CD 輸入盤

Feels Like Home

Norah Jones (ノラ・ジョーンズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
84800
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
スタジオレコーディング,輸入盤
クレジット
:

Adam Levy(Guitar (Electric)),  Andrew Borger(Drums),  Brian Blade(Drums),  Daru Oda(Flute),  Dolly Parton(Vocals),  Jesse Harris & The Ferdinandos(Guitar (Acoustic)),  Kevin Breit(Guitar (Acoustic)),  Kevin Breit(Guitar (Electric)),  Lee Alexander(Bass),  Levon Helm(Drums),  Norah Jones(Piano),  Norah Jones(Piano (Electric)),  Norah Jones(Vocals),  Tony Scherr(Guitar (Electric)),  Andrew Borger(Drums (Snare)),  Daru Oda(Vocals (Background)),  David Gold(Viola),  Garth Hudson(Accordion),  Garth Hudson(Organ (Hammond)),  Jane Scarpantoni(Cello),  Kevin Breit(Vocals (Background)),  Lee Alexander(Bass (Acoustic)),  Lee Alexander(Bass (Electric)),  Lee Alexander(Lap Steel Guitar),  Norah Jones(Wurlitzer),  Andrew Borger(Box),  Kevin Breit(Banjolin),  Kevin Breit(Foot Percussion),  Kevin Breit(Foot Stomping),  Kevin Breit(Guitar (Resonator)),  Norah Jones(Organ (Pump)),  Rob Burger(Organ (Pump)),  Arif Mardin(Producer),  Jay Newland(Engineer),  Norah Jones(Engineer),  Norah Jones(Producer),  Adam Levy(Composer),  Andrew Borger(Composer),  Arif Mardin(String Arrangements),  Aya Takemura(Assistant Engineer),  Clay Patrick McBride(Photography),  Daru Oda(Composer),  Dick Kondas(Assistant Engineer),  Duke Ellington(Composer),  Gene Paul(Mastering),  Jay Newland(Mixing),  Kathleen Brennan(Composer),  Kevin Breit(Composer),  Lee Alexander(Composer),  Matthew Cullen(Assistant Engineer),  Norah Jones(Composer),  Norah Jones(Mixing),  Richard Julian(Composer),  Steve Mazur(Assistant Engineer),  Tom Waits(Composer),  Townes Van Zandt(Composer),  Gordon H. Jee(Creative Director),  Jamie Polaski(Assistant),  Jamie Polaski(Mastering Assistant),  Norah Jones(Lyricist),  Burton Yount(Design Production Assistant),  Chris Cofoni(A&R),  Eli Wolf(A&R),  The Handsome Band(Accompaniment),  Zach Hochkeppel(Product Manager)

商品説明

 第45回グラミー賞主要4部門を含む8部門《最優秀レコード賞,最優秀アルバム賞,最優秀新人賞,最優秀女性ポップ・ヴォーカル,最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム,最優秀楽曲賞(作者:ジェシー・ハリス),最優秀プロデューサー賞,最優秀録音賞》(アメリカ),ブリット・アワード2003最優秀洋楽新人賞(International Breakthrough Act)(イギリス)を受賞したノラ・ジョーンズの2年ぶり待望の2ndアルバム。

NON-CCCD USA盤
今回の作品はノラ自身と、デビュー作をプロデュースした大物プロデューサー、アリフ・マーディンの共同プロデュースという形で制作された。

 ノラの意向で2年間行動をともにしてきたレギュラー・バンド[Adam Levy(g)Kevin Breit(g)Daru Oda(kb,back chorus)Lee Alexander(b)Adrew Borger(ds)]とのフレンドシップを基本に録音が進行した。

 ゲストとして参加したのが、なんと!The BandのLevon Helm(ds)とGarth Hudson(kb)、そして、いまや最も活きのいいドラマー、Brian Blade、前作ヒット曲の作者、Jesse Harris(g)、Tony Scherr(g)、Rob Burger(kb)、そして、ノラのたっての希望でデュエットが実現した、C&W界の“大姉御”、ビッグバストがトレードマークのDolly Parton、と、多彩な才能を開花させつつあるノラらしいバックアップ・メンバーとなっている。

