CD

The Rap Messengers

STERUSS

基本情報

カタログNo
:
ZPCD007
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ピアノからドラム 向けられた銃 生きる方法は一つ 突き進む STERUSS The Rap Messengers

2008年1月発表した"円鋭"から約4年半、我等のSTERUSSが遂に帰って来た!気付けばメンバー全員30代。状況は大きく変化し、責任と対峙する日々が訪れた。1996年10代、HIP HOP JUNKIE!と全身迷彩に身を包み叫んでいた頃には想像もつかなかった日々が今、現実として目の前にある。不安、怒り、悲しみ、憤り、疑い、悩み…愛する仲間や家族が目の前にあるのにふつふつとわき起こる感情。これを音楽にそのまま落とし込む事がREALなのか?自身とそしてSTERUSSのHIP HOPにとことん向き合った。出た答えは「NO」。その感情の先を表現する事こそが音楽として何よりHIP HOPとして正しいと考えた。悲観的な感情の先にはやはり暖かい家族や最高の仲間、傷を癒してくれる音楽がある。だからこそ日々をなんとか乗り越えられている。ありがとう。

次は俺たちが返す番だ。やっと気付いたんだ。少し遅くなったけれど俺たちを見つけてくれた人たちに向けての回答、それが"The Rap Messengers"だ。今作"The Rap Messengers"は前作までの作風とは異なりDJ KAZZ-K以外のSOUNDも起用し(新規加入のビート武士も精力的に参加)音楽性はさらに広がりを見せた。また、EXECUTIVE PRODUCERをタケウチカズタケ(A HUNDRED BIRDS/SUIKA/D.I.T.A.)が務める事でSTERUSSの更なる可能性を引き出し、"The Rap Messengers"は深く魅力的な作品に仕上がった。

♪STERUSS(ステルス)♪ www.steruss.com
97年から横浜を拠点としてSTERUSS(ステルス)を結成。03年にCRIME6、BELAMA2、DJ KAZZ-Kの2MC & 1DJの構成になる。自主CD-R「One coin sampler」を発表し、同年BLAST監修のコンピレーションCD「HOMEBREWER'S 2」の参加をきっかけに活動の場所を全国区に広げた。その後05年にALBUM「白い三日月」をリリース。その中の1曲「真夏のJAM」が縁を呼び、横浜のJAZZの一大イベント横浜ジャズプロムナードにおいて鈴木勲率いるOMA SOUNDと共演するなどジャンルの壁を越えて活動場所を広げていった。06年にはDJ KAZZ-KがP-VINE監修のJAPANESE RAP MIX CD「overrap」のDJに大抜擢されDJ個人としても活動の場所を全国区に広げた。また、同年に12inch「風見鶏のうた/184045/マイク中毒pt2」を発表。07年に発表した12inch「ソラノウタ/尖/killing me softly」、08年に発表のALBUM「円鋭」では鈴木勲 (Bass)、スガダイロー (Piano)、toto (Poetry Reading)などと共演する事で音楽としての幅を広げた。2010年にはZZ PRODUCTION(サイプレス上野とロベルト吉野、DJ KENTA等所属)としてクルーのアルバム 「ZZ」を発表。その後、LIVE DJをビート武士(ZZ PRODUCTION)が譲り受けて正式にSTERUSSに加入。元バトルDJのスキルを十二分に発揮し、STERUSSのライブを更に高い次元へと導いている。現在はCRIME6、BELAMA2、DJ KAZZ-K、ビート武士の4人で活動中。そして待望のNEW ALBUM「The Rap Messengers」が2012年9月5日発売決定。溜め込んだVIBESを開放するときが来た。

収録曲   

  • 01. go city blues
  • 02. one birth
  • 03. 180
  • 04. Roots Musician
  • 05. ainoneiro
  • 06. bon
  • 07. Ne-han
  • 08. @STREET
  • 09. ガイドライツ
  • 10. ゲルニカ feat. Deep Sawer
  • 11. 円人90
  • 12. いつかわらいばなしのone day
  • 13. @PARTY
  • 14. LAST DAY
  • 15. 狂った悪魔のラブソング

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヒップホップ/レゲエ に関連する商品・チケット情報

  • かせきさいだぁ×ザ・なつやすみバンド 限定7inch発売決定 間もなく5年ぶりのニューアルバムを発表するかせきさいだぁとザ・なつやすみバンドによるスペシャル・コラボ!7inchアナログのみの限定盤! ローチケHMV|2017年7月27日(木)
  • ガールズラップユニットchelmicoのMamikoのソロ作品 人気、知名度共に急上昇のガールズラップグループchelmicoのMC、Mamikoがソロ作品を完成。限定店舗にて販売中のCDが要望にお応えしてアナログ盤で登場! ローチケHMV|2017年7月14日(金)
  • 話題のフィメール・ラッパー、あっこゴリラ 初のアナログ盤 変幻自在のラップスタイルと野生味に溢れるキャラクターで話題のフィメール・ラッパー、あっこゴリラ初のアナログ盤はパーティー・ポップ・チューン「黄熱病-YELLOW FEVER-×STUTS」の7インチ! ローチケHMV|2017年7月4日(火)
  • MUTE BEAT『FLOWER』がアナログ復刻 日本初のダブバンド、MUTE BEATが1987年に発表した記念すべき1stアルバム『FLOWER』が、リリース30年の節目にアナログレコードでも発売。その後の音楽シーンにも大きな影響を与えた代表作だ。 ローチケHMV|2017年6月29日(木)
  • 環ROY 4年ぶり新作から先行7インチシングル センチメンタル・メロウ・ラップ名曲「Offer」と、蓮沼執太プロデュース、スティールパンの音色が誘うドリーミン・ポップ・チューン「めでたい」の2曲を収録。 ローチケHMV|2017年6月23日(金)
  • KANDYTOWNの1stが4枚組アナログ盤で登場 メンバーソロ作も 店舗特典音源や全国ツアー等で限定配付されていたレア音源、人気曲のインストも収録した4枚組重量盤アナログ。IOのソロ最新作のアナログ盤、MUDのデビュー作も発売決定。 ローチケHMV|2017年6月15日(木)

おすすめの商品