CD 輸入盤

Chaos And Creation In The Backyard

Paul McCartney (ポール・マッカートニー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
38759
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
DVD付き, 限定盤,輸入盤
クレジット
:

Abe Laboriel, Jr.(Percussion),  Brian Ray(Guitar (Acoustic)),  James Gadson(Drums),  Jason Falkner(Guitar (Classical)),  Jason Falkner(Guitar (Electric)),  Paul McCartney(Drums),  Paul McCartney(Guitar (12 String)),  Paul McCartney(Guitar (Acoustic)),  Paul McCartney(Guitar (Bass)),  Paul McCartney(Guitar (Classical)),  Paul McCartney(Guitar (Electric)),  Paul McCartney(Percussion),  Paul McCartney(Piano (Electric)),  Paul McCartney(Piano (Grand)),  Paul McCartney(Vocals),  Rusty Anderson(Guitar (Acoustic)),  Abe Laboriel, Jr.(Tambourine),  Joey Waronker(Bongos),  Joey Waronker(Drums (Bass)),  Los Angeles Music Players(Strings),  Millenia Ensemble(Brass),  Millenia Ensemble(Strings),  Paul McCartney(Cello),  Paul McCartney(Cymbals),  Paul McCartney(Flugelhorn),  Paul McCartney(Melodica),  Paul McCartney(Organ (Hammond)),  Paul McCartney(Recorder),  Paul McCartney(Tambourine),  Joey Waronker(Shaker),  Paul McCartney(Autoharp),  Paul McCartney(Harmonium),  Paul McCartney(Maracas),  Paul McCartney(Moog Synthesizer),  Paul McCartney(Shaker),  Paul McCartney(Triangle),  Abe Laboriel, Jr.(Blocks),  Nigel Godrich(Guitar Loops),  Paul McCartney(Blocks),  Paul McCartney(Floor Tom),  Paul McCartney(Guitar Loops),  Paul McCartney(Paiste Gong),  Paul McCartney(Piano (Upright)),  Paul McCartney(Spinet),  Paul McCartney(Tubular Bells),  Paul McCartney(Vibrachime),  Pedro Eustache(Duduk),  Darrell Thorp(Engineer),  David Campbell(Arranger),  James Chads(Producer),  Joby Talbot(Arranger),  Nigel Godrich(Producer),  Alan Yoshida(Mastering),  Bill Bernstein(Photography),  Joby Talbot(Conductor),  Mike Mccartney(Cover Photo),  Paul McCartney(Art Direction),  Paul McCartney(Composer),  Paul McCartney(Executive Producer),  Simon Hilton(Editing),  Dan Grech-Marguerat(Production Assistant),  Simon Hilton(Direction)

商品説明

「Live 8」への出演、モスクワ「赤の広場」で行われた10万人規模のコンサートの模様を収録したDVD『Live In Red Square』のリリース、マッシュ・アップの雄、フリーランス・ヘルレイザーによる公式ブートレグ・リミックス『Twin Freaks』のリリースなどで話題を集めたポール・マッカートニーの4年振りとなるスタジオ録音アルバム!なんとプロデューサーにはレディオヘッドやベック、トラヴィスなどナイーヴでデリケートなオルタナティヴ・サウンドを創らせたら当代随一と謳われるナイジェル・ゴドリッチを起用。ポールとの共同プロデュースという形をとっているようです。 サウンド的にはビートルズ・サウンドに立ち返ったような作風との情報で、ベーシックな楽器のレコーディングもほぼPaul独りの演奏で行われた様子。ポール独りだけの演奏...というと思い出さずにいられないのは70年発表のソロ第1作目『Mccartney』。ひょっとしたら同作のような元祖宅録オルタナ・ポップ的作品が出来上がっているのかもしれませんね。こちらは未発表曲、レコーディング風景、インタビューなどの映像を収録したDVDが付く限定盤です。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Fine Line (03:05)
  • 02. How Kind of You (04:47)
  • 03. Jenny Wren (03:46)
  • 04. At the Mercy (02:37)
  • 05. Friends to Go (02:43)
  • 06. English Tea (02:12)
  • 07. Too Much Rain (03:24)
  • 08. Certain Softness (02:41)
  • 09. Riding to Vanity Fair (05:06)
  • 10. Follow Me (02:31)
  • 11. Promise to You Girl (03:09)
  • 12. This Never Happened Before (03:24)
  • 13. Anyway (07:22)

ディスク   2

  • 01. Fine Line [DVD]
  • 02. Bonus Material [DVD]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
55
★
★
★
★
☆
 
11
★
★
★
☆
☆
 
5
★
★
☆
☆
☆
 
6
★
☆
☆
☆
☆
 
3
★
★
★
★
☆
減点回帰というか、ビートルズ時代のような...

投稿日:2011/06/18 (土)

減点回帰というか、ビートルズ時代のような曲も数曲あってファンにはうれしい、そして耳に優しい作品。 ポップな1曲で始まったかと思ったら、イギリス紳士のような上品な感じの曲までなかなか上質の1枚です。

りゅう さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
減点回帰というか、ビートルズ時代のような...

投稿日:2011/06/18 (土)

減点回帰というか、ビートルズ時代のような曲も数曲あってファンにはうれしい、そして耳に優しい作品。 ポップな1曲で始まったかと思ったら、イギリス紳士のような上品な感じの曲までなかなか上質の1枚です。

りゅう さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
最初の印象は、『やや、難しめのクラシック...

投稿日:2008/12/04 (木)

最初の印象は、『やや、難しめのクラシック』って感じでした。病んでいて、不安定で・・・、でも、最後には安らぎを感じさせてくれる・・・。これは、ミュージシャンというより音楽家 Paul McCartney を実感させてくれた作品です。プロデュースを担当した若手ナイジェル・ゴッドリッチもただもんじゃぁないですな。バンドアンサンブルより1人多重録音がまたアルバムにそんな独特の雰囲気を作った気がします。

Shinzy さん | 信州の館 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Paul McCartney

ポール・マッカートニーを形容する言葉としてぴったりくるものは何だろう?元ビートルズ。親しみ易く普遍的なスタンダード・ナンバーを幾つも作った稀代のメロディ・メイカー。あるいは無類のロックンロール好き。英国出身のミュージシャン中でも最高峰のセレブリティ(サーの称号すら持つ)…いやいずれも当たりではあるのだが、どこか物足りない気がする…

プロフィール詳細へ

Paul McCartneyに関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品