CD 輸入盤

Habanera

Simple Acoustic Trio (シンプルアコースティックトリオ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MW7122
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Poland
フォーマット
:
CD

商品説明

今をときめくポーランドのピアニスト、マルチン・ヴォシレフスキ率いるシンプル・アコースティック・トリオ。爆発的なヒットを記録した事実上の日本デビュー盤。セクシーで”ヨーロピアン”なジャケットがそのグループ名から想起されるイメージと相まって、ポーランド・ジャズにおける常識を覆す人気盤となった。

あくまでも淡々と響くベースのフレーズと、ブラシのクラシカルな響き。『ハバネラ』とタイトルにあるようにスパニッシュ・モードの影響を感じさせるピアノが、“闘牛士が行進するが如く”響き渡り、ピアノ・トリオというより、ドラマティックな舞台を見ているような印象を与えてくる。1999年9月ワルシャワのスタジオで録音された本作には、何故か砂漠、中近東の匂いが漂う。マルチン・ヴァシレフスキーのピアノは『ホエン・ウィル・ザ・ブルース...』のときに較べ、何か迫力を増しており、聴く者を惹き付けてやまない。バラードにおける形状し難い「空気感」を伴った音の塊が押し寄せてくる。誤解を恐れず言えばキース・ジャレットのピアノに比してはるかにコンテンポラリーだ。ポーランド・ジャズというよりヨーロッパ・ジャズ最良の一枚。

Marcin Wasilewski (p)
Slawomir Kurkiewicz (b)
Michal Miskiewicz (ds)
1999年録音

収録曲   

  • 01. Habanera Excentrica
  • 02. Without Them
  • 03. Tamara
  • 04. Green Sky
  • 05. Furiozi
  • 06. Stravinsky
  • 07. Simple Song
  • 08. Simple Jungle

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
モーダルでいて、モード奏法のスタイルから...

投稿日:2003/12/14 (日)

モーダルでいて、モード奏法のスタイルから自由に突き抜けていくフレージング。空を漂うような浮遊感があまりにも気持ちよい。ピアノジャズの奥行きはやっぱりヨーロッパにあるのだろう。10年に一作といってよいほどの完成されたアルバムだ。

usako さん | 神奈川 | 不明

1
★
★
★
★
★
とにかく透明感溢れるピアノが最高です。毎...

投稿日:2001/06/28 (木)

とにかく透明感溢れるピアノが最高です。毎日聴いています。「Tamara」自分のトリオで演ってしまいました。

jin さん | 彩の国 | 不明

1

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品