CD 輸入盤

Thanks Ill Eat It Here

Lowell George (ローウェル ジョージ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7599267552
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1979
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. What Do You Want The Girl To Do (04:46)
  • 02. Honest Man (03:45)
  • 03. Two Trains (04:32)
  • 04. I Can't Stand The Rain (03:21)
  • 05. Cheek To Cheek (02:23)
  • 06. Easy Money (03:29)
  • 07. 20 Million Things (02:50)
  • 08. Find A River (03:45)
  • 09. Himmler's Ring (02:28)
  • 10. Heartache - (previously unreleased) (02:28)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
レコードを持っていましたが,CDを買いま...

投稿日:2011/02/06 (日)

レコードを持っていましたが,CDを買いました。このだみ声って脱力感があってくせになりますね。久しぶりに聞いてやはりいいわって思いました。うねるような独特のギターが入ってないのがちょっと残念です。ジャケットの絵もマネだったかの草の上の昼食をもじったもので,カストロとディランと古き米女優がいます。歌の感じにぴったりで安っぽくていいな。

ノラ さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
彼の遺作に成ってしまいましたが、亡くなっ...

投稿日:2010/04/27 (火)

彼の遺作に成ってしまいましたが、亡くなっていなかったらどの方向に向かっていたのかとシミジミ思うアルバムです。ここではリトルフィートの時代より更にヴォーカルに力を注いでいます。彼のスライドギターも好きだった私は、ちょっと寂しいですが〜。バンド時代の様にジャケットもネオンパーク作で素敵です。

shurunkenheads さん | AUSTRALIA | 不明

1
★
★
★
★
★
ジョージの遺作がやっと紙ジャケされます。...

投稿日:2007/12/18 (火)

ジョージの遺作がやっと紙ジャケされます。フィートでの彼のスライドギターのぶっ飛び加減は半端じゃなかったですが、このソロアルバムは、ギターもさることながら味わい深いボーカルにも注目ですね。素晴らしい才能に恵まれながらも、一方ではドラッグに依存してしまう弱さ… そんなことを思いながら聞き惚れてしまいます。

クンP さん | 埼玉県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Lowell George

ローウェル・ジョージのギターといえば、やはりそのスライド・プレイに最も注目が集まる。若い頃に東洋音楽を学び、西洋音楽の範疇からやや逸脱した感覚を身に付けていたローウェルにとって、音階をまさに横滑りしていく「スライド・ギター」は格好の表現手法だったのだろう。

プロフィール詳細へ

Lowell Georgeに関連する商品情報

  • ローウェルジョージ、79年ライブ! ローウェルジョージが1979年に行ったソロ・ライブの模様を、ラジオ放送用に録音した音源から収録したライブ・アルバム登場。収録曲は「Dixie Chicken」「Willin」など。 HMV&BOOKS online|2015年4月2日(木)
  • ローウェル・ジョージの名盤のデラックス・エディション! リトル・フィートの中心人物として活躍したローウェルジョージ唯一のソロアルバムが、最新リマスター&ボーナストラック収録のデラックスエディションとして登場! HMV&BOOKS online|2014年8月18日(月)

おすすめの商品