 収録曲はノラ自身のオリジナル曲のほかに、Townes Van Zandtの“Be Here To Love Me”、さらにDuke Ellingtonの作品“Melancholia”にノラ自らが詞を書いて歌う“Don't Miss You At All”。ノラとレギュラー・ベーシストのAlexの共作の“Sinrise”はシングルカットされる。Oda=Borger作の“Above Ground",Adam Levyの“In the Morning”はノラのブルージーな側面を聞ける作品。

 「2003 Country Music Award」で共演し、すっかりファンになったDolly Partonとのデュオは、Alexander作で、ノラの唯一のブルーグラス風ナンバー“Creepin' In”で実現した。

 そして、ノラはすでにレコーディングしているナンバー、“What Am I To You”に、彼女自身が大ファンであるバンドの二人を招いた。あがりはノラの予想通りに仕上がった。



<Editor's Review>
 大ヒット曲“Don't Know Why”の延長線上をさらに洗練されたと言う感じなのが、このアルバムからの初のシングルカット“Sunrise”。PVに見る無邪気な大モノぶりは、ノラの持つ個性と奥行きに、やはり、なにかのDNAを感じてしまう。シタール奏者として活躍する姉に続いて、ラヴィ・シャンカール秘蔵の名花がまた、再び花弁を一回り大きくして咲き始めた。
 ノラのピアノ・プレイが意外なほどフィーチャーされた後半の曲を含めて、サウンド作りのシンプルさが、かえってノラの歌声をひきたたせている。
 “サンライズ”のPVにおけるナチュラルな雰囲気は、ある意味で、80年代以降の「打ち込み・電気音楽」へのしっぺ返しともいうべきシンプルさに満ちている。シンプルで口ずさみ易いメロディと、人のぬくもりの感じられるアコースティックな音楽のバッキング。こうした暖かいお花畑の中でノラ・ジョーンズという若い大輪の花が咲いている。
トータル時間の短さに対する不満は、今まで慣らされてしまった我々への一つの警告だろう。LP一枚分、45分余りの中に凝縮されたノラが見えてくる。語ろうと思えば3分半で語れるのだ。

収録曲   

  • 01. Sunrise
  • 02. What Am I To You
  • 03. Those Sweet Words
  • 04. Carnival Town
  • 05. In The Morning
  • 06. Be Here To Love Me
  • 07. Creepin' In
  • 08. Toes
  • 09. Humble Me
  • 10. Above Ground
  • 11. Long Way Home
  • 12. Prettiest Thing
  • 13. Don't Miss You At All

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
12
★
★
★
☆
☆
 
7
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
9
★
★
★
★
☆
買って癒されるアルバムだと思います。ノラ...

投稿日:2008/12/24 (水)

買って癒されるアルバムだと思います。ノラさんのアルバムを初めて買いましたが、ノラさんが大好きになりました☆

3
★
★
★
★
★
最早CDではなく最新のシステムでLPを聴くと...

投稿日:2008/09/03 (水)

最早CDではなく最新のシステムでLPを聴くというのは世界的にオーディオファイルの常識だ

日本語でおk さん | 日本語でおk | 不明

0
★
★
★
★
★
重量盤ではないレギュラーのLPでもCDとは比...

投稿日:2007/07/16 (月)

重量盤ではないレギュラーのLPでもCDとは比較にならない豊潤な音を放つ。こうした音楽を最早CDではなく最新のシステムでLPを聴くというのは世界的にオーディオファイルの常識だ。CDは案内状のようなもので本編はLPだと知るべき。リラックスして心地良い音楽に浸りましょう。

SPENDOR SP100 さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Norah Jones

Vocalist and pianist Norah Jones developed a unique blend of jazz and traditional vocal pop, with hints of bluesy country and contemporary folk, due in large part to her unique upbringing. The daughter of Ravi Shankar, Jones grew up in Texas with her mother. While she always found the music of Billie Holiday and Bill Evans both intriguing and comforting, she didn't really explore jazz until attend

プロフィール詳細へ

Norah Jonesに関連する商品・チケット情報

ジャズヴォーカル に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト