CD 輸入盤

Roll With It

Steve Winwood (スティーヴ・ウィンウッド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
86069
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1988
フォーマット
:
CD

商品説明

ヴァージン・レーベル移籍第一弾となる1988年度作。ポップ路線からトラフィック時代を思わせるブルージーなソウル・スタイルへと回帰し、発表当初は多くのリスナーを惑わせたが結果的にはヒットした一枚。M6は旧友ジム・キャパルディとの共作。

収録曲   

  • 01. Roll With It (05:20)
  • 02. Holding On (06:15)
  • 03. Morning Side (05:14)
  • 04. Put On Your Dancing Shoes (05:11)
  • 05. Don't You Know What The Night Can Do (06:54)
  • 06. Hearts On Fire (05:15)
  • 07. One More Morning (04:58)
  • 08. Shining Song (05:28)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
前作とどちらが最高傑作なのか選ぶのに迷う...

投稿日:2011/05/27 (金)

前作とどちらが最高傑作なのか選ぶのに迷うが、甲乙つけがたいほどの出来。最もスティーヴがノッていたころのアルバム。T-1のタイトル曲を始めとして、気持ち良さそうに歌っているのが印象的だし、アルバム全体を通して、アメリカを意識した作りとなっている。日本では事実上廃盤状態であるが、1日も早くリマスター化してほしいアルバムである。それにしても、スティーヴは日本では一般受けしないですね。それが残念でたまらない。

yossy-k さん | 兵庫県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
1ヶ月もの間ビルボードの1位を続けた”Roll...

投稿日:2009/05/09 (土)

1ヶ月もの間ビルボードの1位を続けた”Roll with it”。本当にラジオでかかりまくっていました。その余波を買って”Don’t you know...”と”Holding on”も売れました。でも、このアルバムは、やはりRoll with itを収録したものというイメージ以外ない人も多いのでは?

サニーデイズ さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
復活した前作(全米3位)はR&Bコンテン...

投稿日:2006/07/27 (木)

復活した前作(全米3位)はR&Bコンテンポラリーがメインの内容だったのが、今作ではR&Bソウルがメインになっている。そして前作の勢いでこのアルバムは全米1位を記録。シングルは1曲目が4週連続全米1位、5曲目が全米6位、2曲目が全米11位、6曲目が全米53位の順でヒット。結果的には前作と今作がソロとしては彼のピークだった。前作は長期間チャートに留まってたが、今作はトップに立って以降のチャートからのピークアウトが速かった。トータルでは前作の方が今作よりもナチュラル感(清涼感)があった分だけウケが良かったね。

80’sサイコー さん | . | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Steve Winwood

10代でスペンサー・デイヴィス・グループのヴォーカリストとしてデビューしたスティーヴ・ウィンウッドは、当時、天才シンガーと呼ばれた。ブラック・ミュージックに影響を受けたR&B感覚に溢れた彼のヴォーカルは、とても10代の英国人のものとは思えないほどの「熱」と「瞬発力」を備えていたのだった。

プロフィール詳細へ

Steve Winwoodに関連する商品情報

おすすめの商品