SACD

ベートーヴェン:交響曲第3番『英雄』、シューマン:交響曲第4番、『マンフレッド』序曲 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー&ルツェルン祝祭管弦楽団(1953)(2SACD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KIGC27
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明


1953年ルツェルンのフルトヴェングラー
フルトヴェングラー完全初出音源(『マンフレッド』序曲)発掘!


ついに、巨匠が振った1953年ルツェルン音楽祭の全曲が「1st マスター」リリース!
『英雄』『シューマン4番』は“ベストに匹敵する” (宇野功芳)圧倒的名演!
日本の要請にこたえ、SACDハイブリッド盤で、国内先行発売!


フルトヴェングラーのリアス放送録音の1st マスター・リリースで名を馳せることになったドイツ・アウディーテ社は2014年に、バーゼルのスイス放送局から「ルツェルンの第九」を初めてダイレクトにマスタリング、SACDハイブリッド盤として発売。キングレコードがこの輸入盤に包み帯と日本語解説付きの国内盤で発売し、大ベストセラーとなりました。
 今回ついに、同じルツェルン音楽祭のテープ、1953年8月26日の演奏会の全曲のプログラムがまとまって、1st マスター・リリース! なんとすでにマスターは喪失したと噂されていた(コンサートの冒頭に演奏された)『マンフレッド』序曲が世界初出音源として日の目をみます!
 フルトヴェングラーが1952年病に倒れてから復帰した53年は、心技体とも充実した指揮芸術の完成年。8月のルツェルン音楽祭では次の3曲を演奏しました。『英雄』は前年11月VPOとのEMIスタジオ録音、『シューマン4番』は同年5月BPOとのDGGセッション録音が巨匠の代表的名演としてあまりにも有名ですが、両曲ともこの録音の直後に音楽祭で採りあげたものです。

シューマン:『マンフレッド』序曲は世界初出音源。ほの暗いロマンがメランコリックに燃え立つような名演で、オーケストラとの充実度も最高、初めて耳にする喜びが湧いてきます。他の2曲はかつてミュージック・アンド・アーツ盤、ターラ盤が出たことがある音源。
 宇野功芳氏は著書『フルトヴェングラーの全名演名盤』の中で、世界初出となった仏フルトヴェングラー協会盤を批評して「52年の(EMI)スタジオ録音のつぎに選ぶべき」(英雄)、「録音が同レヴェルなら(同年3か月前の有名なDGG盤より)このルツェルン盤のほうを採りたい」(シューマン4番)と、両曲とも大絶賛しています!

放送局のスタジオに機材をもちこんで、門外不出で保管されていたオリジナルテープから、コピーを経ずにデジタルマスタリングされた音はまさに圧倒的! 冒頭の音が出るまでの暗騒音、楽章間のインターバル、演奏後の猛烈な拍手も一切のカットなしにそのまま収録。聴いていてこの場に居合わせたような臨場感が満点です。

日本先行発売! キングインターナショナルが「audite」から輸入盤完成品を仕入れ、包みオビ+日本語解説書を添付。キングレコードが販売。オリジナル・ブックレットは32ページ。ルツェルン音楽祭アーカイヴ等から集めた巨匠の「リハーサルでの指揮」「本番での指揮」「楽屋でサインに応える様子」等7点の写真を掲載、この中には貴重なプライベート・スナップ「ルツェルン湖のビーチにくつろぐ水着姿の巨匠」まで含まれています!
 日本語解説にはウベ・シュヴェイケルトのオリジナル・ライナー和訳と前述の宇野功芳氏演奏評(全文)を掲載・転載します。(販売元情報)

【収録情報】
1. シューマン:『マンフレッド』序曲 op.115
2. ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調 op.55『英雄』
3. シューマン:交響曲第4番ニ短調 op.120


 ルツェルン祝祭管弦楽団(スイス祝祭管弦楽団)
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音時期:1953年8月26日
 録音場所:ルツェルン、クンストハウス
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 ルツェルン音楽祭公演

 SACD Hybrid
 輸入盤、日本語帯・解説書付き
 輸入・発売元:(株)キングインターナショナル
 販売元:キングレコード(株)

内容詳細

1953年のルツェルン祝祭音楽祭における8月26日の演奏会全曲がまとまった。しかもファースト・マスターからの復刻だ。いずれもすでに有名なものだが、中では「マンフレッド」は今回初出となる。ファン必携のアルバム。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
伝説の巨匠ヴィルヘルム・フルトヴェングラ...

