この商品に関連するタグ

もっと見る +

CD 輸入盤

Relaxin

Miles Davis (マイルス・デイヴィス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1881042
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤
クレジット
:

John Coltrane(Sax (Tenor)),  Miles Davis(Trumpet),  Paul Chambers(Bass),  Philly Joe Jones(Drums),  Red Garland(Piano),  Bob Weinstock(Producer),  Rudy Van Gelder(Engineer),  Alan Yoshida(Mastering),  Don Gold(Liner Notes),  Esmond Edwards(Cover Design),  Ira Gitler(Liner Notes),  Joe Tarantino(Mastering),  John Coltrane(Group Member),  Miles Davis(Group Member),  Miles Davis(Performer),  Miles Davis Quintet(Performer),  Philly Joe Jones(Group Member),  Red Garland(Group Member),  Rudy Van Gelder(Remastering),  Bob Weinstock(Supervisor),  Kirk Felton(Digital Remastering),  Akira Taguchi(Mastering Supervisor),  Ira Gitler(Original Liner Notes),  Kazue Sugimoto(Remastering Supervisor),  Nick Phillips(Reissue Supervisor),  Rudy Van Gelder(Author),  Stuart Kremsky(Reissue Production Assistance)

商品説明

Relaxin' features the Miles Davis Quintet in a pair of legendary recording dates -- from May and October of 1956 -- which would generate enough music to produce four separate long-players: Cookin', Relaxin', Workin', and Steamin'. Each of these is considered not only to be among the pinnacle of Davis' work, but of the entire bop subgenre as well. As with the other titles, Relaxin' contains a variety of material which the band had concurrently been performing in their concert appearances. In a brilliant stroke of time conservation, the scheme was hatched for the quintet -- who includes: Davis (trumpet), John Coltrane (tenor sax), Philly Joe Jones (drums), and Red Garland (piano) -- to perform the equivalent of their live repertoire in the studio for eventual release. The results are consistently superior both in terms of song selection as well as performance. The solid nature of the unit as a singular musical force is immediately apparent. If I Were a Bell -- from the play Guys and Dolls -- includes some remarkable soloing via Coltrane and Garland. Davis' solos are additionally impressive, as they're derived from the same four-note motive as the melody. Hearing the many variations that he comes up with throughout the song conveys how intrigued Davis must have been by the tune, as it stayed in his performance repertoire for decades. Tracks such as You're My Everything and Oleo highlight the synchronic nature of Davis and Coltrane as they carry each other's melodies while trading off solos. The steady syncopation of Philly Joe Jones keeps the rhythms tight and the delicate interplay all the more conspicuous. Relaxin' offers something for every degree of jazz enthusiast. Likewise, the quintet's recordings provide a tremendous introduction for the curious jazz consumer. ~ Lindsay Planer, Rovi

収録曲   

  • 01. If I Were A Bell (08:14)
  • 02. You're My Everything (05:18)
  • 03. I Could Write A Book (05:09)
  • 04. Oleo (05:53)
  • 05. It Could Happen To You (06:36)
  • 06. Woody 'n' You (04:59)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
当時みんな若かったマイルスクインテットの...

投稿日:2008/09/04 (木)

当時みんな若かったマイルスクインテットのマラソン4部作のなかでも、最も「青春」を感じさせる熱いアルバム。特に1曲目のマイルスの流麗なソロの後のコルトレーンのソロは、ハッキリ言ってへたくそですが、情熱をこめて一所懸命に吹いている姿に感動します。元気を出したいとき、盛り上がりたいときにおススメ!

武蔵野JAZZくらぶ さん | 東京 | 不明

1
★
★
★
★
★
4作連続のマラソンセッションの2作目だっ...

投稿日:2007/07/14 (土)

4作連続のマラソンセッションの2作目だったと思う。CBS移籍を急いだマイルスがプレジテッジとのあと4枚のレコード制作契約を全うするためにたった一日半で4枚のアルバムを完成させた。しかもどれもマイルスを代表する名盤なのだから当時最強とよばれたオリジナルクインテットの力量は空前絶後だといっていい。マイルスのリリシズムや統率力も最高潮だ。アルバム中(ユーアー・マイ・エヴリシング) の”あたま”でガーランドがメロディックに弾き始めると「ブロックコードだ」と指示する場面がある。結局 指示通りにレコーディングされ珠玉のバラードに

AKI さん | 所沢 | 不明

0
★
★
★
★
★
適当で有名なブレステージにしては、最高の構成...

投稿日:2007/05/11 (金)

適当で有名なブレステージにしては、最高の構成。演奏は文句ないが、そこに遊び心がある。代表曲はないが、アルバム一枚がすべてを超越している。

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Miles Davis

 Miles Dewey Davis Vは、1926年5月26日、イリノイ州アルトンに生まれている。歯科医の父と音楽教師の母の元、生後移住したセントルイスの黒人中流階級の家庭でマイルスは育っていった。 高校卒業後、すぐに当時のビバップ俊英たちが集まっていたセントルイスの名門バンド、Billy Eckstine's big bandに加入、。ここでCharlie parker とDizzy Gill

プロフィール詳細へ

Miles Davisに関連する商品情報

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品