Steve Kuhn
新商品あり

Steve Kuhn (スティーブキューン)

Steve Kuhn | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【ローチケHMV】では、2,500円以上(税込)で送料無料!(一部商品を除く) 本・雑誌・コミックは1000円以上(税込)のご購入で送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

Steve Kuhn (スティーブキューン) のプロフィール

Steve Kuhn has had an interesting career. A talented jazz pianist, he has worked in many types of settings through the years. He began classical piano lessons when he was five, studied with Madame Cha...

Steve Kuhn (スティーブキューン) のチケット情報

現在、Steve Kuhn (スティーブキューン) のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

Steve Kuhn (スティーブキューン) の代表作/ベストセラー

Steve Kuhn (スティーブキューン) の商品一覧

商品一覧

商品を絞り込む

Steve Kuhn (スティーブキューン) の商品をフォーマットで絞り込む

55件中1-10件を表示
  • (1)

    CD 輸入盤

    Lifes Magic

    Steve Kuhn

    価格(税込)
    ¥2,365
    まとめ買い価格(税込)
    ¥1,419
    発売日
    2012年10月31日
  • (1)

    CD 輸入盤

    Lifes Magic

    Steve Kuhn

    価格(税込)
    ¥3,013
    まとめ買い価格(税込)
    ¥2,260
    発売日
    2015年11月30日

すべての商品を見る

Steve Kuhn (スティーブキューン) に関する商品・チケット情報

商品・チケット情報一覧

Steve Kuhn (スティーブキューン) の商品ユーザーレビュー

31件

すべてのユーザーレビューを見る(31件)

  • 1960年代から長きにわたり第一線で活動を続けるピアニ...

    投稿日:2016/03/14

    1960年代から長きにわたり第一線で活動を続けるピアニスト、Steve Kuhn(1938〜)の健在ぶりに驚かされ、また嬉しくもなる「At This Time...」。 ECMからリリースされた「Wisteria(2012年)」と同じメンバー、すなわちエレクトリックベースのSteve Swallow(1940年〜)、ドラムスのJoey Baron (1955年〜)を従えてのトリオ・アルバムです。 2015年8月7日、ニューヨークにて行われたレコーディングは、Kuhnもバックの2人も、よほど調子が良かったのか、数時間で完了したのだそうです。 Swallowのベースは、淀みなくスムースであり、Kuhnの歌心を自由に飛翔させています。更に、Baronも明快かつ刺激的なリズムでその飛翔をサポート。 録音時点で77歳というKuhn。この溌剌とした躍動感はどこから湧き上がってくるのでしょうか? 音楽を創造する喜びに包まれているとしか言いようがない出来栄え。 今回は、Sunnysideレーベルからのリリースであり、Manfred Eicherの統制から自由になった分だけ、伸び伸びとプレイできたのかもしれません。ECM盤の素晴らしさはそれとして、これはファンにとって好ましい結果ではないでしょうか? 1曲目「My Shining Hour」から、スウィンギーで力強いピアノ・プレイが飛び出してきます。そして、唸るようなベースに、派手と表現した方がいいくらいのドラムス。目が覚めるような演奏とはこのこと。 2曲目「Ah Moore」も、スウィング感に満ちた小粋な曲。Kuhnは心から演奏を楽しんでいるようです。 ロマンチックな曲調の3曲目「The Pawnbroker」 。Kuhnの持ち味のひとつに、この優雅さがあります。しっとりとしたベース・ソロもKuhnのピアノを引き立てている。 ボサノヴァ調が心地良い4曲目「All The Rest Is The Same」では、ピアノが正に歌っています。 5曲目「The Feeling Within」は、美しいピアノ・ソロ。Kuhnのロマンチシズムを堪能して下さい。 6曲目「Carousel」は、しんみりしたバラード。このトリオの力量が見事に発揮された演奏と言えます。 7曲目「Lonely Town」では、リリカルなピアノに耳が奪われます。 打って変わって躍動感溢れる8曲目「This Is New」。ランニング・ベースが実に心地良く響きます。そして、終盤では、Kuhnが華麗な演奏を披露。 ラスト「I Waited For You」のしっとりした演奏にKuhnの本質が表れているような気がします。同世代で、共に激動のジャズ界を生き抜いてきたSwallowのベース・ソロがことさら胸に染み入り、アルバムは幕を閉じます。

    hiro さん |60代

    1
  • ドラムのアル・フォスターの名演が聴けるライブ盤とし...

    投稿日:2013/04/07

    ドラムのアル・フォスターの名演が聴けるライブ盤として有名でしたがオリジナルCDは廃盤で暫く入手困難でした。中古盤がオークションで一時高額で取引されていましたのが、やっと今回の再発を機に入手が出来ました。オリジナルCDとの比較は出来ませんが想像以上に録音が良いです。ドラムのシンバルの音が強調される事も無くピアノとベースとのバランスも良いので音量を上げてもうるささは感じません。曲の終わりの拍手がなければスタジオ録音盤かと思えるレベルです。あとは食器を片付ける音や地下鉄の音が聞こえたら満点と思うのは贅沢な悩みでしょうか?勿論S・キューンのアルバムの中でも代表作と言えると思いますのでピアノトリオが好きな方にはおすすめです。CDを取り出す際にケースのツメが硬く破損させてしまいました。気をつけましょう。

    階段横のビーグル さん

    3
  • 単なるスタンダード集とは一線を画す傑作。少しだけ施...

    投稿日:2008/03/23

    単なるスタンダード集とは一線を画す傑作。少しだけ施したアレンジ、素早いパッセージ、緊張感、美しい録音。ドラムのフォスターもいい仕事している。すべての要素が心地よい。

    モーリス さん |30代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%