CD

Paz -Y La Musica De Bill Evans

Nino Josele (ニーニョ ホセレ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BVCJ31046
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ

商品説明

アンダルシアのアルメリア出身のギタリスト。伴奏ギタリストとして数年間を過ごした後、2003 年にファースト・アルバムをリリース。
JAVIER LIMON(ハビエル・リモン)のプロデュースの元、アンドレス、カラマロ、エンリケ・モレンテ、オルケスタ・ナシオナル・ド・バルベスなどの名プレイヤーが参加し、話題を呼ぶ。演奏スタイルはPACO de LUCIA(パコ・デ・ルシア)を模範に、フラメンコ・ギターの伝統を現代的なリズムと繊細に調和させたもので、そのプレイは高い評価を得ている。現在フラメンコ界屈指の人気歌手、DIEGO EL CIGALA(ディエギート・エル・シガーラ)の伴奏者として知られているほか、最近では彼がリスペクトする名ギタリスト、PACO de LUCIA の伴奏者としても活躍している。

CIGALA とのプロジェクトで、キューバ・ジャズとフラメンコを融合したアルバムを制作した折に、ジャズに興味を持ち、超多忙なスケジュールの合間に、スペインのジャズ・クラブのジャム・セッションに通うなどして、スウィング感やハーモニーをジャズ・ミュージシャンから直接修得。その過程でジャズ・ピアニストのBILL EVANS(ビル・エヴァンス)の音楽と出逢い、今回のアルバムの制作に至った。

名曲「Peace Piece」で始まるこのアルバムは全体を通して、透き通ったピュア・サウンドでまとめられている。代表曲「Waltz For Debby」では、メロディーのうしろで半音でぶつけるハーモニーやコンピングする拍のタイミングなど、BILL EVANS の左手にそっくり。それに加え、JOSELE(ホセレ)のフラメンコ・スタイルのリズム&タイム感があいまったジャズとフラメンコの絶妙なブレンド加減が素晴らしく、思わず聴き入ってしまう。そして、彼の才能に驚かされるはずだ。

バック・ミュージシャンもマーク・ジョンソン、オラシオ・エル・ネグロ、ジョー・ロヴァーノ、フレディー・コール、ジェリー・ゴンザレス、エストレア・モレンテなど個性派ミュージシャンが参加し、ホセレのギターとの抜群のカンバセイションを聴かせてくれる。
(メーカー資料より)

内容詳細

スペインの若手フラメンコ・ギタリストによるビル・エヴァンスの愛奏曲集。マーク・ジョンソン、エルネグロ、ジョー・ロバーノという完璧なバックアップ体制で文句のない仕上がり。エヴァンスの抒情性にギターならではの官能美を加味している。(誠)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Nino Josele

The neo-flamenco guitarist Nino Josele, born Juan Jose Heredia in Almeria in 1974, comes from a long line of traditional Spanish musicians and, like most children born to musical families, started playing as a child. Unlike his forebears, though, he has made a trademark of versatility, especially since the 2006 release of Paz, his critically lauded dedication to the jazz pianist Bill Evans. With c

プロフィール詳細へ

モダンジャズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品