CD 輸入盤

Live At The Queen Elizabeth Hall 1976

Phil Manzanera / 801 (フィルマンザネラ 801)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EXVP16CD
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Brian Eno(Composer),  Charles Hayward(Composer),  John Lennon(Composer),  John Lennon(Composer),  Paul McCartney(Composer),  Phil Manzanera(Composer)

商品説明

801 provided Roxy Music guitarist Phil Manzanera with one of his most intriguing side projects. Although the band only played three gigs in August and September 1976, this album captures a night when everything fell right into place musically. That should only be expected with names like Eno and Simon Phillips in the lineup. (Still, the lesser-known players -- bassist Bill MacCormick, keyboardist Francis Monkman, and slide guitarist Lloyd Watson -- are in exemplary form, too.) The repertoire is boldly diverse, opening with Lagrima, a crunchy solo guitar piece from Manzanera. Then the band undertakes a spacey but smoldering version of Tomorrow Never Knows; it's definitely among the cleverest of Beatles covers. Then it's on to crisp jazz-rock (East of Asteroid), atmospheric psych-pop (Rongwrong), and Eno's tape manipulation showcase, Sombre Reptiles. And that's only the first five songs. The rest of the gig is no less audacious, with no less than three Eno songs -- including a frenetic Baby's on Fire, Third Uncle, and Miss Shapiro's dense, syllable-packed verbal gymnastics. There's an unlikely cover of the Kinks' You Really Got Me, while Manzanera turns in another typically gutsy instrumental performance on Diamond Head. This album marks probably one of the last times that Eno rocked out in such an un-self-consciously fun fashion, but that's not the only reason to buy it: 801 Live, Rovi

収録曲   

  • 01. Lagrima
  • 02. TNK (Tomorrow Never Knows)
  • 03. East Of Asteroid
  • 04. Rong Wrong
  • 05. Sobre Reptiles
  • 06. Golden Hours
  • 07. Fat Lady Of Limbourg
  • 08. Baby's On Fire
  • 09. Diamond Head
  • 10. Miss Shapiro
  • 11. You Really Got Me
  • 12. Third Uncle

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
もう30年以上前の高校生のときでした。ロッ...

投稿日:2013/05/15 (水)

もう30年以上前の高校生のときでした。ロック好きの友人が自慢げにこのアルバムを聴かせてくれた。 センスのいいジャケットデザイン、これこそプログレと思った。演奏のほうもキレがよく、当時のブリティッシュロックにはない、ノリを感じた。 このアルバムを知っていることが、当時はプログレの通(ツウ)だった。 ロキシーよりも先にこのアルバムを聴いたものだからロキシーはプログレというイメージが出来上がってしまった。 まだ無名に近かったサイモン・フィリップスのプレーもすさまじく、後に超売れっ子のセッション・ドラマーになるのもうなずける。

30ラロッカ さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
最高のライブ盤です。オーバーダブ をして...

投稿日:2004/11/15 (月)

最高のライブ盤です。オーバーダブ をしてるかどうかは分かりませんが、『クールに生演奏してるなあ。』という雰囲気が伝わってきます。肝腎のリマスターは、とげとげしい音なので、私は以前の盤を愛聴してます。 『Third Uncle』がフェードアウトというのも減点。それにしても『Baby’s On Fire』のイーノのボーカルは凄い。一緒に歌いたい。

矢追好き さん |   | 不明

1
★
★
★
★
☆
ENOの2曲がボーナストラックで収録され、...

投稿日:2003/11/15 (土)

ENOの2曲がボーナストラックで収録され、全般に音質がぐっと向上しているのはいいけど何でラストのTHIRD UNCLEがFADE OUTになったんだろ。 こういうのがいちばん歯痒い。減点2!

Gon さん | 川崎 | 不明

2

おすすめの商品