この商品に関連するタグ

もっと見る +

DVD

Way Up Tour: Live In Korea

Pat Metheny (パット・メセニー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VABG1216
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
DVD
その他
:
ライブ盤, Squeez

商品説明

アルバム『The Way Up』の2005年のワールド・ツアーでの韓国公演をパット本人が編集したライヴDVD。壮大なスケールを放ったアルバム楽曲を最上のクオリティーをもって再現した必見の映像!
パット・メセニーのギター・プレイももちろんだが、メンバー達が次々に楽器をかえて繊細に表現していく圧巻のステージングには、ただただ見入ってしまい、あの日本公演の感動が再度蘇る。
加えて、ボーナス映像として収録された約22分に及ぶメセニーへのインタビューではアルバム制作秘話を語る。

パット・メセニー (g, syn)
ライル・メイズ (p, key)
スティーヴ・ロドビー (b, cello)
アントニオ・サンチェス (ds)
クオン・ヴー (trumpet, vo)
グレゴリー・マレット (harmonica)
ナンド・ローリア(g,vo)

◆詳細ページはこちらから

収録曲   

  • 01. Opening
  • 02. Part One
  • 03. Part Two
  • 04. Part Three

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
購入してから、5回ほど観ているのだが、や...

投稿日:2010/07/24 (土)

購入してから、5回ほど観ているのだが、やっと冷静に観ることができるようになった。 購入する前は、”どうせ同期モノバリバリだよなぁ”と思っていたのですよ。 スミマセン。私が間違っておりました。 とにかくすごい。もう完全に人間マルチティンバー状態。 最後のAntonio SanchezがBassを首から下げたまま、Drumを叩き出すに至っては はっきり言って笑うしか有りません。 皆さんが弾いているギターが、往年のPat Guitar Collection展示会になってるのも 昔からのPatファンにはたまらないところ。でも、みんな専門外の楽器なのに結構巧い。 Cuong Vuのピックによるギターアルペジオなんかは真似したいほどのキレイなフォーム。 ただ、冷静に注意深く観ると、結構編集しているような気もする。 シールドがストラップに掛かったり、そのまま垂れたり、 急にCuongとGregoireが消えたカットが有ったり、、、 あと、撮影の解像度が上がったり下がったり、、、 まぁ録画の日付がないのはそういう意味なのでしょう。 それで、このDVDの価値が下がるというものではありませんが。 最後に、全く関係ないのだが、Nando Lauriaは顔付、表情、仕草、 全てがプロレスラーのSteve Williamsに似ている。 個人的にとてもうれしい。いや、別にどうでも良いんですけど、、

Bakarasche さん | 神奈川県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Pat Metheny

 自己の研鑚を深めたパットは父の意見に従ってバークリー音楽院を断念、マイアミ大学に経済先行で入学、しかし、ここにはパットの運命を決めたジャコ・パストリアスがいた。ジャコをはじめ時代を動かす人材に早い時期に出会い、パットの才能は一気に開花した。ジャンルを超えた音楽性と若い時代に聴いた音楽を次第に自己のものとしながらパットはギターの可能性を極限まで広げ、ジャズの現代性を常に内包する音楽で聴く者に夢を与

プロフィール詳細へ

Pat Methenyに関連する商品・チケット情報

フュージョン に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド