CD 輸入盤

Workin

Miles Davis (マイルス・デイヴィス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
296
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Canada
オリジナル盤発売年
:
1956
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Horace Silver(Piano),  John Coltrane(Sax (Tenor)),  Kenny Clarke(Drums),  Miles Davis(Trumpet),  Paul Chambers(Bass),  Percy Heath(Bass),  Philly Joe Jones(Drums),  Red Garland(Piano),  Sonny Rollins(Sax (Tenor)),  Thelonious Monk(Piano),  Milt Jackson(Vibraphone),  Bob Weinstock(Producer),  Rudy Van Gelder(Engineer),  Alan Yoshida(Mastering),  Del Costello(Executive Producer),  Esmond Edwards(Cover Photo),  Esmond Edwards(Photography),  Jack Maher(Liner Notes),  Joe Goldberg(Liner Notes),  John Coltrane(Group Member),  Miles Davis(Group Member),  Miles Davis(Performer),  Miles Davis Quintet(Performer),  Philly Joe Jones(Group Member),  Red Garland(Group Member),  Rudy Van Gelder(Remastering),  Shigeo Miyamoto(Mastering),  Steve Hoffman(Mastering),  Akira Taguchi(Supervisor),  Bob Weinstock(Supervisor),  Chris Clough(Project Assistant),  Nick Phillips(Reissue Producer),  Rikka Arnold(Project Assistant),  Tamaki Beck(Supervisor),  Terri Hinte(Project Assistant),  Rudy Van Gelder(Author),  Stuart Kremsky(Reissue Production Assistance)

商品説明

マラソンセッションの中では本作は初めにリリースされている。そして、マイルスを語る時、必ず誰かの口から語られるのが冒頭の“イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド”である。ジャズはビバップからハードバップ期に差し掛かりビバップにおけるハードブロウイング・セッション一辺倒からややヘッドアレンジ程度をしながらも、アドリブ一発に掛けるジャズ人生的な乗りの演奏が多かった時期に、すでにマイルスは次なる飛翔へ向けて、プレスティッジ最後ので最高の演奏をここに展開した。コルトレーンは確かに未熟だが5月と10月のセッションの間にさえ進歩を見せている。冒頭曲一曲だけで聴く価値は永遠だ。

収録曲   

  • 01. It Never Entered My Mind (05:23)
  • 02. Four (07:12)
  • 03. In Your Own Sweet Way (05:42)
  • 04. Theme, The - (take 1) (02:00)
  • 05. Trane's Blues (08:32)
  • 06. Ahmad's Blues (07:24)
  • 07. Half Nelson (04:45)
  • 08. Theme, The - (take 2) (01:03)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
マイルス漬けのこの頃…。こんな日がくるな...

投稿日:2007/02/08 (木)

マイルス漬けのこの頃…。こんな日がくるなんて、予想もしていなかったわ。だって…、貴方の哀しみに、優しさに、触れてしまったから…。読売ランドイーストで貴方にお目に掛かった時は、何も知らない少年(嘘、ばっかり)でした。でも…、誤解の多い人なんだろうなあ、と。誤解もまた解釈?、しゃらくせえって!かああ?

いやみなぶらいあん さん | 世田谷区 | 不明

2
★
★
★
★
★
カクテルピアノといわれるガーランド。しかし彼のピア...

投稿日:2006/06/21 (水)

カクテルピアノといわれるガーランド。しかし彼のピアノの美しさは、一曲目からいきなり炸裂します。そしてマイルスのたまらない音。マイルスの一曲といわれてたらアタシはこれです。アルバムも歴史的名盤

ペパーミント さん | 大阪府 | 不明

2
★
★
★
★
★
「お仕事」という生真面目なタイトルとは裏...

投稿日:2006/04/09 (日)

「お仕事」という生真面目なタイトルとは裏腹に楽しめる1枚。マイルスはハスキーでレッド・ガーランドは愛らしく、トレーンは真面目だね。1曲目はいきなり名曲!

犬ちゃん さん | 神奈川県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Miles Davis

 Miles Dewey Davis Vは、1926年5月26日、イリノイ州アルトンに生まれている。歯科医の父と音楽教師の母の元、生後移住したセントルイスの黒人中流階級の家庭でマイルスは育っていった。 高校卒業後、すぐに当時のビバップ俊英たちが集まっていたセントルイスの名門バンド、Billy Eckstine's big bandに加入、。ここでCharlie parker とDizzy Gill

プロフィール詳細へ

Miles Davisに関連する商品情報

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品