CD 輸入盤

There Goes Rhymin' Simon

Paul Simon (ポール・サイモン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
78900
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1973
フォーマット
:
CD
その他
:
スタジオレコーディング, リマスター,輸入盤
クレジット
:

Airto Moreira(Percussion),  Alexander Gafa(Guitar),  Barry Beckett(Keyboards),  Barry Beckett(Piano),  Bob Cranshaw(Bass),  Bob Cranshaw(Guitar (Bass)),  Bob James(Keyboards),  Bobby James(Keyboards),  Bobby Scott(Piano),  Carson Whitsett(Organ),  Carson Witsett(Organ),  Cornell Dupree(Guitar),  David Hood(Bass),  David Hood(Guitar (Bass)),  David Spinozza(Guitar),  Gordon Edwards(Bass),  Gordon Edwards(Guitar (Bass)),  Grady Tate(Drums),  James Straud(Drums),  Jerry Puckett(Guitar),  Jimmy Johnson(Guitar (Electric)),  Jimmy Johnson(Guitar (Electric)),  Maggie Roche(Vocals),  Paul Griffin(Piano),  Paul Simon(Guitar),  Paul Simon(Vocals),  Pete Carr(Guitar),  Pete Carr(Guitar (Electric)),  Rev. Claude Jeter(Vocals),  Richard Davis(Guitar (Bass)),  Rick Marotta(Drums),  Roger Hawkins(Drums),  Roger Hawkins(Percussion),  Terre Roche(Vocals),  Vernie Robbins(Bass),  Vernie Robbins(Guitar (Bass)),  Barry Beckett(Vibraphone),  Bob Cranshaw(Bass (Electric)),  Don Elliott(Vibraphone),  Maggie Roche(Vocals (Background)),  Onward Brass Band(Horn),  Rev. Claude Jeter(Vocals (Background)),  Richard Davis(Bass (Acoustic)),  Terre Roche(Vocals (Background)),  Dixie Hummingbirds(Vocals (Background)),  Rev. Claude Jeter(Falsetto),  Gerald Stephenson(Engineer),  Jerry Masters(Engineer),  Paul Samwell-smith(Producer),  Paul Simon(Producer),  Phil Ramone(Engineer),  Phil Ramone(Producer),  Roger Quested(Engineer),  Roy Halee(Engineer),  Roy Halee(Producer),  Allen Toussaint(Horn Arrangements),  Bill Inglot(Remastering),  Dan Hersch(Remastering),  Del Newman(String Arrangements),  Greg Allen(Design),  Milton Glaser(Cover Design),  Paul Simon(Composer),  Quincy Jones(String Arrangements),  Richie Blakin(Assistant Engineer),  April Milek(Project Assistant),  Brian Kehew(Project Assistant),  Cory Frye(Project Assistant),  Ginger Dettman(Project Assistant),  Hugh Brown(Project Assistant),  Joey Helguera(Project Assistant),  John Strother(Project Assistant),  Karen LeBlanc(Project Assistant),  Marc Salata(Project Assistant),  Mark McKenna(Project Assistant),  Mike Engstrom(Project Assistant),  Paul Samwell-smith(Assistant),  Randy Perry(Project Assistant),  Steve Woolard(Project Assistant),  Steven Chean(Project Assistant),  Tim Scanlin(Project Assistant),  Vanessa Atkins(Project Assistant),  Bill Inglot(Reissue Supervisor),  David McLees(Reissue Supervisor),  Gerald Stephenson(Audio Engineer),  Greg Allen(Reissue Art Director),  Jerry Masters(Audio Engineer),  Jerry Masters(Engineering Supervisor),  Jerry Masters(Supervising Engineer),  Muscle Shoals Horns(Audio Production),  Paul Samwell-smith(Audio Production),  Paul Simon(Audio Production),  Phil Ramone(Audio Engineer),  Phil Ramone(Audio Production),  Phil Ramone(Engineering Supervisor),  Phil Ramone(Supervising Engineer),  Robin Hurley(Reissue Supervisor),  Roger Quested(Audio Engineer),  Roy Halee(Audio Production),  Dixie Hummingbirds(Vocal Group)

商品説明

サイモン&ガーファンクル時代からキャリアを築き、アメリカを代表するソングライターといえる地点まで登りつめたポール・サイモンの1973年度作品で人気作『ひとりごと』。音楽的な話題はアルバムの半数の曲がアラバマ州マッスル・ショールズのミュージシャンを起用していること。ソウル/R&B系に関わりの深いミュージシャン達だが、ここでのポール・サイモンはソウル系とはやや異なるゴスペル、オールド・ジャズ系の感触にトライしている。

●ボーナス・トラック収録&リマスター仕様

収録曲   

  • 01. Kodachrome
  • 02. Tenderness
  • 03. Take Me To The Mardi Gras
  • 04. Something So Right
  • 05. One Man's Ceiling Is Another Man's Floor
  • 06. American Tune
  • 07. Was A Sunny Day
  • 08. Learn How To Fall
  • 09. St. Judy's Comet
  • 10. Loves Me Like A Rock

Bonus Track

  • 11. Let Me Live In Your City (Work In Progress) (Previously Unreleased)
  • 12. Take Me To The Mardi Gras (Acoustic Demo)
  • 13. American Tune (Unfinished Demo)
  • 14. Loves Me Like A Rock (Acoustic Demo)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
☆
☆
☆
☆
☆
十代の頃、ジャケットが気に入って買ったな...

投稿日:2009/04/24 (金)

十代の頃、ジャケットが気に入って買ったな〜!その頃はまだニューオリンズビートとか分からなかったけどこのアルバム聴いてディキシーハミングバーズのハーモニーにびっくり!私の、ニューオリンズへの道筋は、此処から始まったんです。マッスルショールズのミュージシャンも良い仕事してます。

shurunkenheads さん | AUSTRALIA | 不明

0
★
★
★
★
★
中学生の頃に聞いてたときは、M1やM6く...

投稿日:2007/11/14 (水)

中学生の頃に聞いてたときは、M1やM6くらいしか良さが分からなくて。他は、なんだかへんてこりんな音楽でイマイチだなと不満してました。ガキには分からないよね、この良さは。ゴスペルの味わい深さや各楽器の絶妙なバランスの上で歌われる各曲は実に心地よいです。名盤ですね。

さいもん さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
前作(ポール・サイモン)とはかなりイメー...

投稿日:2007/04/09 (月)

前作(ポール・サイモン)とはかなりイメージが違う。ブルースやゴスペルにルーツをもつアラバマ州の田舎町のマッスル・ショウルズでのセッションから、ポールの歌唱が上手くマッチしている。ブラス・セクションを使用したり、レゲエのリズムを取り入れたりと、当時からポールは目立たないが、かなり音楽性を先取りしている。またポール自身のプロデュースのセンスはあの鬼才トッド・ラングレンを初め数々のミュージシャンに定評がある。そしてこのアルバムから(コダクローム)が放送禁止になったり、アルバムから5曲もシングル・カットするなど、意見はあったがアルバム、シングルと大ヒットになっている。

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Paul Simon

ポール・サイモンの歌声は、まろやかながら、特に高音を張ったところなどでは、時に壊れそうな線の細さがあり、本当に何ともいえない味わいを持っている。勿論、その小さな体躯から必然的に出てくる声なのだろうけれど、原因―結果という因果関係ではないが、反対にあの声が彼のキャラクターを決定づけているようにも思えてしまう。

プロフィール詳細へ

Paul Simonに関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品