CD 輸入盤

Rock N Roll Circus

Rolling Stones (ローリング・ストーンズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1268
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Canada
オリジナル盤発売年
:
1996
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Bill Wyman(Bass),  Brian Jones(Guitar),  Charlie Watts(Drums),  Chuck Blackwell(Drums),  Clive Bunker(Drums),  Eric Clapton(Guitar),  Gary Gilmore(Bass),  Ian Anderson(Flute),  Ian Anderson(Vocals),  Ivry Gitlis(Violin),  Jesse Ed Davis(Guitar),  John Entwistle(Bass),  John Entwistle(Vocals),  John Lennon(Guitar),  John Lennon(Guitar),  John Lennon(Vocals),  John Lennon(Vocals),  Keith Moon(Drums),  Keith Richards(Bass),  Keith Richards(Guitar),  Keith Richards(Guitar (Acoustic)),  Keith Richards(Vocals),  Marianne Faithfull(Vocals),  Mick Abrahams(Guitar),  Mick Jagger(Vocals),  Mitch Mitchell(Drums),  Nicky Hopkins(Keyboards),  Pete Townshend(Guitar),  Pete Townshend(Vocals),  Rocky Dijon(Percussion),  Roger Daltrey(Vocals),  Taj Mahal(Vocals),  Yoko Ono(Vocals),  Brian Jones(Slide Guitar),  Glyn Johns(Engineer),  Jimmy Miller(Producer),  Jody Klein(Producer),  Lenne Allik(Producer),  Steve Rosenthal(Engineer),  Charlie Watts(Performer),  David Dalton(Liner Notes),  Deanie Parker(Composer),  Dirty Mac(Performer),  Iris Keitel(Art Direction),  Ivry Gitlis(Performer),  Jethro Tull(Performer),  Joe Warda(Assistant Engineer),  John Lennon(Performer),  John Lennon(Performer),  Jonathan Y.B. Porath(Mixing),  Keith Richards(Performer),  Marvin Mattelson(Illustrations),  Mick Jagger(Performer),  Taj Mahal(Performer),  Teri Landi(Assistant Engineer),  The Who(Performer),  Yoko Ono(Performer),  Jonathan Y.B. Porath(Post Production),  Alisa Ritz,  Iris Keitel,  Magadaline Voliatis,  Magadaline Voliatis(Sound Editing),  Roger Talkov,  Roger Talkov(Sonic Solutions)

商品説明

激動の60年代の空気を鮮やかに伝える優れたドキュメント、TVショウ「ロックン・ロール・サーカス」のCD版。1996年暮れビデオと共に発表され反響を呼びました。名作「ベガーズ・バンケット」「レット・イット・ブリード」からの曲(M15〜19)を正規のライヴ音源で聴けるのが何と言っても嬉しい(スタジオ・ヴァージョンとはかなり違った印象)。ビートルズにはお馴染みのジョンとクラプトンの競演、”ヤー・ブルース・バンド”やザ・フーらの演奏も収録。

収録曲   

  • 01. Mick Jagger's Introduction Of Rock And Roll Circus
  • 02. Entry Of The Gladiators
  • 03. Mick Jagger's Introduction Of Jethro Tull
  • 04. Song For Jeffrey - With Jethro Tull
  • 05. Keith Richard's Introduction Of The Who
  • 06. Quick One While He's Away
  • 07. Over The Waves
  • 08. Ain't That A Lot Of Love - With Taj Mahal
  • 09. Charlie Watts' Introduction Of Marianne Faithfull
  • 10. Something Better - With Marianne Faithfull
  • 11. Mick Jagger's And John Lennon's Introduction Of The Dirty Mac
  • 12. Yer Blues
  • 13. Whole Lotta Yoko
  • 14. John Lennon's Introduction Of The Rolling Stones / Jumping Jack Flash
  • 15. Parachute Woman
  • 16. No Expectations
  • 17. You Can't Always Get What You Want
  • 18. Sympathy For The Devil
  • 19. Salt Of The Earth

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
まずブライアンの追悼。ゲストが時代の寵児な奴ら...

投稿日:2006/06/16 (金)

まずブライアンの追悼。ゲストが時代の寵児な奴らです、クラプトン・フー・ジョンとヨーコ・片足上げフルートジェスロタルなど浮ワあ雑多な印象はあるが!

ランブル さん | 福島県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
ダーティ・マックのYER BLUESがめちゃカッ...

投稿日:2004/09/03 (金)

ダーティ・マックのYER BLUESがめちゃカッコいい!ただ、ストーンズの演奏はちょっとまとまり過ぎてるかな。曲数的にも少し物足りない感じ…でもこれだけのアーティストが一同にかいしたなんて…夢の共演ですね。

口笛吹き さん | 平塚市 | 不明

0
★
★
★
★
★
ジョンも、ザ・フーも、もちろんストーンズ...

投稿日:2003/06/02 (月)

ジョンも、ザ・フーも、もちろんストーンズもカッコイイが、何といってもジェスロ・タルの映像(しかもトニー・アイオミ在籍時)が見られるのがとても嬉しい。ジェシ・エド・デイヴィスを擁するタジ・マハルの演奏も感涙モノ。

まーすけ さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Rolling Stones

今更改めて言うことでもないけれど、ローリング・ストーンズは四半世紀以上に亘って活動しているロックンロール・バンドだ(ロックンロールの部分に、ある人はブルースを入れてもいいし、R&Bあるいはポップだって構わない)。この事実が意味するところは、現在居る彼らのファンの半数以上にとって、ストーンズとは、物心ついた頃から既に在ったバンドだということだ。

プロフィール詳細へ

Rolling Stonesに関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品