CD 輸入盤

East West

Paul Butterfield Blues Band (ポール・バターフィールド・ブルース・バンド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2.7315
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1966
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Billy Davenport(Drums),  Elvin Bishop(Guitar),  Elvin Bishop(Vocals),  Jerome Arnold(Bass),  Mark Naftalin(Keyboards),  Mark Naftalin(Organ),  Mark Naftalin(Piano),  Mike Bloomfield(Guitar),  Michael Bloomfield(Guitar),  Michael Bloomfield(Guitar),  Nick Gravenites(Organ),  Nick Gravenites(Piano),  Paul Butterfield(Vocals),  Paul Butterfield(Harmonica),  Barry Friedman(Producer),  Mark Abramson(Producer),  Paul Rothchild(Producer),  Allen Toussaint(Composer),  Bruce Botnick(Mastering),  Davis(Composer),  Michael Nesmith(Composer),  Muddy Waters(Composer),  Nat Adderley, Jr.(Composer),  Paul Nelson(Liner Notes),  Paul Rothchild(Mastering),  Public Domain(Composer),  Robert Johnson(Composer),  Blues Band(Performer),  Paul Butterfield Blues Band(Performer),  Traditional(Composer),  William S. Harvey(Design),  William S. Harvey(Photography),  Jac Holzman(Production Supervisor)

商品説明

米ブルース・ロックの先駆的グループ、ポール・バターフィールド・ブルース・バンドの1966年発表の2作目で代表作ともいわれるアルバム。ポール・バターフィールドが目指したモダン・ブルースを基調にした音楽性が、マイク・ブルームフィールド、エルヴィン・ビショップという名ギタリスト二人を得て(エルヴィン・ビショップは本作で参加)、のびのびと展開される作品となった。70年代のウッドストック録音の名作『ベターデイズ』(バンド名もベターデイズ)や、ヒップホップ以降のDJネタとして有名な曲が入った『プット・イット・イン・ユア・イヤー』もぜひ。

収録曲   

  • 01. Walkin' Blues
  • 02. Get Out Of My Life, Woman
  • 03. I Got A Mind To Give Up Living
  • 04. All These Blues
  • 05. Work Song
  • 06. Mary, Mary
  • 07. Two Trains Running
  • 08. Never Say No
  • 09. East-West

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これは名盤でしょう。当時、東のクラプトン...

投稿日:2012/12/24 (月)

これは名盤でしょう。当時、東のクラプトン、西のマイクブルームフィールドと言われた。初めて聴いたのが、高校生の時だったかな?強い衝撃を受けたのを覚えてる。マイクはボブディランに見出され、その後、アルクーパーとスーパーセッションをやるなど、名演奏を多く残している。このアルバムのギターはなかなかの聴きものですよ。是非聴いてみて!

pekopapa さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
 本当の名盤というのは、このアルバムみた...

投稿日:2008/01/25 (金)

 本当の名盤というのは、このアルバムみたいなものを指すのでは。  ポールとマイクとエルヴィンがちょうど良いバランスだった時をアルバムにした感じがします。  白人ブルースバンドと言われますが、そんな白人なんていう冠なんて要りません。ロックとブルースにまたがる名盤です。

よっしー さん | YOKOHAMA | 不明

4
★
★
★
★
☆
EAST-WEST LIVE!・・・これは、かの名盤「E...

投稿日:2007/11/06 (火)

EAST-WEST LIVE!・・・これは、かの名盤「EAST-WEST」最後の同名曲のライブが3つはいっている。(1)at the Whisky A Go-Go,Hollywood,1966年冬,12:37(2)at Poor Richards,Chicago,1966年春,15:55(3)at the Golden Bear,Hunington Beach,California,1967年冬,28:06 です。録音状態は期待しないこと。でも聴けないほどではありません。個人的には買って正解のCD。

アラン・クーパー さん | Chiba | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Paul Butterfield Blues Band

With a style honed in the gritty blues bars of Chicago's south side, the Butterfield Blues Band was instrumental in bringing the sound of authentic Chicago blues to a young white audience in the mid-'60s, and although the band wasn't a particularly huge commercial success, its influence has been enduring and pervasive. The band was formed when singer and harmonica player Paul Butterfield met guita

プロフィール詳細へ

Paul Butterfield Blues Bandに関連する商品情報

おすすめの商品