この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD

Growl

Radioactive Man (レディオアクティヴマン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DQC192
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

アンディ・ウェザーウォールとのユニットでWARPからも作品を発表しているキース・テニスウッドによるソロ・プロジェクトのサード。歪んだエレクトロ・ビートの上で、テクノやダブなどあらゆるジャンルが交錯。ドット・アリソンやアンディのヴォーカル参加も目玉。(く)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Basement Business
  • 02. Pieces Of Eight
  • 03. Nothing At All
  • 04. Kristiina
  • 05. Double Dealings
  • 06. 5 Armed Skeleton
  • 07. Up In The Air
  • 08. Dalston To Detroit
  • 09. Growl
  • 10. State Of That
  • 11. Lungfull Of Bass
  • 12. State Of This (Bonus Tracks)
  • 13. Hackneyshire (Bonus Tracks)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Radioactive Man

Radioactive Man is the primary alias of British producer Keith Tenniswood, best known as half of the acclaimed electronica duo Two Lone Swordsmen. Born in Chertsey, Surrey, England, Tenniswood began playing guitar at age nine but, as a teenager, grew increasingly interested in electronic dance music and the British club culture. Influenced by the music he heard while clubbing, he committed himself

プロフィール詳細へ

ハウス/クラブミュージック に関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品