この商品の関連特集

この商品に関連するタグ

CDシングル

Friday.EP

Pablo

基本情報

カタログNo
:
PTECD1
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CDシングル

商品説明

Rockを基盤としたHip-Hop、Reggae、Jazz、Funk、Popsの融合。これぞ、新しい大人音楽。

東京UrbanRockSoundStyleを提唱するクリエイティブバンドPabloの自主レーベル「Pablo Tokyo Entertainment」設立後初のマキシシングルをリリース!

M1:かねてからライブで演奏しファンの間で好評だった「LADY」を待望の音源収録。クラビネットのループが癖になるPablo的踊れるバンドサウンドを追求した作品。「Friday」今作のタイトル曲

M2:金曜日の夜の魔力を讃え平日を頑張る人たちへのPablo的応援歌。フェンダーローズの優しい音色と相反する重たい歪ギターが共存する、Pabloが提唱する「東京UrbanRockSoundStyle」真骨頂ともいうべき作品。

M3:1stAlbum「maMatokyo」のリード曲「aiwana」をセルフプロデュースでリレコーディング。ライブで大合唱を生むPabloの代表曲。

【Pablo(パブロ)】
東京で生まれた感情の光と影を独自の観点で表現する。常に「血の通った音楽」を追求し続け、人間臭く愛に満ちたライブスタイルは音楽好き・ライブハウスやクラブ・フェス好きのみならず、様々な分野からの支持を増やし続けている。Rockを基盤にHip-Hop、Reggae、Jazz、Funk、Pops等、様々な音楽的要素に日本人としてのバックボーンを反映させた独自のサウンド、緩やかで時に荒々しく泳ぐブルージーかつメロディアスな言葉の数々。また、観る者の心を躍動させる一種独特なライブパフォーマンスは既存のロックバンドの概念をいとも簡単に覆し、都内外各所様々なジャンルのイベントで称賛を得ている。代表曲の一つ「aiwana」は数々のライブ会場でフロアの大合唱を生む等、現場で表現することに最大の意味を持ちフロアと共に進化を続ける生粋のライブバンドである。2008年秋、自主制作盤1stDemo「HumanRhythm_aiwana」を製作。ライブ会場限定販売開始僅かで500枚を完売。2010年11月24日、1stAlbum「maMatokyo」をF.C.Rより発表。全国CDショップ発売と共にiTunes Store、music.jpなども同時配信開始。多目的型フリーパーティ「pablounge」at.渋谷UNDER DEER Lounge主催。(偶数月第三水曜日開催)Webマガジン「pablotokyo.yom=読むPablo」を企画・運営。2012年春、待望の2ndEP「Friday.EP」をリリース予定。

収録曲   

  • 01. LADY
  • 02. Friday
  • 03. aiwana(pure Pablo Ver.)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

インディーズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品