CD 輸入盤

Patricia Kaas

Patricia Kaas (パトリシアカース)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
RWELS004
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
France
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

華麗さと力強い歌声で世界を魅了するフランスを代表する女性歌手、パトリシア・カースの待望のニュー・アルバム!!
オリジナル楽曲収録アルバムとしては、実に13年振りとなる作品!!!

★ 1987 年のデビュー作『mademoiselle chante...』以来、常にシーンのトップを走り続ける、現代フランスを代表する女性歌手、パトリシア・カースのニュー・アルバム!スタジオ・アルバムとしては、前作『カース・シャントゥ・ピアフ』(KKP-1027) 以来、4 年振り。オリジナル楽曲のアルバムとしては、『Sexe Forte』(2003)以来、実に13 年振りとなる。
★今回、プロデュースを担当するのは、UK 出身の話題の男性シンガー、Benjamin Clementine のデビュー・アルバムを手掛けたJonathan Quarmbyと、エイミー・ワインハウスのプロデュース等も手掛けた、Fink ( フィンク)の名で知られるアーティスト、Fin Greenall という興味深い布陣。楽曲作家陣も初起用のメンバーばかりという、気合の入ったもの。アメリカーナ的なものから、ジャズ、ソウル、ゴスペル等々様々なスタイルの楽曲を味わうことができる内容となっている。
★そして、世界ツアーも含め、大成功した『カース・シャントゥ・ピアフ』以降、アーティストとして更なる高みへと上り詰めたパトリシア・カースの多彩な才能と、自信に溢れる力強い歌声による、ドラマティックで、格調高きポップ・ソングの数々に、今回もノックアウトされることでしょう。

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Adele
  • 02. Cogne
  • 03. Madame Tout Le Monde
  • 04. Sans Tes Mains
  • 05. La Maison En Bord De Mer
  • 06. Embrasse
  • 07. Marre De Mon Amant
  • 08. Sans Nous
  • 09. Ne N’oublie Jamais
  • 10. Le Jour Et L’heure
  • 11. La Langue Que Je Parle
  • 12. Ma Meteo Personelle
  • 13. Ma Tristesse Est N’importe Ou

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Patricia Kaas

Chanteuse Patricia Kaas was born in France's Lorraine region, where she began performing as a youth; by age 11, she even held a residency at the Rumpelkammer Club in Sarrebrucken, Germany, over time honing a distinct style updating the French chanson tradition with elements of pop, blues and jazz. Scoring her first national hit in 1987 with Mademoiselle Chante le Blues, Kaas was named Female Newco

プロフィール詳細へ

Patricia Kaasに関連する商品・チケット情報

  • パトリシア・カース、待望のニューアルバム フランスを代表する女性歌手パトリシア・カース。オリジナル楽曲のアルバムとしては13年ぶりとなる新作を発表。デラックスエディションも同時発売 ローチケHMV|2016年11月9日(水)

ヨーロッパ に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品