この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Chinese Wall

Philip Bailey (フィリップベイリー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4746822
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1984
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Daryl Stuermer(Guitar),  Josie James(Vocals),  Lasette Wilson(Keyboards),  Lesette Wilson(Keyboards),  Louis Satterfield(Trombone),  Michael Harris(Trumpet),  Nathan East(Bass),  Nathan East(Keyboards),  Nigel Martinez(Keyboards),  Nigel Martinez(Vocals),  Paulinho Da Costa(Percussion),  Phil Collins(Drums),  Phil Collins(Percussion),  Phil Collins(Synthesizer),  Phil Collins(Vocals),  Philip Bailey(Percussion),  Philip Bailey(Vocals),  Rahmlee Michael Davis(Trumpet),  Jose James(Vocals (Background)),  Phil Collins(Vocals (Background)),  Philip Bailey(Vocals (Background)),  Phil Collins(Producer),  The Phoenix Horns

商品説明

At the time Philip Bailey persuaded Phil Collins to produce his second solo album, Chinese Wall, Collins was among the hottest pop stars in the world. The advantage to that, of course, is the exposure it affords, and after the merely modest success of his debut solo album, Continuation, Bailey needed the reflected glory. On the other band, it's hard to shine yourself in such a glare, and although Bailey's name was on the gold-selling hit single Easy Lover, a duet with Collins that helped the album take off, it's Collins' singing and drumming that one remembers. Elsewhere, tunes like Photogenic Memory and Walking On The Chinese Wall better represent Bailey's ability to handle a variety of material from ballads to techno dance tracks with his elastic falsetto. Still, Chinese Wall was a gold-selling standoff that made Bailey a solo hitmaker without really establishing him on his own. ~ William Ruhlmann, Rovi

収録曲   

  • 01. Photogenic Memory (05:26)
  • 02. I Go Crazy (04:48)
  • 03. Walking on the Chinese Wall (05:08)
  • 04. For Every Heart That's Been Broken (04:15)
  • 05. Go (04:30)
  • 06. Easy Lover (05:04)
  • 07. Show You the Way to Love (04:41)
  • 08. Time Is a Woman (04:31)
  • 09. Woman (05:04)
  • 10. Children of the Ghetto (06:49)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ビルボード全米アルバム最高22位。個人的...

投稿日:2006/08/29 (火)

ビルボード全米アルバム最高22位。個人的には大ヒットしたイージーラヴァー(全米2位)に続く、セカンドシングルだった3曲目(全米46位)が一番サイコー!!。

80’sサイコー さん | 不明

2
★
★
★
★
★
シングル曲以外にも、2,5,8,10曲目と、よく...

投稿日:2006/06/29 (木)

シングル曲以外にも、2,5,8,10曲目と、よく練られた好楽曲揃い。この当時、一世を風靡したフィル・コリンズ自慢のゲート・エコーのドラム・サウンドが素晴らしい。ダヴル・フィルの共演は大成功。フィル・Cさんはある意味でたくましいヒトですねェ、自分のコンサートで『イージー・ラヴァー』を唄ったりベスト盤に収録したり。84年はMTVブームもあってワムやマドンナ、プリンス、カルチャー・クラヴやF.G.T.H.とか洋楽は凄い一年でした。今作も、それを象徴する、見事なCHARTESTサウンド、名盤。

須利玖 逸平 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
レビュー二回目でーす。アースフリークの友が最初にこ...

投稿日:2005/11/02 (水)

レビュー二回目でーす。アースフリークの友が最初にこれ聴けって貸してくれたのよ!イージーラバーは心踊る楽曲。これがきっかけでフィルがのちに、フェニックスホーンズ(アースのホーン部隊)を連れててしまった。それからアースが落ち目になったのよねー。悪いコリンズねー(^O^)

ランブル さん | 福島県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Philip Bailey

Philip Bailey first gained fame as the mesmerizing lead falsetto of '70s supergroup Earth, Wind & Fire . The singer/percussionist's four-octave range set a high standard for upper-range pop vocalists. Bailey's shimmering falsetto blended perfectly with Maurice White's charismatic tenor to help the group build a reputation for exciting, live shows (complete with feats of magic) and innovative recor

プロフィール詳細へ

Philip Baileyに関連する商品・チケット情報

  • フィリップ・ベイリー来日記念! EW&Fデビュー40周年/デイヴィッド・フォスター&フレンズ公演出演を記念して、フィリップ・ベイリーのソロ3タイトルがBlu-Spec再発! ローチケHMV|2011年7月27日(水)

ソウル/ファンク に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品