CD 輸入盤

Universal Mother

Sinead O'Connor (シネイド オコナー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8305492
組み枚数
:
1
レーベル
:
Emi
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1994
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Claire Kenny(Bass),  David Clayton(Keyboards),  Ivan Gilliland(Guitar),  John Reynolds(Bass),  John Reynolds(Drums),  John Reynolds(Keyboards),  Marco Patoni(Guitar),  Marco Pirroni(Guitar),  Matthew Seligman(Bass),  Nicky Scott(Bass),  Phil Coulter(Piano),  Sinead O'Connor(Piano),  Sinead O'Connor(Vocals),  Van Gilliland(Guitar),  Irish Chamber Orchestra(Strings),  John Okane(Cello),  Voice Squad(Vocals (Background)),  Jack Lynch(Speech/Speaker/Speaking Part),  Jake Reynolds(Producer),  John Reynolds(Producer),  Paul Conboy(Producer),  Phil Coulter(Producer),  Reynolds(Producer),  Sinead O'Connor(Producer),  Adam Clayton(Composer),  David Clayton(Programming),  Jake Reynolds(Performer),  Jill Furmanovsky(Photography),  John Reynolds(Programming),  Paul Conboy(Mixing),  Paul Conboy(Programming),  Phil Coulter(Mixing),  Reynolds(Mixing),  Reynolds(Programming),  Sarah Butterfield(Photography),  Sinead O'Connor(Cover Design),  Sinead O'Connor(Design),  Sinead O'Connor(Illustrations),  Sinead O'Connor(Mixing),  Sinead O'Connor(Cover Art)

商品説明

ベスト・セラーの『蒼い囁き』以来の4年ぶりの今作は、クールなHPナンバーもありますが、ほとんどはアコースティック楽器がバックの静かな歌。メロディからは、彼女の生まれ育ったアイルランドのフォークの影響が強く感じられます。うたわれているのは、子どもや夫や自分のことが中心。パーソナルな視点をつきつめることで、かえって普遍的な地点にまでたどりついた彼女。苦難の道を乗り越え、母として、女として、アイリッシュとして、S・オコナーは歌い続ける。

収録曲   

  • 01. Speech Extract
  • 02. Fire On Babylon (05:11)
  • 03. John I Love You (05:31)
  • 04. My Darling Child (03:09)
  • 05. Am I A Human
  • 06. Red Football (02:48)
  • 07. All Apologies (02:37)
  • 08. Perfect Indian (04:22)
  • 09. Scorn Not His Simplicity (04:26)
  • 10. All Babies (04:29)
  • 11. In This Heart (03:11)
  • 12. Tiny Grief Song (01:56)
  • 13. Famine (04:56)
  • 14. Thank You For Hearing Me (06:25)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
↓3作目で無く4作目だろ。同時期のDylanTri...

投稿日:2006/03/02 (木)

↓3作目で無く4作目だろ。同時期のDylanTributeコンサートでも見せた、精神の危ない方向への移行が感じられる。前作までもあったことだが、この頃はベクトルが違う感じで、周りから見るとかなり異常。ここら辺から着いて行けなくなった。

アナログゴリラ さん | | 不明

0
★
★
★
★
☆
3作目。制作に参加したPHIL COULTERのピアノ...

投稿日:2006/02/23 (木)

3作目。制作に参加したPHIL COULTERのピアノがなかなか良い感じですね。表面上は静的な手法を折り込みつつも感情の振幅は激しい。

YELLOW JUNK さん | 福岡県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Sinead O'Connor

Sinead O'Connor ranked among the most distinctive and controversial pop music stars of the alternative era, the first and in many ways, the most influential of the numerous female performers whose music dominated airwaves throughout the last decade of the 20th century. Brash and outspoken -- her shaved head, angry visage, and shapeless wardrobe a direct challenge to popular culture's long-prevaili

プロフィール詳細へ

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品