CD 輸入盤

Showtime

Ry Cooder (ライ・クーダー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7599.27319
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Bobby King(Vocals),  Eldridge King(Vocals),  Frank Villareal(Sax (Alto)),  Frank Villareal(Saxophone),  Henry Ojeda(Bass),  Isaac Garcia(Drums),  Jesse Ponce(Bass),  Milt Holland(Percussion),  Pat Rizzo(Saxophone),  Ry Cooder(Bass),  Ry Cooder(Guitar),  Ry Cooder(Guitar (Electric)),  Ry Cooder(Vocals),  Terry Evans(Vocals),  Flaco Jimenez(Accordion),  Jesse Ponce(Banjo),  Ry Cooder(Mandolin),  Jesse Ponce(Bajo Sexto),  Ray Thompson(Engineer),  Ry Cooder(Producer)

商品説明

Following the odd, but entertaining Hawaiian, southwestern mix of Chicken Skin Music, Ry Cooder hit the road with a group of Tex-Mex musicians led by the great accordionist Flaco Jiminez. To make things even more interesting, he also included three soul- and gospel-based backup singers in the lineup (two of whom had appeared on Chicken Skin Music). Recorded in December of 1976, over a span of two nights in San Francisco, Show Time documents these shows by Cooder and his Chicken Skin Revue. And while Cooder's guitar -- along with his usual eclectic assortment of songs -- is the star of the show, each of the principles has his chance to shine throughout the evening. Terry Evans, Bobby King, and Eldridge King's soulful rendition of The Dark End of the Street, as well as the lovely Volver, Volver, which features Jiminez, are a couple of the highlights. Cooder's selection of material here is as eclectic as ever, but Jiminez and the band stay with him every step of the way. They seem equally at home with the R&B of Smack Dab in the Middle as they do with the Jiminez instrumental Viva Seguin, which leads into a Tex-Mex reworking of Woody Guthrie's Do Re Mi. Still, as good as the fit may be between leader and band, it's the Negro spiritual, Jesus on the Mainline, stripped down to just four voices and Cooder's remarkable bottleneck, that's the real showstopper here. Cooder is not usually one to stray too far outside the confines of the song on record, but in this setting he gets a chance to really stretch. Like most live recordings, Show Time isn't necessarily essential, though there's enough to make it worthwhile for fans. Also, included is a terrific Dixieland take on Gary U.S. Bonds' School Is Out recorded with the same band in the studio. ~ Brett Hartenbach, All Music Guide

収録曲   

  • 01. School Is Out (02:41)
  • 02. Alimony (04:51)
  • 03. Jesus on the Mainline (05:19)
  • 04. Dark End of the Street (06:31)
  • 05. Viva Seguin/Do Re Mi (05:27)
  • 06. Volver, Volver (03:59)
  • 07. How Can a Poor Man Stand Such Times and Live (06:33)
  • 08. Smack Dab in the Middle (08:01)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
このアルバムの独特のサウンドには惹かれま...

投稿日:2011/06/13 (月)

このアルバムの独特のサウンドには惹かれましたね。僕はライの大ファンだったので彼がたぶん最初に来日したコンサートに行っています。 こういうサウンドのコンサートを期待して行ったら、アロハシャツにスニーカーにアコーステイックギター一本かかえたライがのんびり歩いて登場、ギターに彼の歌だけというシンプルなサウンドのコンサートでした。観客の入りは半分以下、演奏が始まるとどっと前の席に移動がはじまりました。ライのテクニックを見たい観客が多かったのだと思います。場所は今では絶対こんな人のコンサートなどやるはずもない神奈川県立音楽堂。はるか昔のお話です。今聞いてもライ独特のサウンドや歌は魅力的です。 このアルバムがやはり彼の代表作だと思います。 そういえば彼はこの頃から沖縄民謡なども取り上げていましたね。海外で最もいち早く沖縄音楽に注目した一人だと思います。 そういう経緯の中でキューバ音楽の大傑作、ブエナビスタソシアルクラブに辿りついたのでしょう。

uso-800 さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
全体的な雰囲気としては場末のクラブで録音...

投稿日:2005/06/17 (金)

全体的な雰囲気としては場末のクラブで録音したライブ けど音はかなりいいです 後年GET RHYTHMでのプロモの場所と考えていただければいいと思います 観客もちらほら 別にライのギター聞きに来たわけじゃないけど 聞いてたら盛り上がっちゃった感じですね

きゃ〜 さん | 稲城市 | 不明

0
★
★
★
★
★
とにかく3曲目のノリといいギターといい観...

投稿日:2005/04/16 (土)

とにかく3曲目のノリといいギターといい観客の拍手といいすごいよ すごすぎて完コピできないんだから

マウス さん | 稲城市 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Ry Cooder

近年アメリカン・ルーツ・ロックなどと呼ばれている音楽性を明確な形で体現しているのが彼だと言ってしまってもよいだろう。また70年代以降、ロックというスタイルの中で、スライド・ギターがしばしば活躍するようになるが、その先駆的な役割を果たしたギタリスト、またその代名詞的な存在となったのがライ・クーダーだった。

プロフィール詳細へ

Ry Cooderに関連する商品情報

  • ライクーダー、1972年ライブ! 1972年12月オハイオ州クリーブランドのFM局がオンエア用に録音したライ・クーダーのアコースティック・パフォーマンスを収録したライブ盤登場! HMV&BOOKS online|2014年12月1日(月)
  • リトル・ヴィレッジのライブ録音! ライ・クーダー/ジョン・ハイアット/ニック・ロウ/ジム・ケルトナーの4人によって91年に結成されたスーパーグループ リトル・ヴィレッジが、92年FMラジオ局にレコーディングしたライブ。 HMV&BOOKS online|2014年10月6日(月)
  • ライ・クーダのサウンド・トラックがセットに! サウンドトラック・プロデューサーとしても高く評価されている、ライ・クーダー。彼の手がけた『パリ、テキサス』『クロスロード』などの映画サウンドトラック7作が一つのボックスになって登場! HMV&BOOKS online|2014年8月8日(金)
  • ライ・クーダーのアルバム11枚が衝撃価格セット! アメリカン・ミュージックの求道者、ライ・クーダのアルバム11枚がボックスセットになって登場! HMV&BOOKS online|2013年9月27日(金)
  • ライ・クーダー、36年ぶりのライブ・アルバム! 『Show Time』と同じホールでのライブになる本作は、テックスメックス系バンドをバックに幅広い時代の楽曲を収録。 HMV&BOOKS online|2013年8月15日(木)

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品