LPレコード 輸入盤

Saxophone Colossus (アナログレコード/OJC)

Sonny Rollins (ソニー・ロリンズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
291
組み枚数
:
1
レーベル
:
Ojc
オリジナル盤発売年
:
1956
フォーマット
:
LPレコード
クレジット
:

Doug Watkins(Bass),  Max Roach(Drums),  Sonny Rollins(Sax (Tenor)),  Tommy Flanagan(Piano),  Doug Watkins(Bass (Upright)),  Bob Weinstock(Producer),  Rudy Van Gelder(Engineer),  Shigeo Miyamoto(Engineer),  Alan Yoshida(Mastering),  Hannan(Cover Design),  Hannan(Design),  Hannan(Photography),  Ira Gitler(Liner Notes),  Martin Williams(Liner Notes),  Phil DeLancie(Remastering),  Ralph J. Gleason(Liner Notes),  Rudy Van Gelder(Liner Notes),  Rudy Van Gelder(Remastering),  Shigeo Miyamoto(Mastering),  Steve Hoffman(Mastering),  Tom Hannan(Cover Photo),  Bob Weinstock(Supervisor),  Kazue Sugimoto(Supervisor),  Nick Phillips(Reissue Producer),  Phil DeLancie(Digital Remastering),  Stuart Kremsky(Reissue Producer),  Akira Taguchi(Mastering Supervisor),  Bob Weinstock(Audio Production),  Rudy Van Gelder(Audio Engineer),  Rudy Van Gelder(Author),  Stuart Kremsky(Reissue Production Assistance)

収録曲   

  • 01. St. Thomas (06:48)
  • 02. You Don't Know What Love Is (06:31)
  • 03. Strode Rode (05:19)
  • 04. Moritat
  • 05. Blue 7

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
14
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アドリブに移ったとたんに、元のメロディー...

投稿日:2009/10/07 (水)

アドリブに移ったとたんに、元のメロディーからいきなり離れ、ゼロから旋律を組み立て始めるこの人の演奏ぶりは、あらためてすごいなと思います。もっとすごいのは、それでいながら、どのフレーズも自然で余裕があること。

斗々 さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
「録後50数余年今なお色褪せないサックス...

投稿日:2009/08/14 (金)

「録後50数余年今なお色褪せないサックス巨人率いる偉大なクァルテット」  今更、コメントすることも無い位の名盤であるが、この度購入して聴いてみればこの偉大なクァルテットの奥深さに、新たに括目に値すると心打たれた!    何かと不確実、不透明、不安、不信、不義に充ち充ちたこの世の中、迷える人々を平安に導くマイルストーンである同アルバムは今なお不動、廃れず、衰え知らず、色褪せず。  サイドメンにドラム・マックスローチ師が脇を固め、得意のカリプソ・リズムソロ(クリエイティブなTime Feelは抜群)から軽快なSt. Thomasのテーマがやがて出現、何度聞いても良く練られた構成、何より全曲肩肘張らず楽しめる全選曲が、熱い夏にうなされる心身を癒す! 何より、この内容で844円という破格の廉価サービスも嬉しい。

本牧亭TERJE さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
「サキコロを聴かずしてジャズを語るなかれ...

投稿日:2009/02/15 (日)

「サキコロを聴かずしてジャズを語るなかれ」とまでいわれた名盤中の名盤。小生自身1962年、中学3年のときこれを聴いてジャズに目覚めた一枚。その後コルトレーンに熱中した時期もあったし、コルトレーンは今でも大好きだが、このころの演奏を聴いて最近の演奏を聴くと、確かにテクニックは上がっているのだが、何かワサビ抜きの寿司を食わされているような演奏ばかりでちっとも面白くない。もうジャズがかつての栄光の日々を取り戻す日は来ないのだろうか。

エイハブ船長 さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Sonny Rollins

Sonny Rollins will go down in history as not only the single most enduring tenor saxophonist of the bebop and hard bop era, but also as one of the greatest contemporary jazz saxophonists of them all. His fluid and harmonically innovative ideas, effortless manner, and easily identifiable and accessible sound have influenced generations of performers, but have also fueled the notion that mainstream

プロフィール詳細へ

Sonny Rollinsに関連する商品情報

  • Craft Recordings新作はロリンズの「Way Out West」 CONCORDレーベルの傘下で注目の高音質ブランド「Craft Recordings」からソニー・ロリンズの名盤「Way Out West」60周年記念盤がリリース!レア音源なども収録した貴重な作品!すでにお持ちの方も多い作品かとは思いますが、買い直しもありありの一枚です! HMV&BOOKS online|2018年1月21日(日)
  • TCBより1959年ロリンズ×ホレス歴史的セッション音源が初登場 1959年3月5日、ともに欧州ツアー中だったソニー・ロリンズ・トリオとホレス・シルヴァー・クインテットがスイスのスタジオで行なった貴重セッション音源。「Oleo」、「Nica's Dream」といった両者のレパートリーを白熱した演奏で披露。2大ジャイアンツによるモダンジャズ黄金期に残された歴史的な記録です。 HMV&BOOKS online|2016年4月26日(火)
  • ロリンズ卿”ロード・ショウズ”シリーズ第4弾 まさしくモダンジャズの歴史そのもの。87歳を迎える今も精力的なライヴ活動を続けるテナー巨人ソニー・ロリンズ。おなじみライヴ・レコーディング・シリーズ「Road Shows」の2年ぶり第4弾が登場。今回は1979年7月13日〜2012年10月30日までに行なわれた8公演のライヴテイクをセレクト。悪夢の9.11から4日後の2001年9月15日に行なわれた米ボストンでのライヴにはロリンズの音楽家としての信念が満ち満ちている。 HMV&BOOKS online|2016年4月4日(月)
  • ソニー・ロリンズ”雲隠れ前夜”1959年欧州ツアーの軌跡を追う3枚組 絶好調のロリンズが突如シーンから姿を消す、その直前となる1959年3月ヨーロッパ・ツアーから7公演分の貴重なライヴ音源を3CDにパッケージ。独フランクフルト・ライヴなどレア音源もたっぷり。以前Solar Recordsよりリリースされていましたが、今では入手困難となっていたこともあり嬉しい再登場です! HMV&BOOKS online|2016年3月29日(火)
  • 来日公演音源も! ロリンズ御大「Road Shows」シリーズ第3弾 今年84歳を迎えるテナー・サックス巨匠ソニー・ロリンズが自身のライヴ音源の中から選りすぐった楽曲だけを集めた「Road Shows」シリーズ。その第3弾が登場。2001年の来日公演より収録された「Biji」ほか、世界各地で行なわれたライヴ・テイクを厳選! HMV&BOOKS online|2014年4月22日(火)

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品