この商品の関連特集

この商品に関連するタグ

CD

Buena Vista Social Club

Ry Cooder (ライクーダー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WCR5067
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
コレクション, リマスター, 1997
追加情報
:
2008年最新リマスタリング
ボーナス・トラック追加収録

商品説明

米国ルーツ・ミュージックの探求の旅をするうちに、幅広くそして常に敬意を払いながらワールド・ミュージック的なサウンドへアプローチしていくことになったライ・クーダー。本作は彼とキューバのベテラン・ミュージシャンとの出会いを卓越した演奏で聴かせるもの。旧知のヴィム・ヴェンダースによる映像版が2000年初頭に日本でも公開されることとなり、またまた盛り上がっていきそう。おおらかで緻密な至福の音楽。

内容詳細

97年にリリースされ世界的なヒットを記録するとともにキューバ音楽の魅力を世界中に知らしめた大ヒット作のリマスタリング盤、ボーナス・トラック1曲付き。ライ・クーダーがプロデュース、参加しているのも話題。至福のヴァイブレーションが伝わってくる名盤。★(渕)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. チャン・チャン
  • 02. 道を踏み外さないように
  • 03. トゥーラの部屋
  • 04. 新しい人々
  • 05. 二輪のくちなしの花
  • 06. 君は私に何をした?
  • 07. 20年
  • 08. 荷馬車引き
  • 09. 炎
  • 10. 若き日の狂った愛
  • 11. 誇りを持って
  • 12. ささやき
  • 13. ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
  • 14. バジャーモの女性
  • 15. マクーサ

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
23
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
…印象に残った収録曲の中の1曲っていうか...

投稿日:2016/01/08 (金)

…印象に残った収録曲の中の1曲っていうか… 「Orgullecida」 っていう曲を聴いて、漠然と、 Louis Armstrongの曲と似た雰囲気を感じてしまったっていうか、 似た感じの曲調の曲をルイス・アームストロングも歌っていたな、 と…連想しちゃったんだけど…そんなような、 耳触りのいい定番な感じのメロディから、 照明を落とした落ち着いた雰囲気のバーとかで、 お酒飲んでまったりとしながら聴くようなジャズ系のサウンド、 そして、 明るい野外ステージとかで楽しく盛上がるような曲まで、 基本的には全て、古きよき時代のラテンサウンド、 って感じのキューバの音楽14曲だけれど、 同時に、米国等の音楽ジャンルにも少なからず影響を与えている、 アフロ・キューバンなサウンドの発祥地のミュージシャン達が奏でる音楽、 っていう観点からも、 ピアノにしても、ギター他の弦楽器にしても、 パーカッションにしても、トランペット等の管楽器にしても、 夫々の楽器の音やリズムの1つ1つが、 個人的には、色々と興味深く聴けて、楽しめたんで、よかったかな… と。 余談的には、このCDと一緒に、 メキシコのソン・ハローチョの楽曲のCDも買ったんで、 同じラテンアメリカの伝統音楽系のアレでも、 キューバのソンは、ソン・ハローチョとは、全然違うんだな… みたいな… …まぁ、楽器構成やバンド編成の仕方が根本的に違うから当然と言えば、 当然なんだけど…ともかく、 そういう観点からも色々興味深かったり… そうそう別の余談で、かつてメンバーに名を連ねていた、 パーカッション奏者のAnga Diaz(アンガ・ディアス/1961-2006)って人が、 今話題のキューバ出身の双子デュオIbeyi(イベイー)の父親だ、 っていう話をとある音楽番組で聴いたことで、 コレまで以上にBuena Vista Social Clubに興味が湧いて、 今回実際に、このCDを買って聴こうかな、 と決断する最後の一押しに、なった、かも知れないな… というのも個人的には、あったりで… だから、ホントに色んな観点から、興味深く、聴けたなぁ、 と。 今後も、折に触れて、 こんなのを聴きながら、ゆったりとした時間を過ごせるような、 そんな心のゆとりを持ち続けたいものだな、 と思います。

♂猫Junn-Junn さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
みんなで集まって弾いて歌って録音してみた...

