CD 輸入盤

Chocolate Kings

P.F.M. (ピーエフエム )

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ND71781
組み枚数
:
1
レーベル
:
Rca
:
Italy
フォーマット
:
CD

収録曲   

  • 01. From Under (07:34)
  • 02. Harlequin (07:53)
  • 03. Chocolate Kings (04:44)
  • 04. Out Of The Roundabout (07:58)
  • 05. Paper Charms (08:30)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
最初から世界戦略を意識した作品だが、バン...

投稿日:2011/10/03 (月)

最初から世界戦略を意識した作品だが、バンドの意図に反し、持ち味だったイタリア的な叙情性が消え、楽曲にも魅力が乏しい。プログレッシブロックの作品としては楽々平均点は越えているクオリティだし、バンド側は自分達の最高傑作と言っているようだが、ファンがPFMに求めていた音とは隔たりがあったのだろう。ただ、この時期のライヴは文句なく素晴らしいので、むしろそっちを聴くことをオススメします。

フォルラン さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
PFMは本作から叙情性が大きく後退してし...

投稿日:2011/06/18 (土)

PFMは本作から叙情性が大きく後退してしまった。また、タイトル曲は「セレブレーション」の二番煎じ的な曲調である上に歌詞が露骨に反米反戦的であるので、米国でのセールスにかなりの悪影響があった。ディスク2は1976年5月の英国のノッティンガム大学でのギグを収録したものであるが、「クック」と比べるとメロトロンの代わりにリヴァーブの効いたエレクトリックピアノが多用されているので、ジャズ・ロック的な印象が強くなっている。また、長いソロ演奏も多く、2曲目の間奏部ではピアノが、3曲目ではタイトル通りアクースティック・ギターが、7曲目ではヴァイオリンがフィーチャーされている。いずれもメロディアスというよりもテクニックを誇示するようなものであるので、やや冗長な感じがする。

NTAS さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
☆
キャリア歴代のアルバムの中でも上位に位置...

投稿日:2006/01/17 (火)

キャリア歴代のアルバムの中でも上位に位置する好盤だとおもいます。ポップなロック風味でノリも良いし聴きやすいですよね。でもやっぱ本流じゃないですよね。でもきっと彼等もそれは分かっててやったことなんでしょうし、そういう意味ではこれも本流なのかも。

アタクシア さん | 大阪府 | 不明

1

P.F.M.に関連する商品情報

おすすめの商品