CD 輸入盤

Mal 1

Mal Waldron (マルウォルドロン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
611
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1956
フォーマット
:
CD
クレジット
:

Arthur Edgehill(Drums),  Gigi Gryce(Sax (Alto)),  Idrees Sulieman(Trumpet),  Julian Euell(Bass),  Mal Waldron(Piano),  Bob Weinstock(Producer),  Rudy Van Gelder(Engineer),  Ira Gitler(Liner Notes),  Mal Waldron Quintet(Performer),  Phil DeLancie(Remastering),  Reid Miles(Art Direction),  Takashi Misu(Production Coordination),  Joe Gastwirt(Digital Transfers),  Phil DeLancie(Digital Remastering),  Reid Miles(Cover Art),  Arthur Edgehill,  Bob Weinstock(Supervising Producer),  Julian Euell,  Rudy Van Gelder(Recording Conductor)

商品説明

Mal Waldron's recording debut as a leader presents the pianist with his many gifts already well developed. For the 1956 quartet date, he takes charge to strike a balance between the sound of a blowing session and the refinement of a more polished date. The spontaneity is there, but the set also benefits from Waldron's thoughtful charts. At this stage of his development, Waldron was a distinctive bop pianist whose occasional sputtering, knotty phrasing revealed the acknowledged influence of Thelonious Monk, as well as similarities with contemporaries Al Haig and Bud Powell. For this set, though, the focus is not on Waldron's playing, but on his ability to lead from the piano bench. The horn players -- top-flight boppers Idrees Sulieman on trumpet and Gigi Gryce on alto sax -- contribute hot solos played with class and authority, and disciplined ensemble work supports the overall structure of Waldron's charts. Some of the arrangements seem written with a larger ensemble in mind, but they also work in the quartet setting, with Waldron's effective use of staggered horn entries, dynamics, interesting harmonies, and occasional countermelodies adding color and variety to the performances. The tracks comprise a bright, focused performance of Benny Golson's Stablemates, a sparse, bluesy take of the standard Yesterdays, a pair of good Waldron originals and one from Sulieman, along with Lee Sears' Transfiguration. Bassist Julian Euell and drummer Arthur Edgehill supply a strong and reliable bop pulse. ~ Jim Todd, All Music Guide

収録曲   

  • 01. Stablemates (04:51)
  • 02. Yesterdays (07:47)
  • 03. Transfiguration (07:17)
  • 04. Bud Study (05:48)
  • 05. Dee's Dilemma (06:58)
  • 06. Shome (05:07)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ビリー・ホリディの伴奏者、マル・ウォルド...

投稿日:2009/05/29 (金)

ビリー・ホリディの伴奏者、マル・ウォルドロンの初リーダーアルバム。ゴルソン作曲の「スティブルメイツ」は、テーマも素晴らしいが、グライスのサックスとスリーマンのトランペットでの、コール・アンド・レスポンスのような掛け合いのアドリブも面白い。どの曲もなかなかの出来。マル自身2曲を作曲し、モールス信号的奏法も聴いていると味がある。

セバスちゃん さん | 香川県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Mal Waldron

不滅の名曲 Left Alone を発表、アルバムにおける Jackie McLean の物哀しい音色と曲調が一緒になり、日本ジャズ喫茶史上最高の人気盤となった。  その後も、Eric Dolphy 不滅の名演At The Five Spot で、ピアニストとしての可能性を突き詰め“マル節”ともいえる、モ−ルス信号のように単純化した個性的な演奏で人気を博した。

プロフィール詳細へ

Mal Waldronに関連する商品情報

  • マル・ウォルドロン1972年新宿DUGソロピアノ・ライヴが初CD化 ビリー・ホリデイ最晩年の伴奏を務め、その追悼アルバム『Left Alone』で一躍その名を知らしめることになったマル・ウォルドロン。1972年2月の来日時に新宿DUGで吹き込まれたソロピアノ・ライヴがSOMETHIN'COOLより初CD化。「All Alone」に始まり「Left Alone」で終わるという構成も嬉しいかぎりだ。 HMV&BOOKS online|2016年3月2日(水)

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品