CD

「不毛地帯」 オリジナル・サウンドトラック

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
RZCM46489
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
サウンドトラック

商品説明

現在2クールに渡ってオンエア中のフジテレビ50周年記念ドラマ「不毛地帯」サウンドトラックがいよいよ発売!

山崎豊子原作、唐沢寿明主演のフジテレビ開局50周年記念作品「不毛地帯」。10/15からフジテレビ系でスタート。唐沢寿明は「白い巨塔」以来、6年ぶりに山崎作品に出演。放送は毎週木曜日午後10時〜、空前絶後の壮大なスケールで2クールに及びます。今回は坂本龍一が2004年4月に放送された『永遠の仔』(日本テレビ系)に書き下ろした「LOST CHILD」以来、実に9年半ぶりにメインテーマ曲を書き下ろしています。この楽曲提供に関してはドラマのプロデューサーより「『不毛地帯』をドラマにしようと考えたときから、音楽は坂本龍一さんにお願いしたいと思っていました。とにかくこのドラマのために、この作品に見合った楽曲を書いていただけないか、とオファーしました。坂本さん本人にお会いして作品のコンセプト、テーマについて説明し、その結果メインテーマを書き下ろしていただくことになりました。この作品で描く終戦から30年という時間的長さと重さ、戦争と経済復興、家族、愛、という多面的なテーマ、全体的スケール感…それらをすべて背負っていけるような音楽、ということを考えると、普通の音楽家では成立しない」という話しから生まれたビッグプロジェクトが実現!! 世界を坂本龍一が手掛けたメイン・テーマ楽曲を中心に各局のドラマで活躍する菅野祐悟の音楽、及び番組内での挿入楽曲、トム・ウェイツの「トム・トラバーツ・ブルース」も収録された完全サウンドトラック盤となります。

内容詳細

フジテレビ50周年記念ドラマ『不毛地帯』のサントラ。メイン・テーマを手掛けるのは坂本龍一で、ドラマの書き下ろしとしては日テレ系『永遠の仔』以来9年ぶりとなる。冒頭の緊張感あふれる旋律と、ジャズの要素を含んだASA-CHANGのドラムが印象的。ドラマの壮大なスケールを象徴するような展開も圧巻だ。(く)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

TV Soundtrackに関連する商品情報

アニメ/ゲーム音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド