CD 輸入盤

Drift

Scott Walker (スコット・ウォーカー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CAD2603CD
組み枚数
:
1
レーベル
:
4AD
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Alasdair Malloy(Drums),  Alasdair Malloy(Percussion),  Alison Kelly(Violin),  Amanda Smith(Violin),  Benjamin Buckton(Violin),  Brian Gascoigne(Keyboards),  Celia Sheen(Violin),  Charles Sewart(Violin),  Clare Hoffman(Violin),  Clare Tyack(Bass),  Clive Dobbins(Violin),  Deborah Widdup(Violin),  Hugh Burns(Guitar (Acoustic)),  Hugh Burns(Guitar (Baritone)),  Hugh Burns(Guitar (Electric)),  Ian Thomas(Drums),  James Stevenson(Guitar),  Janice Graham(Violin),  John Giblin(Bass),  Julian Tear(Violin),  Karin Leishman(Violin),  Mark Warman(Keyboards),  Mark Warman(Percussion),  Matthew Scrivener(Violin),  Michael Davis(Violin),  Ofer Falk(Violin),  Paul Willey(Violin),  Pete Long(Sax (Baritone)),  Robert Salter(Violin),  Roger Linley(Bass),  Rohan Onraet(Percussion),  Simon Masterton Smith(Violin),  Sophie Barber(Violin),  Steve Morris(Violin),  Steve Pearce(Bass),  Thomas Bowes(Violin),  Andrew Fuller(Cello),  Derek Watkins(Flugelhorn),  Jane Fenton(Cello),  Joely Koos(Cello),  John Tunnell(Cello),  Jonathan Williams(Cello),  Judith Herbert(Cello),  Nick Roberts(Cello),  Philip Sheppard(Cello),  Robert Max(Cello),  Tamsy Kaner(Cello),  Andrew Cronshaw(Bamboo Flute),  Andrew Cronshaw(Concertina),  Mark Warman(Ocarina),  Peter Walsh(Sitar),  Rohan Onraet(Clapping),  Andrew Cronshaw(Shawm),  Hugh Burns(Guitar (Electric Baritone)),  James Stevenson(Arp Echoplex),  Mark Warman(Vox Continental),  Pete Long(Wind Instruments),  Philip Sheppard(Electric Cello),  Geoff Foster(Engineer),  Peter Walsh(Engineer),  Peter Walsh(Producer),  Marco Atkins(Photography),  Mark Warman(Orchestration),  Peter Walsh(Mixing),  Peter Walsh(Performer),  Philip Sheppard(Orchestration),  Scott Walker(Composer),  Vaughan Oliver(Design),  Adrian Hall(Assistant),  Chris Barrett(Assistant),  Chris Bigg(Design Assistant),  Dom Morely(Assistant),  Iain Gore(Assistant),  Matt Paul(Assistant),  Neil Tucker(Assistant),  Richard Nelson(Orchestra Contractor),  Richard Wilkinson(Assistant),  Rohan Onraet(Assistant),  Brian Gascoigne(Sound Treatment),  Grant Gee(Portraits),  James Stevenson,  Mark Warman(Sound Treatment),  Mark Warman(String Conductor),  Peter Walsh(Audio Production),  Peter Walsh(Sound Treatment),  Philip Sheppard(String Conductor),  Scott Walker(Audio Production),  Tim Painter(Construction)

商品説明

60年代にアイドル的人気を誇ったグループ、Waklker Brothers。その中心人物でもあったScott Walkerが1995年のアルバム『Tilt』以来11年振りとなる新作をリリース!

収録曲   

  • 01. Cossacks Are (04:31)
  • 02. Clara
  • 03. Jesse (06:28)
  • 04. Jolson and Jones (07:45)
  • 05. Cue
  • 06. Hand Me Ups (05:49)
  • 07. Buzzers (06:39)
  • 08. Psoriatic (05:51)
  • 09. Escape, The (05:18)
  • 10. Lover Loves, A (03:13)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
'06年発表。いつでも「俺」体内時計で帰ってく...

投稿日:2010/05/23 (日)

'06年発表。いつでも「俺」体内時計で帰ってくる男スコット・ウォーカーの11年ぶりになる本作は何と4ADカから。近年の、どちらかといえばあっさりめになったレーベル・カラーを、強引に1980年代に押し戻したような暗黒の世界が繰り広げられている。レコーディングの様子は、このアルバムに合わせて製作されたと思われる彼のドキュメンタリー映画で見る事が出来るのだが、音を録るというよりも、映画を撮影しているようだった。そう、このアルバムは非常に映像的である。数少ない1音1音が、一つも妥協を許していない。年齢を重ねたベテランの作品というのはとかく己のスタイルを焼き直しになりがちなのだが、これは紛れもない60代の人間による最先端の音楽だ。ていうか、この作品はあんまりこの人の事を知らない若い人に聴いてもらって、思いっきり疲労困憊して欲しいです。くるよ〜これは。Psst,Psst Psst…。

madman さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
全曲、最高!!です。アートです!!感涙★

投稿日:2008/07/11 (金)

全曲、最高!!です。アートです!!感涙★

LACK さん | saitama | 不明

0
★
★
★
★
★
輸入盤の発売日からずっと聴いてる。もう彼...

投稿日:2006/07/10 (月)

輸入盤の発売日からずっと聴いてる。もう彼の前2作が聴けない。とにかく深い暗闇の世界に渦巻く狂気。真っ黒で高級感溢れるブックレットも最高。彼は老いずに死ぬまで成長し続ける。JesseやCueなどゴスの極致。ひたすら暗くて最高…。詩も素晴らしすぎる。

anna deluge さん | 千葉県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Scott Walker

アイドル的人気を集めた(特に日本では)ウォーカー・ブラザース解散後、ソロ・アーティストとして活動を始めたスコット・ウォーカー。彼が心酔するジャック・ブレルの詩を3曲で取り上げた1stソロを聴くと、そうした前歴から脱皮するかのような鮮やかなイメージの転身をはかっているのが感じ取れる。

プロフィール詳細へ

Scott Walkerに関連する商品・チケット情報

  • スコット・ウォーカー&サン O)))、究極コラボ実現! 60年代にウォーカー・ブラザーズとしてデビューし、デヴィッド・ボウイ、U2、レディオヘッド等多数のアーティストに影響を与えたスコット・ウォーカーがサン O)))とのコラボアルバムをリリース! ローチケHMV|2014年8月12日(火)

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド