この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Songs In The Key Of Life

Stevie Wonder (スティーヴィー・ワンダー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1573572
組み枚数
:
2
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1976
フォーマット
:
CD
その他
:
スタジオレコーディング, リマスター,輸入盤
クレジット
:

Addie Cox(Vocals),  Adrian Janes(Vocals),  Agnideva Dasa(Vocals),  Al Jocko Fann(Vocals),  Amale Mathews(Percussion),  Anthony Givens(Vocals),  Artice May(Vocals),  Audrey Givens(Vocals),  Baradras(Vocals),  Barbara Fann(Vocals),  Ben Bridges(Guitar),  Ben Bridges(Guitar (Acoustic)),  Berry Briges(Vocals),  Bhakta Eddie(Vocals),  Bhakta Gregory(Vocals),  Bhakta Kevin(Vocals),  Bobbi Humphrey(Flute),  Bobbye Hall(Percussion),  Brenda Barnett(Vocals),  Calvin Johnson(Vocals),  Carl Lockhart(Vocals),  Carmelo Garcia(Percussion),  Carol Cole(Percussion),  Carol Johnson(Vocals),  Carolyn Massenburg(Vocals),  Cecilia Brown(Vocals),  Charity McCrary(Vocals),  Charles Brewer(Percussion),  Cinmayi Dasi(Vocals),  Colleen Carleton(Percussion),  David Henson(Vocals),  Dean Park(Guitar),  Dean Parks(Guitar),  Dean Parks(Guitar (Acoustic)),  Deniece Williams(Vocals),  Dennis Swindell(Vocals),  Derrick Givens(Vocals),  Doe Rain Edwards(Vocals),  Duryodhana Guru Dasa(Vocals),  Eddie "Bongo" Brown(Percussion),  Edna Orso(Percussion),  Ethel Enoex(Vocals),  Gail Lockhart(Vocals),  Gary Byrd(Vocals),  Gary Veney(Vocals),  George Benson(Guitar),  George Benson(Guitar (Acoustic)),  George Benson(Vocals),  George Bohannon(Trombone),  Glenn Ferris(Trombone),  Greg Brown(Drums),  Greg Brown(Drums),  Greg Phillinganes(Keyboards),  Gregory Rudd(Vocals),  Gwen Perry(Vocals),  Hank Redd(Sax (Alto)),  Hank Redd(Sax (Tenor)),  Hank Redd(Saxophone),  Henry America(Vocals),  Herbie Hancock(Keyboards),  Buzzy Feiten & New Full Moon(Guitar),  Irma Leslie(Vocals),  Jacqueline F. English(Vocals),  James Lambert(Vocals),  Jay Boy Adams(Vocals),  Jayasacinandana Dasa(Vocals),  Jean Brown(Vocals),  Jeania Harris(Vocals),  Jim Horn(Saxophone),  Jitamrtyi Dasa(Vocals),  John Fischbach(Percussion),  Josette Valentino(Percussion),  Josie James(Vocals),  Keith Slaughter(Vocals),  Khalif Bobatoon(Vocals),  Kim Lewis(Vocals),  Kim Nixon(Vocals),  Larri Nuckens(Vocals),  Larry Latimer(Percussion),  Larry Latimer(Vocals),  Linda America(Vocals),  Linda Lawrence(Vocals),  Linda McCrary(Vocals),  Linda McCrary-Campbell(Vocals),  Lisa Nixon(Vocals),  Lonnie Morgan(Vocals),  Lynda Laurence(Vocals),  Madelaine Jones(Vocals),  Marietta Waters(Percussion),  Mary Lee Whitney(Vocals),  Melani Fann(Vocals),  Michael Gray(Vocals),  Michael Lee Gray(Vocals),  Michael Sembello(Guitar),  Michael Sembello(Guitar (Acoustic)),  Michael Wycoff(Vocals),  Mildred Givens(Vocals),  Mimi Green(Vocals),  Minnie Riperton(Vocals),  Nathan Alford, Jr.