投稿日:2018/01/31 (水)

伝説の巨匠ヴィルヘルム・フルトヴェングラーが1953年のルツェルン音楽祭に客演した時の実況録音のSACD。1953年8月26日、ルツェルン、クンストハウスでのライブ収録。オケはスイス(ルツェルン)祝祭管弦楽団。フルトヴェングラーが最も得意にしていたベートーヴェンの『英雄』とシューマンの交響曲第4番&『マンフレッド』序曲というプログラムである。冒頭の『マンフレッド』序曲からして壮大なスケールと楽想の掘り下げの深さがすでに尋常でなく、聴き手を圧倒せずにはおかない。『英雄』の深遠な情感とうねるような音色、シューマンの第4の紅蓮の炎のような激情の凄まじさ、ドイツ・ロマン主義の一つの到達点とも言うべき名演である。フルトヴェングラーは翌1954年には亡くなってしまうのでキャリアとしては最晩年の演奏ということになるが、その演奏に衰えは微塵も感じられず、熟達した至芸を披露してくれている。 SACDのパワフルでボリュームある音質が素晴らしい。元々モノーラルの実況録音なのでやや古さを感じさせる響きではあるが、SACD化によって十分鑑賞に耐える音質に仕上がっている。フルトヴェングラー・ファンは必聴の名盤。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

3
★
★
★
★
★
このCDは今年最後のサプライズとなった。...

投稿日:2017/12/30 (土)

このCDは今年最後のサプライズとなった。放送局に保管されていた音源だけに、音質はかなりよい。 演奏は、フルトヴェングラーの得意としていた作品なので、何の心配もない。ウィーンやベルリンとは違うオケからどのような響きを紡ぎ出し、それぞれの作品を織り上げていくのか、そのあたりとても勉強になった。 各地の放送局には未発見のテープがまだ多数あるのではないか。一度徹底的に調査してもらいたい。

くまたろ さん | 東京都 | 不明

4
★
★
★
★
★
マンフレッド序曲が鳴り出した時、あまりの...

投稿日:2017/11/24 (金)

マンフレッド序曲が鳴り出した時、あまりの音の分離の良さに「もっと後の時代の演奏か?」と思ってしまう程の素晴らしい録音状態だった。しかし冒頭の3つの和音の鳴らせ方、そして再現部でのテンポの伸縮はまぎれもなくフルトヴェングラーである。以上のように、録音状態は「今まで発表されたフルトヴェングラーのライヴ録音中最高の部類」と言っていい。「ベルリンでの状態の良い放送録音」が「ホールの真ん中からやや後ろ」で聴いているような音であるのに対し、このauditeの音は「指揮者の真後ろ。前列から5列目あたり」で聴いているような印象である。演奏もシューマンの交響曲はベルリンでのセッション録音に匹敵する名演だし、ベートーヴェンのエロイカも秀逸(個人的には1952年12月7日の演奏が好きだが)。このテープの発見まさに「快挙」である。 auditeにはルツェルン録音の再調査を是非とも期待したいものだ。ベルリーオーズの「ファウストの業罰」、ハイドンの「天地創造」、バルトークの「オケコン」、せめて同じ1953年のエドウィン フィッシャーとの共演が残ってないものだろうかと思う。 但し、苦言を一つ。なぜ「当日の演奏順」に並べなかったのだろう?「歴史的事件の忠実な再現」と言う意味でも、こういった気配りは是非お願いしたいものだ。

Y.A さん | 兵庫県 | 不明

7

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト