CD

Love What Survives

Mount Kimbie (マウント・キンビー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BRC553
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ジェイムス・ブレイク、キング・クルエル参加!
マウント・キンビー4年ぶりとなる最新作が遂に完成!

先行公開された盟友ジェイムス・ブレイクをフィーチャーした「We GoHome Together」、アカデミー賞ノミネート・アーティストとしても高く評価されているミカチューをフィーチャーした「Marilyn」と新曲を立て続けに発表してきたマウント・キンビーが、満を持して4年ぶり3作目となるオリジナル・アルバム『Love What Survives』のリリースを発表!アルバムからは3曲目の公開となる「Blue Train Lines」は躍動感あふれるリズム・セクションに盟友キング・クルエルのブルージーなラップ歌唱がエモーショナルなスクリームへと展開するバンドの進化を凝縮したような楽曲でPitchforkのBest New Trackを獲得。2016年にドム・メイカーがロンドンからアメリカの西海岸へ移り住んだため、彼らは二つの都市を行き来しながら、ともに精力的なセッションを重ね、アルバム全体に開放的なオーラをもたらした。また今作では、80年代のUKファッションシーンに多大なる影響を与えた伝説のファッション集団〈バッファロー〉の一員でもあり、数多くのファッションマガジンで活躍していた写真家マーク・ルァ・・ンとその息子であるフランク・ルボンが、ミュージック・ビデオの制作およびアルバムのアートワーク制作に参加。常に限界を押し広げていく彼らが贈る、自信に満ち溢れた新たなステートメントであると同時に、これまで積み重ねてきたキャリア全ての集大成とも言える作品がここに完成した。9月8日(金)に世界同時発売される本作の日本盤にはボーナストラック「SLP12 Beat (Part 2)」が追加収録され、解説書と歌詞対訳が封入される。

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Four Years and One Day
  • 02. Blue Train Lines (feat. King Krule)
  • 03. Audition
  • 04. Marilyn (feat. Micachu)
  • 05. SP12 Beat
  • 06. You Look Certain (I’m Not So Sure) (feat. Andrea Balency)
  • 07. Poison
  • 08. We Go Home Together (feat. James Blake)
  • 09. Delta
  • 10. T.A.M.E.D
  • 11. How We Got By (feat. James Blake)
  • 12. SLP12 Beat (Part 2) *Bonus Track for Japan

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Mount Kimbie

With familiar beats underneath otherworldly productions, Mount Kimbie are arguably responsible for the birth of the term post-dubstep. Dominic Maker and Kai Campos formed Mount Kimbie while both were attending Southbank University in London. In early 2009 they released their debut EP, Maybes, via the Hotflush Recordings label. Later in the year a second EP, Sketch on Glass, appeared and was follow

プロフィール詳細へ

Mount Kimbieに関連する商品・チケット情報

ハウス/クラブミュージック に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品