CD 輸入盤

First Born Is Dead

Nick Cave (ニック ケイヴ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
61718
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1985
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Barry Adamson(Bass),  Barry Adamson(Drums),  Barry Adamson(Guitar),  Barry Adamson(Organ),  Blixa Bargeld(Guitar),  Mick Harvey(Bass),  Mick Harvey(Guitar),  Mick Harvey(Organ),  Mick Harvey(Piano),  Nick Cave(Vocals),  Barry Adamson(Vocals (Background)),  Blixa Bargeld(Slide Guitar),  Blixa Bargeld(Vocals (Background)),  Mick Harvey(Vocals (Background)),  Nick Cave(Harmonica),  Bad Seeds(Producer),  Flood(Engineer),  Flood(Producer),  Nick Cave(Producer),  Bleddyn Butcher(Photography),  Bob Dylan(Composer),  Jutta Henglein(Photography),  Nick Cave & The Bad Seeds(Performer),  Nick Cave

商品説明

ニック・ケイヴが1985年に発表したソロ作第2弾。ケイヴのアイドルのひとりであるエルヴィス・プレスリーのエピソードに因んで付けられたタイトルだという。前作以上にブルースやアメリカン・ゴシック的な不透明な物語性に傾倒した作風。ボブ・ディラン作のM6や戦前ブルースマンの名前を拝借した曲名のM7が示唆的。そのM7“ブラインド・レモン・ジェファーソン”では独ノイズ〜インダストリアルの雄、アインシュツルテンデ・ノイバウテンのメンバーでニック・ケイヴの作品に欠かせない役者、ブリクサ・バーゲルドのスライド・ギターが聴かれる。

収録曲   

  • 01. Tupelo (07:17)
  • 02. Say Goodbye to the Little Girl Tree (05:10)
  • 03. Train Long-Suffering (03:49)
  • 04. Black Crow King (05:05)
  • 05. Knockin' on Joe (07:38)
  • 06. Wanted Man (05:27)
  • 07. Blind Lemon Jefferson (06:10)
  • 08. Six Strings That Drew Blood (04:50)
  • 09. Tupelo [Single Version] (05:01)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
暗闇を這うようなNICKのブルース。口笛やハーモニカ...

投稿日:2007/02/13 (火)

暗闇を這うようなNICKのブルース。口笛やハーモニカもたまんない。ブルースで統一された気だるい雰囲気がこの作品の魅力。Black Crow KingとThe Six Strings That Drew Bloodが特に好き。

Damien さん | 29 | 不明

0
★
★
★
★
★
NICKといえばこれ。Knockin’ on Joeは何度...

投稿日:2006/05/22 (月)

NICKといえばこれ。Knockin’ on Joeは何度聞いても泣けてくる。音も奥行きがあって最高。

dead Joe さん | Tokyo | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Nick Cave

4ADの看板グループ、バースデイ・パーティ解散後の1984年、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのブリクサ・バーゲルト、ダーティ・スリーのウォーレン・エリス、バースデイ・パーティのミック・ハーヴェイらを従え、自身のバンド、ザ・バッド・シーズでデビューを果たす。

プロフィール詳細へ

Nick Caveに関連する商品情報

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品