投稿日:2014/02/16 (日)

みんなで集まって弾いて歌って録音してみた!みたいな感じが好きです。 声、楽器、それぞれに人生の深みが感じられる。何回聞いても飽きない、癒しになっています。カーネギーホールのライブ版も持っていますが、そちらも最高です。

ハマのぶぅ〜ちん さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
故 中村とうよう氏が選曲・編集した「La Hi...

投稿日:2012/08/27 (月)

故 中村とうよう氏が選曲・編集した「La Historia De La Musica Cubana(TKF)」を聴いてたら、暫く振りにここに戻ってきた。あの「Chicken Skin Music」のRy Cooderによるprojectだったから、発売後、直ぐに買った。40th Grammy Awardsで「最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・パフォーマンス賞」受賞作品。/Ry Cooderはliner notesで「ここにあるのはキューバの中で生きて動いている音楽であり、博物館に陳列してあった何かのかけらなどではない。とても洗練されていて本質的にファンキーなこの音楽を『過度に組織化された騒々しい世界』から隔絶された空気の中で育んできたのは、キューバの『ソン』の演奏家と歌い手たちである(要約)」としており、当時の彼に『ソン』が与えた啓示は極めて大きかったことがわかる。カリブ系のキューバ音楽には、ルンバやマンボ、チャチャチャ、サルサ、ソン、カリプソ、メレンゲ、スカ、ロックステディ等の多くの種類が知られているが、本作等のキューバ音楽は「スペイン系の白人音楽とアフリカ系の黒人音楽がうまいこと融合しあって生れた伝統音楽」だってことだけ踏まえて聴けばいいのだと思う。でも、ソンを知らなきゃ絶対、損しますよ(本気)! 〜年を重ねて益々胸に沁み入る、本物の音だと実感する今日この頃…。

t-bowie.walker さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Ry Cooder

近年アメリカン・ルーツ・ロックなどと呼ばれている音楽性を明確な形で体現しているのが彼だと言ってしまってもよいだろう。また70年代以降、ロックというスタイルの中で、スライド・ギターがしばしば活躍するようになるが、その先駆的な役割を果たしたギタリスト、またその代名詞的な存在となったのがライ・クーダーだった。

プロフィール詳細へ

Ry Cooderに関連する商品・チケット情報

  • ライクーダー、1972年ライブ! 1972年12月オハイオ州クリーブランドのFM局がオンエア用に録音したライ・クーダーのアコースティック・パフォーマンスを収録したライブ盤登場! ローチケHMV|2014年12月1日(月)
  • リトル・ヴィレッジのライブ録音! ライ・クーダー/ジョン・ハイアット/ニック・ロウ/ジム・ケルトナーの4人によって91年に結成されたスーパーグループ リトル・ヴィレッジが、92年FMラジオ局にレコーディングしたライブ。 ローチケHMV|2014年10月6日(月)
  • ライ・クーダのサウンド・トラックがセットに! サウンドトラック・プロデューサーとしても高く評価されている、ライ・クーダー。彼の手がけた『パリ、テキサス』『クロスロード』などの映画サウンドトラック7作が一つのボックスになって登場! ローチケHMV|2014年8月8日(金)
  • ライ・クーダーのアルバム11枚が衝撃価格セット! アメリカン・ミュージックの求道者、ライ・クーダのアルバム11枚がボックスセットになって登場! ローチケHMV|2013年9月27日(金)
  • ライ・クーダー、36年ぶりのライブ・アルバム! 『Show Time』と同じホールでのライブになる本作は、テックスメックス系バンドをバックに幅広い時代の楽曲を収録。 ローチケHMV|2013年8月15日(木)

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品