CD 輸入盤

Snuff Said

Snuff (スナッフ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FAT5432
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1990
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Harvey Birrell(Engineer),  Harvey Birrell(Mixing),  Snuff

商品説明

89年発表のスナッフの記念すべきファースト・アルバムにして最高傑作!ニューヨークからロンドン、そして世界中に飛び火したパンク・ムーヴメントの後続組であるディスチャージやGBH、エクスプロテッド等のハードコア・パンクの勢いも衰えかけてきた80年代後半のイギリスに新しい世代のメロディアスでポップなパンク・バンド達が台頭してくる。そう、レザーフェイス、メガ・シティ・フォー、センスレス・シングス、そしてスナッフ。徹底的にメロディを排除した音の塊のようなハードコア・パンクに対してスナッフらは初期パンクが持っていたポップなフィーリングを再びパンク・ロックに宿した。大きなムーヴメントに発展する事はなかったが後のメロコア・バンドに与えた影響は計り知れない。特にハイスタを始めとする日本のバンド。初めてハイスタ聴いたときはスナッフかと思ったもんなぁ。復活後のスナッフを悪く言うつもりはこれっぽっちもないが、スナッフと言えばやはり本作!後の恒例となるカヴァーもティファニー、ジミヘンとすでにセンス爆発。どこか抜けきらない切なさを含んだオリジナルの楽曲(特にM3、M11、M15、M18)は更に良い!初期スナッフを知らないハイスタ・ファンは大至急、本作を聴いてみてください。

収録曲   

  • 01. Words of Wisdom (03:00)
  • 02. Some-How (03:49)
  • 03. Now You Don't Remember (01:35)
  • 04. Not Listening (02:27)
  • 05. I See/H.M. Trout (03:27)
  • 06. Too Late (01:38)
  • 07. Another Girl (03:09)
  • 08. I Think We're Alone Now (01:51)
  • 09. Win Some, Lose Some (03:11)
  • 10. Pass Me By (02:21)
  • 11. Keeep the Beat (02:13)
  • 12. Night of the Li's (01:10)
  • 13. Purple Haze (02:07)
  • 14. Little Git (01:32)
  • 15. What Kid of Love (02:11)
  • 16. Not Listening (02:37)
  • 17. Dead & Buried (02:26)
  • 18. That's Enough (02:49)
  • 19. For Both Sides/No One Home (03:07)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
まさに超名盤!!!これは絶対聞いたほうが...

投稿日:2007/08/30 (木)

まさに超名盤!!!これは絶対聞いたほうがいいですよ皆さん!

アナルファック さん | 能登半島地震被災者 | 不明

0
★
★
★
★
★
異常に速いドラム。バッチリ決まるコーラス。切ない哀...

投稿日:2007/05/03 (木)

異常に速いドラム。バッチリ決まるコーラス。切ない哀愁メロディはどれも完璧! 絶望とか否定的な歌詞が多く、カラッとした西海岸メロディックとは違う、UK特有の隠鬱さを感じるメロディ。 「ただ楽しむためだけにパンクをやっている」という彼らの姿勢は、日本のインディーズバンドに多大な影響を与え、この後、流行するエモを先見していたかのようです。 今作以降のアルバムに多く収録される邦楽カバーも魅力の一つですね。

Brite さん | 不明

0
★
★
★
★
★
1曲目からやられました!本当かっこいいで...

投稿日:2007/02/26 (月)

1曲目からやられました!本当かっこいいです!同時期のBad ReligionよりもSnuffの方が日本人には馴染みがあるかもしれませんね。10年先取りしてるねこの音は!!

くによし さん | 北海道 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Snuff

Unhappy with what they were hearing on BBC Radio, the members of Snuff got together in 1986 with the intention of taking the piss out of mainstream music and to have a little fun. With the original line-up consisting of Simon on guitar, Andy on bass, and Duncan on drums/vocals (last names unavailable), Snuff shot around England for three years before Workers Playtime released their first album, en

プロフィール詳細へ

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品