この商品に関連するタグ

もっと見る +

グッドモーニング

最果タヒ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784783730255
ISBN 10 : 4783730253
フォーマット
出版社
発行年月
2007年10月
日本
追加情報
:
19cm,96p

内容詳細

飛んだ破片がガラスのように反射して、これがみんなの朝焼けになるのだと知った―世界と言語を破壊していく暴力と妄想。その静寂のなかを疾駆する少女のまえに、いま夜は明ける―。新たなはじまりを告げる世界への輝かしい賛歌。第44回現代詩手帖賞受賞作品。

目次 : 0/ 夏のくだもの/ 足の裏/ 会話切断ノート/ 故郷にて死にかける女子/ 苦行/ 友達/ 術後/ 空走距離/ 小牛と朝を/ 見エないという事/ 死ぬ間際にいう言葉がそれであればいいのに/ 非妊/ 尋常/ 暴走車を追いすぎて、/ 博愛主義者/ 死なない/ 最弱/ 再会しましょう/ きみを呪う/ 世界

【著者紹介】
Rocky Boyd : 1986年兵庫県神戸市生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

最果タヒに関連する商品情報

  • ことばの恐竜 最果タヒ対談集 気鋭の詩人・最果タヒが、松本隆、大森靖子、二階堂ふみ、石黒正数など、詩、短歌、音楽、演劇、マンガ…ジャンルを超えて「ことば」について語り合う初の対談集。 ローチケHMV|2017年8月14日(月)
  • 最果 タヒ 『愛の縫い目はここ』 『死んでしまう系のぼくらに』と、映画化でも話題となった『夜空はいつでも最高密度の青色だ』に連なる詩集三部作、完結! ローチケHMV|2017年7月10日(月)

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品