CD

Roadside House

PADOK

基本情報

カタログNo
:
CGCG025
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ツチヤニボンド のベーシストおよびエンジニアとしても活動する 渡部牧人 によるソロ・プロジェクト”PADOK”、幻のアルバム「Roadside House」が遂に発売決定!
「知のポップス」ともいえるプログレッシブな作風は羅針盤、Louis Philippe、Robert Wyatt、ムーンライダーズ、中期以降の XTC などに通じると言っても過言ではない。

渡部牧人のソロ・プロジェクト PADOK の、2nd と3rd の間にリリースされるはずであった幻のアルバム「Roadside House」。この作品集は06〜07 年当時渡部が住んでいた、「街道沿い」のごく普通のアパートで製作され、作詞作曲と演奏に加え録音からミキシングまで全て渡部一人の手によって行われた。長期にわたる録音作業を終え、ミックスが完成した直後にハードディスクがクラッシュしてしまったため、一度は塵と化す運命を決定付けられたかと思われたが、この度無事サルベージされ、日の目を見ることとなった。凝ったコードワークや入り組んだ言葉遣い、流麗かつポップスとしての強度を備えたメロディーは他のアルバムと変わらずだが、独りで製作されたが故の幻想的な密室感がここではさらに際立っている。ギター、ベース、シンセサイザーに加え、必然的に生ドラムは配されず、代わりにパンデイロなどのパーカッションや机などが打楽器として使われた他、腕時計の秒針の音をリズムトラックにするなど、宅録ならではの細かい作り込みと実験的なこだわりが随所に潜んでいる。音質こそ宅録品質ではあるが、楽曲の精緻な完成度と「知のポップス」ともいえるプログレッシブな作風は羅針盤、Louis Philippe、Robert Wyatt、ムーンライダーズ、中期以降の XTC などに通じると言っても過言ではないはず。


PADOK (パドック)
ツチヤニボンド のベーシストおよびエンジニアとしても活動する 渡部牧人 によるソロ・プロジェクト。職人気質あふれるその作風にはトクマルシューゴなど同世代の音楽家からの支持も厚い。
https://soundcloud.com/padok
ディスコグラフィー:
Populars (Multiness Records 2007 CD)
Sweet tooth having Bitter dreams (Multiness Records 2008 CD)
Cold Scent (Multiness Records 2012 CD)

収録曲   

  • 01. 鯨の朝
  • 02. エビの兄弟
  • 03. カンブリア
  • 04. あぶらまじ
  • 05. セイントパレード
  • 06. 汽水域のオブローモフ
  • 07. 山羊人羊山
  • 08. 直江津

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品