CD

SAD COMMUNICATION

POLTA

基本情報

カタログNo
:
HFCD020
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

2008年に結成。2010年、尾苗愛(ex.禁断の多数決(Vo.)、ROCKET K(Gt.))がサポートメンバーだったふくだを正式メンバーに迎え、現在2人編成のPOLTA、東京を中心に活動中。それぞれが作詞・作曲を担当し、スクールカースト最下層の人たちの人生を思い出までひっくるめて労う音楽を日々作成している。
尾苗の透き通ったボーカルと、2人がそれぞれ作るPOPで耳に残るサウンド、等身大の日常を綴った歌詞にCDリリースをしていないにもかかわらず、You Tubeにアップした「遠くへ行きたい」は口コミで拡散され、5万回再生を超えた。日々数字を更新中。
ライブは都内を中心にイベント・フェスで活動する中、スイスで開催された「JapAniManga Night」でメインアクトを務め、その実力を発揮している。
また、収録曲「遠くへ行きたい」の別バージョンはNHK Eテレ ココロ部のオープニングテーマとして2015年4月よりOA中。
今回MIXエンジニアに柏井日向さんを迎え、さらにPOLTAのPOPSを余す事なく発揮した作品となった。

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ふと耳にした「ロマンス」という名曲。 ...

投稿日:2015/09/28 (月)

ふと耳にした「ロマンス」という名曲。 メロの柔らかなポップさからサビでパーッと開ける爽快なポップさへの最高の展開。 アウトロでキメるバンドサウンドのインパクトも強く、聴き終えてもしばらく頭から離れない。 時間にして3分ちょっとの曲だが、その間に与えた衝撃は半端なかった。 その名曲に誘われるようにアルバム「SAD COMMMUNICATION」を聴いたら、更に衝撃を受けた。 一曲目「遠くへ行きたい」のポップさと歌謡曲テイストが絶妙に絡み合う名曲に魅了され、「みそじれーしょん」の独特な言葉が印象に残りつつも自然と伝わる詩の内容に惹かれたかと思えば、上述の「ロマンス」がポップな方向に一気に弾けさせる。 「すみっこがかり」、「宇宙」、「ギルティ」と心の奥の感情を自然なポップさで聴かせてくれつつ、「ステマステル」という驚異的なポップナンバーでまだまだ聴き手を惹きこんでいく。 「キラーサンセット」の駆け抜ける疾走感にわずかな感情の抑揚を詰め込み、少し違った印象を持たせてくれたかと思えば、「30」というリアリティのある言葉で感情を揺さぶり、「新世界」の少なくも大きな意味を持たせた言葉が全てを包み込む。 ここまで本当に一瞬に感じる内容。 それは一曲一曲が短いということもあるが、それ以上に次々に来る感情とポップさの波に自然と浸ってしまっていることのほうが大きい。 それくらい充実した内容の一枚。 良いアルバムだ。

micarosu さん | 神奈川県 | 不明

0

関連するチケット

POLTAに関連する商品・チケット情報

  • 【HMVインタビュー】POLTA『SAD COMMUNICATION』 尾苗愛(ex.禁断の多数決(Vo.)、ROCKET K(Gt.))がサポートメンバーだったふくだを正式メンバーに迎え、現在2人編成のPOLTAの初の音源が発売! ローチケHMV|2015年7月30日(木)

おすすめの商品