CD 輸入盤

Viva

Roxy Music (ロキシー・ミュージック)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8474572
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1976
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター,輸入盤
クレジット
:

Andy Mackay(Saxophone),  Bryan Ferry(Keyboards),  Bryan Ferry(Vocals),  Eddie Jobson(Keyboards),  Eddie Jobson(Synthesizer),  Eddie Jobson(Violin),  John Gustafson(Bass),  John Wetton(Bass),  Paul Thompson(Drums),  Phil Manzanera(Guitar),  Rick Wills(Bass),  Sal Maida(Bass),  Sirens(Vocals),  Andy Mackay(Oboe),  Sirens(Vocals (Background)),  Bill Price(Engineer),  Chris E Thomas(Producer),  Chris Michie(Engineer),  Chris Thomas(Producer),  Frank Owen(Engineer),  Frank Own(Engineer),  John Punter(Engineer),  Jon Walls(Engineer),  Rhett Davies(Engineer),  Steve Nye(Engineer),  Andy Mackay(Composer),  Andy Mackay(Group Member),  Bob Ludwig(Remastering),  Bryan Ferry(Group Member),  Denis Blackham(Remastering),  Denis Blackhan(Remastering),  John Wetton(Group Member),  Jon Walls(Mixing Assistant),  Paul Thompson(Group Member),  Phil Manzanera(Composer),  Phil Manzanera(Group Member),  Steve Nye(Mixing),  Bob Ludwig(Digital Remastering),  John Walls(Assistant),  Christina Adamson(Crew)

商品説明

グループ活動休止中の1976年に発表されたロキシー・ミュージックのライヴ・アルバム。さまざまな時期のステージを集めており、バンド前半期の集大成ともいえる内容になっている。スタジオ作とは異なる躍動感溢れた歌と演奏が展開されるさまを聴くと、改めてイメージ以上にロキシーがライヴ・バンドであったことを感じさせてくれる。

収録曲   

  • 01. Out of the Blue (04:44)
  • 02. Pyjamarama (03:36)
  • 03. Bogus Man (07:05)
  • 04. Chance Meeting (02:58)
  • 05. Both Ends Burning (04:46)
  • 06. If There Is Something (10:37)
  • 07. In Every Dream Home a Heartache (08:23)
  • 08. Do the Strand (04:00)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
わたしは以前プログレ者で、ロキシーのアル...

投稿日:2013/08/11 (日)

わたしは以前プログレ者で、ロキシーのアルバムでは、これだけを所持していました(結局その後全アルバムを購入することになるんですが)。それぐらいエディ・ジョブスンの演奏比重が高いライブです。そもそも、ロキシー・ミュージックのライブって何を売りにしてたのだろうと思います。もちろんビジュアルに特徴あるグループではありますし、踊れる曲も多いです。(…が、別にクラブでドサ回りをしていたわけではありません。)ブライアン・フェリーが「失恋常習者」という名の道化を演じ、それをロキシー一座が大真面目に盛り上げて笑いをとる…そんなコンセプトだったと思います、当初は。 ジョン・ウェットンが呼ばれてかなりベースをオーバーダブしているようですが、テクニカルな演奏に見せたいという意図が読み取れます。エディ・ジョブスンがクラビネットを弾いている部分もあって、ノリを強調したかったのでしょう。ロキシーのはじめてのユーザーで、このライブから入る人がいたとしたら、少々グループのニュアンスと違う演奏だと申し上げておきたいです。そもそもテクニックと別のところで彼らの存在意義があるはずなので。

tasuke さん | 新潟県 | 不明

1
★
★
★
★
★
Sirenに続いて、ここにもジャケットにジェ...

投稿日:2007/03/07 (水)

Sirenに続いて、ここにもジャケットにジェリー・ホールが登場している。よほどお気に入りだったと見えるが(当たり前、彼女はブライアンにとってのファム・ファタールだったのだから・・・)、内容は活動休止中に発表されたものとは思えないほど、パワーに溢れ、充実しているのだ。元祖ヴィジュアル系、アート系ヘタウマバンドとして、デヴューした彼等だったのだが、ここへ来てバンドのクオリティーは比較にならないほど上がり、貫禄と風格すら見せつけるようになっている。熱い、ロキシーを聴いてみよう!

いやみなぶらいあん さん | 世田谷区 | 不明

1
★
★
★
★
★
2昔前くらいに、NHKの放送でこのライブフィ...

投稿日:2007/02/21 (水)

2昔前くらいに、NHKの放送でこのライブフィルムを観ました。 それからRoxyの虜になっています。ブライアンフェリーは肩に肩章付きのアーミーっぽいシャツを着ていました。一昔前にはこのアルバムと同じ構成のヴィデオも売っていました。当時はまだヴィデオが高くて買えなかった・・・・バックヴォーカルのサイレンズがとても妖艶だったのと透明なヴァイオリンが何時までも記憶に残っています。

オヤジはもう50。 さん | 秋田 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Roxy Music

初期ロキシー・ミュージックのアートっぽいモダンな佇まいは、同時代の多くのバンドに刺激を与えたといわれているほか、大雑把に言ってしまえば後の尖った感覚を聴かせるポスト・パンク勢や、アートスクール系の系譜に属するブラーなど、主に英国的と言われるバンド達に脈々と受け継がれている。

プロフィール詳細へ

Roxy Musicに関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品