(Percussion),  Nathan Watts(Bass),  Nathan Watts(Percussion),  Nathan Watts(Vocals),  Nelson Hayes(Percussion),  Patricia Johnson(Vocals),  Phillip Kimble(Vocals),  Ray Pound(Drums),  Raymond Lee Pounds(Drums),  Raymond Maldonado(Percussion),  Raymond Maldonado(Trumpet),  Renee Hardaway(Percussion),  Renee Hardaway(Vocals),  Rodney Brown(Vocals),  Ronnie Foster(Organ),  Rosona Starks(Vocals),  Rukmini(Vocals),  Shelley Fann(Vocals),  Sheryl Walker(Vocals),  Shirley Brewer(Percussion),  Shirley Brewer(Vocals),  Starshemah Bobatoon(Vocals),  Steve Madaio(Trumpet),  Stevie Wonder(Keyboards),  Stevie Wonder(Vocals),  Sudana Bobatoon(Vocals),  Sundray Tucker(Vocals),  Susaye Greene(Vocals),  Susaye Greene Brown(Vocals),  Susie Fuzzell(Vocals),  Syreeta Wright(Vocals),  Terri Hendricks(Vocals),  Tracy Fann(Vocals),  Trevor Lawrence(Sax (Tenor)),  Trevor Lawrence(Saxophone),  Troy Harris(Vocals),  Vedavyasa Dasa(Vocals),  Snuffy Walden(Guitar),  Snuffy Walden(Guitar (Acoustic)),  William Moore(Vocals),  Yogamaya Dasi(Vocals),  Yolanda Simmons(Vocals),  Addie Cox(Vocals (Background)),  Amale Mathews(Vocals (Background)),  Ben Bridges(Guitar (Rhythm)),  Carmelo Garcia(Timbales),  Carolyn Dennis(Vocals (Background)),  Charity McCrary(Vocals (Background)),  Charles Brewer(Vocals (Background)),  Cinmayi Dasi(Vocals (Background)),  Colleen Carleton(Vocals (Background)),  David Henson(Handclapping),  Deniece Williams(Vocals (Background)),  Dennis Swindell(Vocals (Background)),  Don Hunter(Sound Effects),  Dorothy Ashby(Harp),  Edna Orso(Vocals (Background)),  Ethel Enoex(Vocals (Background)),  Herbie Hancock(Handclapping),  James Lambert(Vocals (Background)),  John Fischbach(Vocals (Background)),  John Harris(Sound Effects),  Josette Valentino(Handclapping),  Josette Valentino(Vocals (Background)),  Josie James(Vocals (Background)),  Larry Scott(Sound Effects),  Linda Lawrence(Vocals (Background)),  Linda McCrary-Campbell(Vocals (Background)),  Lonnie Morgan(Vocals (Background)),  Marietta Waters(Vocals (Background)),  Mary Lee Whitney(Vocals (Background)),  Michael Wycoff(Vocals (Background)),  Minnie Riperton(Vocals (Background)),  Nathan Watts(Handclapping),  Nathan Watts(Vocals (Background)),  Nelson Hayes(Sound Effects),  Nelson Hayes(Vocals (Background)),  Renee Hardaway(Vocals (Background)),  Rosona Starks(Vocals (Background)),  Sheryl Walker(Vocals (Background)),  Shirley Brewer(Vocals (Background)),  Sneaky Pete Kleinow(Pedal Steel),  Stevie Wonder(Harmonica),  Sundray Tucker(Vocals (Background)),  Syreeta Wright(Vocals (Background)),  Terri Hendricks(Vocals (Background)),  Yogamaya Dasi(Vocals (Background)),  Yolanda Simmons(Handclapping),  Ben Bridges(Sitar),  Shirley Brewer(Speech/Speaker/Speaking Part),  Gary Olazabal(Engineer),  John Fischbach(Engineer),  Stevie Wonder(Arranger),  Stevie Wonder(Producer),  Andrew Berliner(Mastering),  Bruce Hensal(Assistant Engineer),  Charles Brewer(Programming),  Chris Morris(Assistant Engineer),  Don Hunter(Programming),  Fountain Jones(Programming),  Howie Lindeman(Assistant Engineer),  Jeff Sanders(Mastering),  John Fischbach(Programming),  John Harris(Programming),  Rick Smith(Assistant Engineer),  Stevie Wonder(Programming),  Tony Warren(Illustrations),  Mathieu Bitton(Reissue Design)

