この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD

Black Coffee

Peggy Lee (ペギーリー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCU5017
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

Peggy Lee left Capitol in 1952 for, among several other reasons, the label's refusal to let her record and release an exotic, tumultuous version of Lover. Lee was certainly no Mitch Miller songbird, content to loosen her gorgeous pipes on any piece of tripe foisted upon her; she was a superb songwriter with a knowledge of production and arrangement gained from work in big bands and from her husband, Dave Barbour (although the two weren't together at the time). The more open-minded Decca acquiesced to her demand, and watched its investment pay off quickly when the single became her biggest hit in years. Black Coffee was Lee's next major project. Encouraged by longtime Decca A&R Milt Gabler, she hired a small group including trumpeter Pete Candoli and pianist Jimmy Rowles (two of her favorite sidemen) to record an after-hours jazz project similar in intent and execution to Lee Wiley's Manhattan project of 1950, Night in Manhattan. While the title-track opener of Black Coffee soon separated itself from the LP -- to be taught forever after during the first period of any Torch Song 101 class -- the album doesn't keep to its concept very long; Lee is soon enough in a bouncy mood for I've Got You Under My Skin and very affectionate on Easy Living. (If there's a concept at work here, it's the vagaries of love.) Listeners should look instead to It Ain't Necessarily So or Gee, Baby, Ain't I Good to You? for more examples of Lee's quintessentially slow-burn sultriness. Aside from occasionally straying off-concept, however, Black Coffee is an excellent record, spotlighting Lee's ability to shine with every type of group and in any context. [When originally recorded and released in 1953, Black Coffee was an eight-song catalog of 78s. Three years later, Decca commissioned an LP expansion of the record, for which Lee recorded several more songs. The 2004 Verve edition is therefore a reissue of the 1956 12-song LP.] ~ John Bush, Rovi

内容詳細

'50年代中期の録音。デビュー→結婚→引退→カムバック→離婚とまあ波乱万丈の人生経験の後という時期にあたり、歌手としてもスケールアップしたところを聴かせてくれる。ジャズ歌手としての、彼女の魅力がつめこまれた作品だ。ペギーの最高傑作です。(康)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
1954年と56年の録音でペギー・リー円熟の最...

投稿日:2012/09/11 (火)

1954年と56年の録音でペギー・リー円熟の最高傑作とされる。54年の伴奏はピアノがジミー・ロウルズ、トランペットがピート・カンドリ、ベースがマックス・ウェイン、ドラムがエド・ショネシー、56年はヴァイブとハープが入るがクレジットは見当たらない。ペギー・リーは天性の歌声と美貌に加え、曲に表情をこめる巧さが特徴といえるので、ぜひとも歌詞を見ながら聴きたい。一時引退するも見事にカンバックし黄金時代を築き「ブラック・コーヒー」といったらまずこのアルバムというくらい超のつく有名盤だ。

青木高見 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
自宅で、コーヒタイムには絶対これ レコー...

投稿日:2010/03/26 (金)

自宅で、コーヒタイムには絶対これ レコードに、カートリッジを落とす、最高の気分。 急に英語が強くなった気がする。 甘いコーヒの香りが部屋中に漂う。 喫茶店でも、この曲を流してほしい

koto さん | 所在地 | 不明

0
★
★
★
★
★
昔、ジャズヴォーカルの名盤を3つあげると...

投稿日:2008/04/16 (水)

昔、ジャズヴォーカルの名盤を3つあげるとしたら、この「ブラック・コーヒー」とビリー・ホリデイのデッカ盤「LOVER MAN」そしてもう一枚はやはりペギー・リーの後期キャピトル時代の大傑作ライブ(実際には真のライブではなかったらしいが・・・)「BEAUTY & THE BEAT」だと言っていた音楽評論がいたが、それほど名盤中の名盤。もちろんペギー・リーの代表作だ。

ミスティー さん | 兵庫県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Peggy Lee

 名曲“ジョニー・ギター”の作曲者であり、ミルドレッド・ベイリー以来最高の白人ヴォーカリストと謳われたペギー・リーは、ベニー・グッドマン・バンドで人気を博したあとやがて独立。様々なプロジェクトにおけるペギーの「完ぺき主義」を考えると彼女が単なる一歌手ではなく、作詞作曲、プロデュースも含めた総合的な音楽芸術家であったことが解る。キャピトル時代にはエンターテイメントとしても評価の高い多くのアリウバムを

プロフィール詳細へ

ジャズヴォーカル に関連する商品情報

おすすめの商品