CD 輸入盤

Red Norvo Trio

Red Norvo (レッド・ノーヴォ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
641
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1954
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Jimmy Raney(Guitar),  Red Mitchell(Bass),  Red Norvo(Vibraphone),  Red Norvo(Xylophone),  Friedlander(Artwork),  Red Norvo(Performer),  Red Norvo Trio(Performer),  Phil DeLancie(Digital Remastering),  Jimmy Raney,  Red Mitchell

商品説明

1999年惜しくも亡くなったレッド・ノーヴォがファンタジーに残した珍しいトリオによる演奏。ジミー・レイニー(g)レッド・ミッチェル(b)とのトリオはモダン感覚に溢れておりむしろジョージ・シアリングを少し「ダウンタウン向き」にしたような寛ぎを感じる。ノーヴォはスタイル的にはスイング時代からの活躍だがシングル・トーンよりも和音を多用し、独特の個性を発揮している。一方レイニーはシングルトーンを使ったモダンな演奏を展開している。

収録曲   

  • 01. Bernie's Tune (05:32)
  • 02. J9 Hate K9 (03:15)
  • 03. Out of Nowhere (04:17)
  • 04. Crazy Rhythm (04:26)
  • 05. Prelude to a Kiss (04:04)
  • 06. Puby la Keg (05:02)
  • 07. Ev'rything I've Got (05:37)
  • 08. Just One of Those Things (03:17)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Red Norvo

Red Norvo was an unusual star during the swing era, playing jazz xylophone. After he switched to vibes in 1943, Norvo had a quieter yet no-less fluent style than Lionel Hampton. Although no match for Hampton popularity-wise, Norvo and his wife, singer Mildred Bailey, did become known as Mr. and Mrs. Swing.Red Norvo had a long and interesting career. He started on marimba when he was 14 and soon sw

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品