CD 輸入盤

P-funk Earth Tour

Parliament (パーラメント)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8349412
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1977
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

Bernie Worrell(Keyboards),  Bernie Worrell(Synthesizer),  Bootsy Collins(Bass),  Calvin Simon(Vocals),  Clarence "Fuzzy" Haskins(Vocals),  Cordell Mosson(Bass),  Dawn Silva(Vocals),  Debbie Wright(Vocals),  Eddie Hazel(Guitar),  Garry Shider(Guitar),  Garry Shider(Vocals),  Gary "Mudbone" Cooper(Vocals),  George Clinton(Vocals),  Glen Goins(Guitar),  Glen Goins(Vocals),  Grady Thomas(Vocals),  Jeanette "Baby" Washington(Vocals),  Jerome Brailey(Drums),  Jerome Brailey(Percussion),  Lynn Mabry(Vocals),  Michael Hampton(Guitar),  Raymond Davis(Vocals),  Dawn Silva(Vocals (Background)),  Fred Wesley(Horn),  Gary "Mudbone" Cooper(Vocals (Background)),  Lynn Mabry(Vocals (Background)),  Maceo Parker(Horn),  Richard "Kush" Griffith(Horn),  Rick Gardner(Horn),  Bootsy Collins(Arranger),  George Clinton(Arranger),  George Clinton(Producer),  Jim Callon(Engineer),  Allen Zentz(Mastering),  Bernie Worrell(Composer),  Bernie Worrell(Horn Arrangements),  Bootsy Collins(Composer),  Chris Whorf(Art Direction),  Chris Whorf(Design),  Diem Jones(Photography),  Fred Wesley(Horn Arrangements),  Garry Shider(Composer),  George Clinton(Composer),  Jerome Brailey(Composer),  Jim Callon(Remixing),  Robert Marklewitz(Photography),  Mark Holmes(Clothing/Wardrobe),  Mark Holmes(Make-Up),  Debbie Wright,  Parliament

商品説明

海原のごとくあるP-Funk関連作で一体何から手をつけていいのか途方に暮れてしまっている貴方、まずはこの「P-funk Earth Tour」から聴いてみてはいかがだろうか。76年の「Mothership Connection」からスタートした壮大なファンク・オペラ、『ドクター・ファンケンシュタインとスターチャイルドの冒険』をステージ上で披露したのが本作。メンバーはバーニー・ウォーレル(key)、マイケル・ハンプトン(g)、ジェローム“ドゥ・ザット・スタッフ”ブレイリー(ds)、グレン・ゴーインズ(vo)の最強布陣。特に"P Funk(Wantes To Get Funked Up)"や"Dr Funkenstein"の凄まじさはどうだ!そして異常とも思えるほど熱狂した観客のノリ!!黒くウネるグルーヴの下、クリントンが降臨!

収録曲   

  • 01. P-Funk (Wants to Get Funked up)
  • 02. Dr. Funkentein's Supergroovalisticprosifunkstication Medley: Let's Take It To The Stage / Take Your Dead Ass Home (Say Som'n Nasty)
  • 03. Do That Stuff
  • 04. Landing, The (Of the Holy Mothership)
  • 05. Undisco Kidd, The (The Girl Is Bad!)
  • 06. Children of Productions
  • 07. Mothership Connection (Star Child)
  • 08. Swing Down, Sweet Chariot
  • 09. This Is the Way We Funk With You
  • 10. Dr. Funkenstein
  • 11. Gamin' on Ya!
  • 12. Tear the Roof Off the Sucker Medley: Give Up The Funk (Tear The Roof Off The Sucker) / Get Off Your Ass And Jam
  • 13. Night of the Thumpasorus People

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
黒人vs支配者。それを解りやすくスペースオペラ...

投稿日:2006/10/19 (木)

黒人vs支配者。それを解りやすくスペースオペラにした音楽がP-FUNK!現在はレッチリにいわれたロックファンに受ける為のスタイルー単純なタテノリーに変えているが、この当時の黒人の為のグルーヴの方が、凄まじい

ペパーミント さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
ステージも観客も空気もパッケージしたファンクといっ...

投稿日:2006/06/07 (水)

ステージも観客も空気もパッケージしたファンクといったらこれ。この集団性は、もう誰にも止められない宇宙を創る。何にしても人の力が創造する。形骸化したジャンルとしての音楽ではなく生きる源して鳴り続けるこの音楽は突き動かす力になる。

暗黒舞踏おっさん さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
JB’sのオヤジむさい暴走ノリに鼻白む俺...

投稿日:2006/04/09 (日)

JB’sのオヤジむさい暴走ノリに鼻白む俺もこの宇宙船なら喜んで拉致される。

ビースト さん | オクトパス | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Parliament

「ファンクが地球を救う」を合言葉にPファンク軍団が織り成すスペース・オペラは音楽シーンに強烈な印象と衝撃を与えた。Clintonによると Parliamentは 整ったアレンジがされて考え抜かれたファンク、常に引き合いにだされるFunkadelicはギター・バンドでフィーリングに頼った感覚的なバンドということらしい。この2つのグループは重要なアーティストを数多く輩出している。Bootsy Co

プロフィール詳細へ

ソウル/ファンク に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品