CD

Martin Carthy

Martin Carthy (マーティン カーシー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ODR6381
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
紙ジャケ

商品説明

英国トラディショナル・フォーク史に輝く「スカーバラ・フェア」をフィーチャーした傑作


ポール・サイモンが“拝借”した「スカーバラ・フェア」の生みの親マーティン・カーシーこそは、デイヴィ・グレアムと並ぶ英国トラディショナル・フォーク・シーンの最重要人物である。その記念すべきソロ・デビュー作となる65年のフォンタナ盤は、フィドル奏者デイヴ・スウォーブリックとの共演を含む、伝統とモダンなセンスの絶妙なバランスが見事。まさに歴史的レコーディングといえるだろう。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

ボブ・ディランやポール・サイモンら米国のフォーク・シンガーに直接的な影響を与えたイングランドのトラディショナル・フォーク・シンガー、マーティン・カーシーが1965年に発表した作品。中でも「SCARBOROUGH FAIR」は聴きもので、フィドル奏者デイヴ・スウォーブリックに耳を傾けたい。(民)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. HIGH GERMANY
  • 02. THE TREES THEY DO GROW HIGH
  • 03. SOVAY
  • 04. YE MARINERS ALL
  • 05. THE QUEEN OF HEARTS
  • 06. BROOMFIELD HILL
  • 07. SPRINGHILL MINE DISASTER
  • 08. SCARBOROUGH FAIR
  • 09. LOVELY JOAN
  • 10. THE BARLEY AND THE RYE
  • 11. THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY
  • 12. THE TWO MAGICIANS
  • 13. THE HANDSOME CABIN BOY
  • 14. AND A-BEGGING I WILL GO

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 英国フォークの最重要人物の記念すべきフ...

投稿日:2002/11/21 (木)

 英国フォークの最重要人物の記念すべきファースト・ソロ(65年作)。魅力は何と言っても歌声。か細い容貌(痩せている上にタレ眉毛&タレ目だ)からは想像も付かない骨太なバリトン・ヴォイス。ちょっと蓄膿がかった、父性愛に溢れた優しい声は聴いていると本当に安心する。好きなシンガー部門でダントツの1位を記録するのも、これならうなずけるというものだ(私の中で、ですよ)。1曲を除いてすべてトラディショナル。中でもペンタングルでお馴染みのBやヴォーン・ウィリアムズでも有名なHがいい感じ。

かじ さん | 東京 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Martin Carthy

If the English folk revival of the 1960s had a single father and guiding spirit, then Martin Carthy was it. Carthy's influence transcends his abilities, formidable though those are -- apart from being one of the most talented acoustic guitarists, mandolinists, and general multi-instrumentalists working the folk clubs in the 1960s, he was also a powerful singer with no pretensions or affectations,

プロフィール詳細へ

ヨーロッパ に関連する商品・チケット情報

同じ傾向の人物・団体

おすすめの商品