CD 輸入盤

Mothership Connection

Parliament (パーラメント)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
077032
組み枚数
:
2
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター,輸入盤
クレジット
:

Bernie Worrell(Keyboards),  Bernie Worrell(Synthesizer),  Bootsy Collins(Bass),  Bootsy Collins(Drums),  Bootsy Collins(Guitar),  Bootsy Collins(Percussion),  Bootsy Collins(Vocals),  Calvin Simon(Vocals),  Clarence "Fuzzy" Haskins(Vocals),  Cordell Mosson(Bass),  Garry Shider(Guitar),  Garry Shider(Vocals),  Gary Cooper(Drums),  Gary Cooper(Percussion),  George Clinton(Vocals),  Glen Goins(Guitar),  Glen Goins(Vocals),  Grady Thomas(Vocals),  Michael Hampton(Guitar),  Raymond Davis(Vocals),  Archie Ivy(Handclapping),  Archie Ivy(Voices),  Bryan Chimenti(Handclapping),  Bryan Chimenti(Voices),  Debbie Edwards(Handclapping),  Debbie Edwards(Voices),  Deborah Wright(Handclapping),  Deborah Wright(Voices),  Fred Wesley(Horn),  Gary Cooper(Handclapping),  Gary Cooper(Voices),  Jim Vitti(Sound Effects),  Joe Farrell(Horn),  Maceo Parker(Horn),  Michael Brecker(Horn),  Pamela Vincent(Handclapping),  Pamela Vincent(Voices),  Randy Brecker(Horn),  Reginald Rasputin Boutte(Handclapping),  Reginald Rasputin Boutte(Voices),  Sidney Barnes(Handclapping),  Sidney Barnes(Voices),  Taka Khan(Handclapping),  Taka Khan(Voices),  George Clinton(Producer),  B. Collins(Composer),  Bernie Worrell(Composer),  Bernie Worrell(Horn Arrangements),  Bootsy Collins(Composer),  Bootsy Collins(Rhythm Arrangements),  David Alexander(Photography),  Fred Wesley(Horn Arrangements),  Garry Shider(Composer),  Gary Snider(Composer),  George Clinton(Composer),  George Clinton(Rhythm Arrangements),  Glen Goins(Composer),  Gribbitt!(Art Direction),  Gribbitt!(Design),  Jerome Brailey(Composer),  John Mclaughlin(Composer),  Monique McGuffin(Production Coordination),  Tom Vickers(Liner Notes),  George Clinton(Concept),  Mathieu Bitton(Reissue Design),  Ryan Null(Photo Research),  Suha Gur(Digital Remastering),  Harry Weinger(Reissue Supervisor)

商品説明

'76年のパーラメント名義の4作目。Pファンク軍団率いるジョージ・クリントンの完璧なコンセプトのもと、ドクター・ファンケンシュタインとサー・ノウズ・ドゥ・ヴォイド・オブ・ファンクの対決を描いたスペース・オペラ的大傑作!!Pファンクという言葉が初めてついた1曲目"P. Funk (Wants To Get Funked Up)"はジョージ・クリントンによるファンク宣言で幕開けだ。後に多くのアーティストがカヴァーした名曲"Give Up The Funk (Tear The Roof Off The Sucker)"収録。

収録曲   

  • 01. P-Funk (Wants to Get Funked Up)
  • 02. Mothership Connection (Star Child)
  • 03. Unfunky UFO
  • 04. Supergroovalisticprosifunkstication
  • 05. Handcuffs
  • 06. Tear the Roof off the Sucker (Give up the Funk)
  • 07. Night of the Thumpasorus Peoples
  • 08. Star Child (Mothership Connection) (Promo Radio Version) (Bonus Track)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ジャケットのイメージのまんまのファンクで...

投稿日:2012/10/08 (月)

ジャケットのイメージのまんまのファンクです。超アップ系の音楽ですね。自然と体が動いてしまいます。ベースがズブズブ凄い音出しています。ファンクの大名盤の一枚。必携。

あおQ さん | 福岡県 | 不明

1
★
★
★
★
★
JBと違うのは、サウンドもそうなんだろうけ...

投稿日:2008/07/06 (日)

JBと違うのは、サウンドもそうなんだろうけど、コーラスでメロディを作ってる!歌声も楽器にしているところが違うと気付いた。その後のトーク・ボックスのロジャーしかり、ネイト・ドッグ、最近だとエイコン。サウンド以外でも、メロディを作れる要素があるね。だからああいうアーティストの曲は、どんなビートでもメロウに仕上がるんだと思った。

S.A.Boy さん | 和歌山 | 不明

1
★
★
★
★
★
初めて聴いた時、自分が頭に描いていたファ...

投稿日:2008/01/27 (日)

初めて聴いた時、自分が頭に描いていたファンク像と見事に合致していて驚いた。JB、スライでもなく、この胡散臭いおっさんだったんだ。。。

べーとーべん さん | ? | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Parliament

「ファンクが地球を救う」を合言葉にPファンク軍団が織り成すスペース・オペラは音楽シーンに強烈な印象と衝撃を与えた。Clintonによると Parliamentは 整ったアレンジがされて考え抜かれたファンク、常に引き合いにだされるFunkadelicはギター・バンドでフィーリングに頼った感覚的なバンドということらしい。この2つのグループは重要なアーティストを数多く輩出している。Bootsy Co

プロフィール詳細へ

ソウル/ファンク に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品