World
  • 06. Don't Give Up
  • 07. Wade In The Water
  • 08. Someday We'll All Be Free - (Featuring Lalah Hathaway)
  • 09. Everlasting
  • 10. Fragile
  • 11. Peace In The Valley
  • 12. Street Jam
  • 13. Lovely Day

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
何度も聞いてると良さがにじみ出てきますね...

投稿日:2002/12/07 (土)

何度も聞いてると良さがにじみ出てきますね。当初MARCUS MILLERとの絡みはイマイチと思っていましたが、彼独特のグルーヴ感がTAKE 6に程よい味付けをしていると思いますね。しかし、MARCUS MILLERの音が前面に出すぎて、TAKE 6がもつ清涼感がやや消えてしまっているとも言えるかな。まあ、プロデューサーだから仕方ないか。

よっちー さん | 不明

0
★
★
★
★
☆
感動。取り上げたカヴァー曲のカテゴリーが...

投稿日:2002/05/16 (木)

感動。取り上げたカヴァー曲のカテゴリーが多岐に渡りながらも、やっぱり、Take 6になっている。娘起用の Hathawayカヴァーはオマージュが感じられるし、P.Gabriel の曲は6/8を4/4に変えて、新解釈。 M.Miller らしいリズムアレンジが各所に。でも Take 6 のグルーヴとは、やや、拮抗の感が…。

ルンmasa さん | 地球外 | 不明

0
★
★
★
★
★
TAKE6初心者ですが大変おいしかったデス。...

投稿日:2002/05/10 (金)

TAKE6初心者ですが大変おいしかったデス。やはり本物は違います!マーカス・ミラー ファンはさらに楽しめます。私的にはレイラがフィーチュアされてる『いつか自由に』がおススメ。参加ミュージシャンもサンボーンにカーク・ウェイラム、フラジャイルのギターはマーク・アントワン 聞き込んでブルーノート公演にGO!

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Take 6

テイク6 (Take 6) は6人組の男性コーラス・グループ。1980年にアメリカアラバマ州のクリスチャン学校、オウクウッド・カレッジに在学していたクロード・マックナイトを中心に結成された4人組の「ジェントルメンズ・エステート・カルテット」というグループが元となる。ジャズにゴスペル、R&Bの要素を持つ音楽性である・・・

プロフィール詳細へ

Take 6に関連する商品・チケット情報

ソウル/ファンク に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品