商品説明

数あるスティーヴィーのアルバムの中で「トーキング・ブック」、「インナーヴィジョンズ」、「ファースト・フィナーレ」といういわゆる3部作の後に発表された'76年発売の最高傑作。全米ナンバー1となった、ジャズ界の巨匠デューク・エリントンに捧げられた「サー・デューク」を始め、日本でも大変人気の高い「Knocks Me Off My Feet」、のちにラッパーCoolioにサンプリングされ(“Gangsta's Paradise”)た「Pastime Paradise」、Disc-2に入っても前年75年に生まれた娘アイシャへの愛情を込めた名曲「可愛いアイシャ」など耳なじみのある名曲を多数収録した20世紀のポピュラー史に残る金字塔とも言うべきアルバム。Stevieならではの独特なコード進行やアレンジが随所で披露されているにも関わらず、同時にそのポップさに見事なまでの注意が払われていて、スティーヴィー・ワンダーの最高傑作としてこのアルバムを挙げる人も多い。約300曲のレコーディングリストから選びに選び抜き21曲を収録したといういわくつき。当時Stevie若干26歳。
【19th[1976]Grammy Awards-Album Of The Year受賞作品】【1976年-14週連続全米No.1アルバム】

内容詳細

【1976 - 19th グラミー賞 Album Of The Year】

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Love's In Need Of Love Today
  • 02. Have A Talk With God
  • 03. Village Ghetto Land
  • 04. Contusion
  • 05. Sir Duke
  • 06. I Wish
  • 07. Knocks Me Off My Feet
  • 08. Pastime Paradise
  • 09. Summer Soft
  • 10. Ordinary Pain

ディスク   2

  • 01. Isn't She Lovely
  • 02. Joy Inside My Tears
  • 03. Black Man
  • 04. Ngiculela (Es Una Historla) I Am Singing
  • 05. If It's Magic
  • 06. As
  • 07. Another Star
  • 08. Saturn
  • 09. Ebony Eyes
  • 10. All Day Sucker
  • 11. Easy Goin' Evening (My Mama's Call)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
34
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
これも名盤だね。リアルタイムで聴いていた...

投稿日:2013/02/23 (土)

これも名盤だね。リアルタイムで聴いていた。う〜ん良いね。当時を思い出すね。是非、聴いて下さい。 PS、ポールマッカトニーとデュエットした、エボニー&アイボニーは私のお気に入りの曲です。何かこの曲を聴くと勇気が湧いてくる。余談でしたね。

pekopapa さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
購入するディスクの7割以上がクラッシック...

投稿日:2012/01/26 (木)

購入するディスクの7割以上がクラッシックのわたしですが、最初にこのアルバムがLP2枚組で登場した頃、クラッシック専門誌のレコード藝術で故黒田恭一氏が絶賛していた記事につられて、興味半分で買ったのが最初でした。レコードに針を落としてアンプのヴォリュウムを上げていく・・・。わたしはぶっ飛びましたね。次から次へと傾向の異なる曲が繰り広げられ、聴く者を少しも飽きさせない。なおかつ1曲1曲の完成度が高く、なおかつ全体を通してひとつの作品と言わしむるまとまりと手ごたえも充分備えている、まさに完璧と言えるポップスアルバムでした。SACDプレーヤーを入れ替えたのを機に、今回このアルバムのSACDを手にしました。驚いたのは、その音のなめらかさです。むかしのLPレコードよりもむしろこちらのほうがナチュラルと感じるくらいです。わたしの装置も昔と比べたらうんとフラット・アンド・ワイドレンジなのに・・・。まるで最高級アナログプレーヤーとイコライザーに接続したうえで、スクラッチノイズ・ゼロのLPで聴いているようで、こらもう最高ですわ。

2
★
★
★
★
★
 レコード盤を購入した当時から、圧倒され...

