この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Tilt

Scott Walker (スコット・ウォーカー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
134
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1995
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Alasdair Malloy(Percussion),  Andrew Cronshaw(Flute),  Brian Gascoigne(Keyboards),  Brian Gascoigne(Organ),  David Rhodes(Guitar),  Hugh Burns(Guitar),  Ian Thomas(Drums),  John Barclay(Trumpet),  John Giblin(Bass),  Jonathan Snowden(Flute),  Louis Jardim(Percussion),  Roy Jowitt(Clarinet),  Scott Walker(Guitar),  Scott Walker(Vocals),  Andrew Cronshaw(Horn),  Andrew Cronshaw(Reeds),  Andrew Cronshaw(Reeds (Multiple)),  Andrew Findon(Flute (Bass)),  Brian Gascoigne(Woodwind),  Collin Pulbrook(Organ (Hammond)),  Ian Thomas(Cymbals),  Ian Thomas(Drums (Bass)),  Jim Gregory(Flute (Bass)),  Peter Walsh(Drums (Bass)),  Peter Walsh(Whistle (Instrument)),  Roy Carter(Oboe),  Scott Walker(Whistle (Instrument)),  Andrew Cronshaw(Concertina),  Brian Gascoigne(Celeste),  Jonathan Snowden(Piccolo),  Peter Walsh(Whistle (Human)),  Scott Walker(Whistle (Human)),  Andrew Cronshaw(Bawu),  Elizabeth Kenny(Chitarrone),  Greg Knowles(Cimbalom),  Andrew Taylor(Engineer),  Brian Gascoigne(Arranger),  Peter Walsh(Engineer),  Peter Walsh(Producer),  Richard Evans(Engineer),  Scott Walker(Producer),  Brian Gascoigne(Conductor),  Brian Gascoigne(Orchestration),  Brian Gascoigne(String Arrangements),  David Scheinmann(Photography),  Henry Binns(Assistant Engineer),  Ian Cooper(Mastering),  James Loughrey(Assistant Engineer),  James Loughrey(Mixing Assistant),  Kevin Jacobs(Assistant Engineer),  Kevin Jacobs(Mixing Assistant),  Lorraine Francis(Assistant Engineer),  Pete Lewis(Assistant Engineer),  Peter Walsh(Drum Programming),  Peter Walsh(Mixing),  Phil Knott(Photography),  Scott Walker(Artwork),  Scott Walker(Mixing),  Scott Walker(Concept),  Brian Gascoigne(Woodwind Arrangement),  Sinfonia of London Orchestra

収録曲   

  • 01. Farmer in the City (06:37)
  • 02. Cockfighter (06:01)
  • 03. Bouncer See Bouncer... (08:46)
  • 04. Manhattan (06:05)
  • 05. Face on Breast (05:15)
  • 06. Bolivia '95 (07:44)
  • 07. Patriot (A Single) (07:58)
  • 08. Tilt (05:12)
  • 09. Rosary (02:40)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
音楽の方向性は違いますけどJAPANのTIN DRU...

投稿日:2006/10/26 (木)

音楽の方向性は違いますけどJAPANのTIN DRUMに近いものがある。大勢では聞けない音楽自分一人でひっそりと聞く。でもこのTILTは全てを包み込む優しさに溢れている。重い思い音楽だと思います♪

山岡正照 さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
彼が一番作りたかったのが「TILT」なのでしょ...

投稿日:2006/03/29 (水)

彼が一番作りたかったのが「TILT」なのでしょう。ソロデビュー作と此を聴き比べたら、本当に売上とか気にしない人なんだなと分かりますし、自身を貫き通す意志の強い人だと言う事も気付かされます。#1#5#6#7#9良いです。

☆HONEY BEE☆ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
悲しい。何故こんなことになってしまったの...

投稿日:2005/12/31 (土)

悲しい。何故こんなことになってしまったのか。彼も俺も。闇、闇、闇。俺は闇と狂気。そして涙

Bunny さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Scott Walker

アイドル的人気を集めた(特に日本では)ウォーカー・ブラザース解散後、ソロ・アーティストとして活動を始めたスコット・ウォーカー。彼が心酔するジャック・ブレルの詩を3曲で取り上げた1stソロを聴くと、そうした前歴から脱皮するかのような鮮やかなイメージの転身をはかっているのが感じ取れる。

プロフィール詳細へ

Scott Walkerに関連する商品・チケット情報

  • スコット・ウォーカー&サン O)))、究極コラボ実現! 60年代にウォーカー・ブラザーズとしてデビューし、デヴィッド・ボウイ、U2、レディオヘッド等多数のアーティストに影響を与えたスコット・ウォーカーがサン O)))とのコラボアルバムをリリース! ローチケHMV|2014年8月12日(火)

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品