投稿日:2011/06/29 (水)

 レコード盤を購入した当時から、圧倒されっ放しで35年目を迎えてしまいましたが、完成に至らないサクラダファミリアのように、自分の中でのこのアルバムの理解度は、未だ道半ばといった感じです。  浮遊するリズムと直線的なシュプレヒコールの「ブラック・マン」に8年を費やし、愛に振り回されている日常をあざ笑うかのような「嘘と偽りの日々」に17年、心の奥に潜む情念をえぐり出したような「涙のかたすみで」に25年もかかってしまいました。  「出逢いと別れの間に」など、今まで1度も PartUを最後まで通して聴いたことがありません(レコード盤では前半部分が終わったところで針を上げていました)。まさにアイガー北壁です。  とにかく、底なし沼のようなモンスター・アルバム、個人的には、そんな印象を持っています。  ホップ、ステップ、ジャンプと続いた”最初のフィナーレ”の後のステージに、こんな”人生の鍵”が用意されていたとは…。

ねずみ さん | 山口県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Stevie Wonder

アメリカ黒人文化の象徴的存在と言っても過言ではないほど、大きな存在となったStevie Wonder。弱冠11歳でLittle Stevie Wonderとしてデビューし、70年代からは黒「Talking Book」や「Innervisions」などメッセージ性の強い作品をリリースし、シーンに多大な影響を与えた。80年代からはチャリティやサントラなど精力的に活動の場を広げ、最近では若い世代が彼の7

プロフィール詳細へ

Stevie Wonderに関連する商品・チケット情報

ソウル/ファンク に関連する商品・チケット情報

  • プリンス『LOTUS FLOW3R / MPLSoUND』 2017年版発売決定 プリンスが09年に大手量販店限定でリリースした壮大な3部作の中の2作品が、2017年エディションとして2LP+2CD仕様で登場。 ローチケHMV|2017年3月10日(金)
  • プリンス最新ベスト・アルバム『4EVER』登場 全盛期のプリンス楽曲を完全網羅。さらにフィギュア羽生選手のプログラム使用曲「レッツ・ゴー・クレイジー」初CD化ヴァージョンや未発表曲「ムーンビーム・レヴェルズ」など全40曲を収録した究極の2枚組! ローチケHMV|2016年12月29日(木)
  • マイケルの兄、ティト・ジャクソン初のソロ・アルバム ジャクソン・ファミリーの次男、ティト・ジャクソンがキャリア50年目にして初となるソロ・デビュー・アルバムをリリース。ビッグ・ダディ・ケイン、ベティ・ライト、ノーナ・リーヴスほか参加。 ローチケHMV|2016年12月22日(木)
  • プリンス 12インチ・シングル・アナログ復刻シリーズ 2016年4月16日、自身が所有するペイズリー・パーク・スタジオで57歳の短い生涯を閉じたプリンスが遺した12インチ・シングルがアナログ・レコードで復刻 ローチケHMV|2016年12月19日(月)
  • De-Lite RECORDS カタログ復刻シリーズ 1970〜80年代の名門ファンク/ディスコ・レーベル<DE-LITE>のカタログが復刻。第1弾はNYのディスコ・バンド、クラウン・ハイツ・アフェア7タイトルが初の日本盤CD化の快挙! ローチケHMV|2016年11月25日(金)
  • フィフス・ディメンション究極3枚組シングル作品集 キャリア最初期Soul City〜Bell時代の全シングル作品プラスαの全61曲収録!新規リマスタリング+レア写真を多数掲載した8面デジパックで登場。 ローチケHMV|2016年11月16日(水)

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品